【仮想通貨】BANKERA(バンクエラ)の概要とICOの参加方法について

  BANKERA(バンクエラ)とは?

f:id:oruka199665:20170902204235p:plain

BANKERA(バンクエラ)は、ブロックチェーンを活用し、銀行に関係する全てのサービスをBANKERA一箇所でできるようにするという壮大なサービスの実現を目指したICOプロジェクトです。

BANKERAが提供する3つのサービス

①支払い

BANKERA(バンクエラ)は、世界的に認められている IBAN コードやデビットカード、決済代行 サービスなどの従来の支払方法を取り入れるだけでなく、他の金融市場のための中継銀行として送金サービスを行うなど様々な支払サービスを提供します。

BANKERAは既に「SPECTROCOIN(スペクトロコイン)」というブランドで、仮想通貨取引・e-wallet(電子マネー口座)・デビットカードの発行・決済代行サービスを行なっているという実績があります。

ICOは金を集めるだけが目的の詐欺もいっぱいありますが、BANKERAはICO前からサービスが運営されているので比較的信用のおける部類だと思います。

バンクエラは基本的にビットコイン(Bitcoin)やダッシュ(DASH)、ERC20 ト ークンを含むイーサリアム(Ethereum)、ネム(NEM)など主要な仮想通貨を多く取り扱い、それらが備える決済機能を活用します。

②ローンと貯金

ローンと預金はバンクエラの中核となるサービスであり、我々の競争優位でもあります。 当座預金は貯蓄と同様に利息の受取りが可能となるようです。

また、ほとんどのローンが決済代行ソリューションを利用するビジネスクライアントに提供されるため、 バンクエラの顧客は、借り手のキャッシュ・フローに関する専有情報により、より高い金利を受けることができます。(これはBANKERAの中心となるサービスとなるみたいです)

③投資

BANKERAは、上場投資信託(ETF)、暗号通貨投資ファンド(様々な暗号通貨と暗号トークンから組み込まれたポートフォリオ)、ウェルス・マネジメントのためのロボアドバイザーなど 多数の低コストの投資商品を提供します。

法人向けには、事業・経営戦略の資金調達などの投資銀行サービスも今後予定をしており、加えて個人・法人問わず最先端の人工知能(AI)技術を駆使したサービスを提供していくとのこと。

BANKERA WPより引用

BANKERA(バンクエラ)の注目すべき点

BANKERAの注目すべき点としては、DIMCOINなどと同じようにNEM.ioトップのウォン氏など大物のアドバイザーが参加していることです。

【仮想通貨】DIMCOINのICOに参加してみました!!

NEM.io財団の会長、ロン=ウォン氏がインタビューで語るNEM(XEM)の目指すものとは?

デジタルマネーの管理で一番大事なセキュリティー面に関してもslackにて「私たちの CTO(最高技術責任者)ユスタスは分散技術におけるセキュリティのエキスパートですので、かなり練ってBankeraを築き上げています。」と発言しておりかなりの自信があるみたいで期待できます。

また、WPで問題視されていた本当に銀行ライセンスを取得できるのか?という点についても先日バヌアツの銀行を買収したと発表しており大丈夫みたいです。

今回バンクエラが買収したパシフィック・プライベート・バンクは、20年以上の経験を持つ老舗銀行で現在、当行はプライベートバンキングおよびウェルスマネジメントに重点を置いており、これは従来の銀行よりもはるかに有益な方法で顧客に合わせたソリューションに変換されます。

この銀行を買収することにより、当社のチームは強力な顧客基盤、そして最も重要なのは堅固なITインフラストラクチャを備えた実用的な製品を確保するとしており銀行のノウハウは、Bankeraの成功を助ける重要なリソースとなります。

BANKERAのICO、参加方法と日時

今回のBANKERA(バンクエラ)のICOは、既に彼らが運営している「SPECTROCOIN(スペクトロコイン)」という仮想通貨取引所で行われます。

以下がslackで運営側が紹介している参加方法です。

SpectroCoinのアカウントを作成する(本人確認不要でメールアドレスだけで登録できます)

②EUR・USD・GBP・BTC・DASH・ETHからご希望の仮想通貨でスペクトロコインに送金してください。プレICOは8/28(月)日本時間20時・ICOセールは11月27日日本時間午後9時からBNKトークンが購入できます。

