【仮想通貨】テックビューロがジャフコとインフォテリアから総額約16億円の資金を調達!!

 

テックビューロがジャフコとインフォテリアから総額約16億円の資金を調達– 経営基盤とZaif取引所運営体制を拡大し、mijinブロックチェーンの世界展開を本格的に開始 –

 

 

ICOソリューション「COMSA」、ビットコイン取引所「Zaif」、及びブロックチェーン製品「mijin」を提供するテックビューロ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:朝山 貴生、以下「テックビューロ」)は、この度株式会社ジャフコ(本社:東京都千代田区、取締役社長:豊貴 伸一、以下「ジャフコ」)及びインフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野 洋一郎、以下「インフォテリア」)を引受先とする、総額約16億円の資金調達を実施しました。

 

背景

テックビューロでは、2015年春からビットコイン取引所「Zaif」(実際には2014年4月から運営していた現存する日本最古のビットコイン取引所を買収・改修)、同年秋からはプライベート・ブロックチェーン製品「mijin」と、業界内でも先駆けて最先端のブロックチェーン関連サービスを提供して参りました。

 

2016年には企業のトークン発行支援サービス「Zaica」を発表し、「Zaif」をトークンも取引可能な仮想通貨取引所へと進化させたほか、同年秋には世界でも先進的な、テレビ番組と連動したエンターテイメント系のICO「BitGirls(ビットガールズ)」を実施しました。

 

そして2017年8月3日、本格的な総合ブロックチェーンソリューションとして、企業がブロックチェーン技術の導入とICOとを同時に実施できる「COMSA」を自社ICOの実施予定と共に発表し、本日までの34日間足らずで、世界中から合計12万人もの事前登録者を獲得しています。

 

外部には2年以上にわたって共有されていなかったビジョンが、提供中の全てのサービスと製品をまとめた総合ソリューションである「COMSA」構想として公表された中、テックビューロでは企業としての体制拡大及び既存製品の開発販売の加速を目的として、今回の増資を実施するに至りました。

 

 

引受先

テックビューロは、シリーズBラウンドの一環といたしまして、第三者割当により以下の2社を引受先とする総額約16億円の資金調達を実施いたしました。

 

ジャフコの運用する投資事業組合:約15億円
インフォテリア:約1億円

資金調達の目的

本件の調達による資金の使途は主に以下の通りです:

 

・経営基盤の拡充と人員の増強
・「Zaif」取引所のインフラとサービスの拡充
・「mijin」クラウド型BaaSサービス「CloudChain(クラウドチェーン)」の整備
・世界における「mijin」ライセンスとクラウドチェーンの販売体制の拡充
米国拠点の拡大と、欧州、アジア拠点の設置
・新規事業投資とM&A

なお、10月2日から実施されるICOにおきましては、COMSAのホワイトペーパーに記されております通り、COMSA自体のシステム開発、それに対応するための既存サービスの拡張、及びそれらに関するサービス運営の資金を調達する予定です。

 

ジャフコ取締役社長の豊貴 伸一は、「テックビューロは、驚くほど多くの風評被害を受けていました。JAFCOはあらゆる検証を行った結果、それらの風評が事実無根であることを確認しました。

同社が保有するICOソリューション、ビットコイン取引所、ブロックチェーン製品は、デジタル革命を確実に加速し、実感させる卓越したテクノロジーであると確信しています。」と述べています。

 

インフォテリア代表取締役社長の平野 洋一郎は、「インフォテリアは、国内最大のブロックチェーン推進団体を率いるなど、ブロックチェーン技術の将来性にコミットしています。

 

テックビューロは、日本企業として有数の国際的競争力を持つブロックチェーンの技術開発会社であり、また、ICOプラットフォームなど未踏領域にも世界規模で果敢にチャレンジしています。

 