SpectroCoinの両替取引でバンクエラ(BNKトークン)を購入する。

バンクエラを購入するために支払う通貨の種類と数量を上のタブで選択し、下のタブはBNKを選択して送信する(submit)を推すとバンクエラの購入が完了します。

ICOとかいうのでバンクエラを購入するための専用画面があるとか思いがちなのですが、取引所の両替画面で交換するだけです。

slackでは日本語グループもあり、担当の方が質問に丁寧に答えてくれています。バンクエラのICOは2018年2月までですが10億BNK売れるごとに単価が高くなっていくので、購入するのであれば早めに購入することオススメします。

BANKERA(バンクエラ)のICO参加するメリット

BANKERAのICO参加者には純取引利益の20%が毎週分けられます。

slackの引用で簡単に説明↓

1) Bankeraでは純取引利益の20%が毎週 レベニューシェアとして分けられます。
2) Aさんは全トークンの 1% (つまり上の例では2億 BNK)を所有しているとします。
3) つまり、Aさんは 「純取引利益の20%」の 1%を受け取ることになります。
4) 計算式だと [純取引利益の20%] x [所有トークン÷全発行トークン] になるのではないかと思います。

他のICOで発行されるトークンには、何にも価値が付加されていないことが多いのですが、BNKトークンは持っているとイーサで配当がもらえます。

バンクエラではイーサ建てで配当がもらえてイーサ自体の価格が現在上がり調子なので、ぶっちゃけ配当だけ原資を回収できる可能性もあると思うので、プロジェクトが成功しようがしまうが私たちが損する可能性は低いと思われます。

現に私はプレICOで参加したのですが、イーサの上がりで初期投資分を結構回収できています笑

そして、他にも将来Bankeraのネット銀行ができた場合、サービスを受ける際にBNKを使い割引料金で受けれるとか カードの手数料支払いにBNKを使えるようになるらしいです。

ちなみにバンクエラのICOは、2月末までの予定となっているので、ICOに参加するのであれば資金拘束が長くなっても大丈夫な金額で参加することをオススメします。

リップルを採用する計画も

まとめ

BANKERA(バンクエラ)は、銀行から私生活に関するお金のやりとりの全てをBANKERA自身でやってしまおうという壮大なサービスのプロジェクトです。

バンクエラの運営母体である仮想通貨取引所のスペクトロコインは顧客数40万人以上で、新規登録者も毎日1400人以上とのことです。1日の出来高も平均58万ユーロ以上で、経営は順調との表記があります。

また預かり仮想通貨資産に関しても1月にコインチェックがホットウォレットにおいていたNEMを600億円分ハッキングされましたが、スペクトロコインは秘密鍵がインターネット上から完全に隔離されたコールドウォレットで管理しているため安全性もあります。

ちなみにSpectroCoinはクレカを使っての仮想通貨の購入もできるので日本円が使えるので親近感があります。

またビットフライヤーやザイフのように独自のブロックチェーン技術も持っており、これからにも期待が高まります。

もちろん配当もありますし、目標である銀行設立&経済圏の確立ができればその恩恵は大きいと思いますので期待値の高い投資案件だといえます。

BANKERA(バンクエラ)のICOは8月にプレICOが行われており、2017年11月27日からまたICOが始まります。

補足しておくと、NEM(ネム)はHFによって2種類の仕様があったり取引所によってはメッセージを付けないと最悪GOXする危険があるため今のところETH建てで送金するのが一番無難かと思われます。

このバンクエラのICOに興味が湧いた方は0になっても困らない金額で参加してみてはいかがでしょうか?

BANKERA(バンクエラ)のICOに参加する

The following two tabs change content below.

刃牙

株式投資5年目。2017年に仮想通貨に参入し、大幅上昇で一時億り人になるも2018年の一連の騒動で転落中。最近は株式投資と仮想通貨に関連するテーマを記事にしています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク


仮想通貨を始めるなら今!



ビットコインの価格は2009年から100万倍以上に値上がりしており、仮想通貨市場は現在急速に拡大しています。今から仮想通貨を購入するなら「リップル(XRP)」と「ビットコインキャッシュ(BCH)」がオススメです。この2つは日本ではビットバンク(Bitbank)で一番安く購入することができます。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. kouya-suzuki より:

    はじめまして、鈴木と申します。コメント欄からのご連絡、大変申し訳ありません。成果報酬型の投資アプリ案件のご提案でご連絡させて頂きました。
    弊社は代理店を介さず直接広告主様のプロモーションを引き受けており、他社より高単価での報酬が可能となっております。「トラノコ」など人気案件が開始見込みとなっております。
    もしご興味がございましたらまでご連絡頂けましたら幸いです。宜しくお願い致します。弊社はアプリ特化完全非公開ASP事業者です。
    メールアドレス:info.app.asp@gmail.com