今後の同社の事業拡張が、フィンテックのみならず日本の産業全体の革新にも寄与することを期待して追加出資を実施しました。」と述べています。

テックビューロ代表取締役の朝山 貴生は、「ICOやブロックチェーン技術は、長年培われてきた既存の金融インフラと相反するものと受け止められがちですが、それらは『既存勢力を破壊する魔物』ではなく、先行利益が甚大である『他を凌駕するためのツール』です。

 

今回、国内最大手のベンチャーキャピタルであるジャフコ社に、ICOを予定している我々を評価して頂いた事実こそが、テックビューロのソリューションが『排除すべき競合』ではなく、皆様にとって『併用して活用すべき武器』であることの何よりの証明となるでしょう。」と述べています。

 

 

 

テックビューロの事業内容

 

テックビューロは、暗号通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発しているクリプト・フィンテック・ラボ(Crypto-Fintech Lab.)です。

NEMをベースとしたブロックチェーンプロダクトである「mijin」と仮想通貨取引所の「Zaif」の他、ブロックチェーン技術導入の受託開発やコンサルティングサービスを提供しております。

 

公式HP(テックビューロ株式会社)より一部引用

 

 

テックビューロについての関連記事

 

テックビューロ関連銘柄【ブロックチェーン・zaif・mijin】

 

テックビューロってどんな企業?その将来性と株式について

 

仮想通貨】ZAIFトークンはかなりの将来性があるのでは?という密かな期待 

 

 

 

 COMSA(コムサ)とは?

 

f:id:oruka199665:20170907160647p:plain

 

「COMSA」は、トークンの発行販売を用いた資金調達「ICO(=Initial Coin Offering)」と、各種ブロックチェーン技術の導入を同時に実施できる総合型のブロックチェーン・ソリューションです。

トークンの発行販売から、「Zaif」取引所での上場、「mijin」による内部勘定の構築までをワンストップで利用する事ができる世界でも唯一のサービスです。

 

公式HP(http://comsa.io/)より一部引用

 

要するにテックビューロが資金集めの一環として株式のようなものを発行するということです。

 

テックビューロの株式は非上場なので世間では値上がりが見込めるととても注目を集めています。

 

COMSAを購入するための事前登録はこちらで行えます。

Token Sale Dashboard | COMSA

 

テックビューロが仮想通貨法を武器とした資金調達のICOプラットフォーム「COMSA」を発表!!

 

 

このニュースの意味

 

インフォテリアとテックビューロについては以前から資本関係が存在していましたが、今回はインフォテリアだけではなく、日本最大のVC(ベンチャーキャピタル)であるジャフコが約15億円もの出資をテックビューロに行ったといういうのが最大の注目ポイントだといえます。

 

⇒インフォテリアの事業内容と将来性・株価予想

 

ジャフコは、一般にはあまり知名度がありませんが有望なベンチャー企業に投資することを生業としている創業40年以上の老舗であり、東証一部にも上場している大企業です。

 

そんな信用ある企業からテックビューロが認めてもらったというのは、テックビューロが世間から信用を得られつつある証拠であるといえます。

 

そして注目すべきが、ジャフコ取締役社長の豊貴 伸一氏のこの発言です。↓

テックビューロは、驚くほど多くの風評被害を受けていました。JAFCOはあらゆる検証を行った結果、それらの風評が事実無根であることを確認しました。

 

世間には漏れてこないいろんな情報を集められる東証一部の社長が、はっきりネットで噂されているテックビューロについての悪評をすべて事実無根だと断言したのです。

 

終わり

 

ツイッターや2chを見ているとテックビューロについては事業のことや朝山氏の過去についていろいろ悪いことが書かれていますが、ひとつだけ言えるのはZaif mijin COMSAをはじめとするテックビューロのビジネスは間違いなく本物であり、これらのプロジェクトはとても有望だということです。

 

というわけで、個人的にはこれからもテックビューロに関連する株式・仮想通貨(Zaifトークン・NEMなど)をガチホしようと改めて心に決めました。

 

【仮想通貨】NEM(XEM)とは? 購入方法と今後の将来性について

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク