2017年末にインドの送金決済にリップルの技術が使われる!?

イスラエルとインドの大手銀行は、最近、リップルやマイクロソフトのようなシリコンバレーの強豪とのブロックチェーン中心のパートナーシップを発表しました。

 

これらの国々は、ブロックチェーンを活用した経済がどのように見えるかを世界に示し始めています。

 

RippleのIndiaの MumbaiオフィスのNavin Gupta氏は、Rippleの技術は、年末までにインド全体で複数の使用事例を可能にすると述べています。

 

Axis BankとYes BankはすでにRippleのブロックチェーンネットワークと連携しています。Guptaによると、他のいくつかのインドの銀行や金融サービス業者との交渉が続いているという。

 

Guptaは、International Business Timesに次のように述べています。

「インドのような国々は、地上線の段階をスキップしているため、飛躍しています。インドにおけるリップルの事業戦略の第2段階では、銀行以外の小規模企業(送金を含む)へのクロスボーダー送金を可能にしています。送金はインドの銀行にとって大きな問題です。世界銀行によると、インドは2016年に総額627億ドルの世界送金の主要受領国です。通常、最大2日間の外国送金が必要です。リップルと世界各地の数十の銀行とのパートナーシップにより、これらの特定のブロックチェーンに精通した銀行に口座を持たないお客様にとっても、ほとんど即時の送金が可能になります。

インドのイエス・バンクの最高情報責任者(CEO)であるAnup Purohit氏は、「インドにリプル・ノードを設置した」と語った。「インドのほぼすべての口座で、恩恵を受けた口座に即座に資金を預け入れる」と述べた。受取人の銀行によっては、取引全体が1時間かかることもある。PurohitはYes Bankは現在、全米で350億ドルの資産を管理していると述べた。Yes Bankは、Rippleブロックチェーンを使用した新しいクロスボーダー送金に加え、貿易金融およびサプライチェーンファイナンスのシステムを含むいくつかのユニークなブロックチェーンソリューションをすでに導入しています。

約5ヶ月間彼らが携わってきたエンタープライズ顧客の1人はBajaj Electricalsです。「私たちは、彼らに即時の短期間の信用を与える」とプローヒットは述べた。「彼らには何百ものサプライヤーがいて、私たちのネットワークに来るときには、全員が協力しています」

 

この銀行は、合理化された請求書、納品書、即時支払い、サプライチェーントラッキングを備えたブロックチェーンシステムを提供しています。

 

「救われた時間は莫大です。このプロセス全体は手作業で行われていました。購買発注、請求書…受け入れられ、支払いが完了するまでに10〜15日かかります。サプライヤーがクレジットを受け取るまでに90日かかることもあります」とPurohit氏は振り返ります。「今すぐオンラインでアカウントに資金を提供します。それはほとんど瞬間です。

 

インド政府は、ブロックチェーン技術を経済戦略の重要な部分として優先させています。プロヒット氏は最近、中央銀行のインド銀行と会い、DLTについての強気な会話に参加したと語った。Purohit氏は、「国として、ブロックチェーン技術を推進すべきだ」と話した。

 

国営銀行がブロックチェーンネットワークに関心を持つのはインドだけではありません。タイ中央銀行は 8月に戻ってイーサリアム作成者ビタリク・バアーリンと会談しました。

 

その後、Microsoftは先週、イスラエル最大の銀行、ハポアリム銀行と新たなパートナーシップを発表した。一緒に、彼らはすぐに大小のイスラエルのビジネスにブロックチェーンの銀行保証を提供するでしょう。

 

ハポアリム銀行
イスラエルのテルアビブ市ハポアリム支店支店 写真:タル・コーエン/ AFP /ゲッティ

オーストラリアとニュージーランドでも IBMと同様の概念実証実験が行われています。しかし、ハポアリムはすぐにその試行をさらに進め、年末までにそれらを実施します。”時は金なり。あなたが行う手作業は通常非常に高価です」とHapoalim銀行のCTO、Yoav IntratorがIBTに語った。「保証が必要ない領域はわかりません」

手動の方法は約1週間かかり、コストのかかるエラーが発生しがちです。一方、ブロックチェーンの保証は、関係するスマートな契約に応じて数時間、場合によっては数分かかることがあります。イントレターは、「イスラエル銀行の協力的承認なしにプロセスを変更する方法はない」と述べた。「そうするためには、実際にはかなり緊密に作業しています。私たちにとっても、企業にとっても、将来のスマートな経済と呼ぶ大きなイメージに関与することは、明らかに重要な関心事でした…これはWin-Win-Win命題です。

デジタル銀行の保証は、ハポアリムの袖の上にある唯一のブロックチェーンソリューションではありません。イスラエルの銀行は現在、マイクロソフトのようなパートナーとのいくつかのブロックチェーンプロジェクトに取り組んでおり、そのうちのいくつかは数カ月の間に市場に出す準備ができています。Hapoalimはまた、北部のハイファにあるイスラエル工科大学Technionとユニークなパートナーシップを結んでいます。これは、EthereumのクリエイターであるVitalik ButerinやZcash CEO Zooko Wilcoxのようなブロックチェーンの専門家を招くことがよくあります。テクニオンの教授の一人、Eli Ben-Sassonは、世界的に有名なブロックチェーンの専門家です。

「テクニオンの研究室では、データ科学者はデータ科学者と協力しています」とIntrator氏は述べています。「世界中のデータ科学者が大幅に不足しています。」Technionとのパートナーシップは、いくつかのレベルでユニークです。学術機関にこの種の実データを調査して実験させることは、銀行にとって非常にまれです。

「ブロックチェーン技術はそれ自体では機能しません。それは他の技術に依存している」とIntrator氏は述べた。「ブロックチェーンにはさまざまな種類があります。市場には70種類以上のブロックチェーンがあります…金融技術の背景を持つデータ科学者を初めて育ててくれることを願っています」

テクニオンイスラエル工科大学
ハイファのテクニオンイスラエル工科大学。 写真:ウィキメディアコモンズ

グプタは、インドにおけるブロックチェーンを活用した金融サービスの将来について考えると、中小企業にグローバルな支払いを容易にすることを想像しています。イスラエルの買い手がラジャスタンから手作りのカーペットを購入したい場合、透明なコンバージョン率と最小限の手数料で即座に支払いを処理することができます。”情報と支払いは別々にはなりません。それは同じ場所にあるだろう…銀行の利益、カーペットの売り手の利益、買い手の利益の経済の速度を上げることによって、 “グプタは言った。「生態系の誰もが利益を得る。

彼は高速道路としてRipple’sのようなブロックチェーンネットワークを説明しました。

「1つのブロックチェーンは存在しません。お互いに統合された異なるブロックチェーンがあるでしょう」とIntrator氏は付け加えました。Purohit氏、Gupta氏、Intrator氏は、銀行間取引や大規模なインフラストラクチャーなど、ブロックチェーンのインフラストラクチャーが10年も経たないうちに主流技術となるだろうと述べている。

この夏の熱は、成長するには何ヶ月もかかる種子を植え付けました。はい銀行の終わりに、Purohitは、ブロックチェーンは生きていて、行く準備ができていると言いました。しかし、リップル可能な送金の適用範囲が包括的かつ全国的になるまでは、まだ数ヶ月かかるでしょう。皮肉なことに、官僚主義自体は、他の官僚制プロセスを排除するプロセスを遅くする。「これは他の銀行と一緒にやる必要があるだけの書類作業だ」とPurohit氏は言う。「Yes Bankの私たちはゲートウェイとして行動します。」

Intelligentは、銀行保証や即時送金のためのスマートな契約を提供するものであれ、ブロックチェーン技術を信頼を築くプラットフォームと位置付けています。

「Blockchainは、銀行、金融機関などの間のビジネスを統合し合理化するための大きな手段を作り出しています。「ここでは議定書があり、事態はどうなるのか、それは事態が実際にどのように作用するかである。私は最終的には分散型銀行データへと移行するだろうと信じている。サイバーセキュリティの理由もありそうだ。

ソースBanks Around The World Switch To Blockchain Technology

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リップルのネットワークは世界中に拡大中!

今回のニュースの前にリップル社はインドのムンバイにオフィスを作っており、インドにおける送金決済に力を入れていることが伺えます。

Ripple社が世界最大のIT大国インドのムンバイに新規事務所を開設!!

他にもタイ・ベトナムなど東南アジア諸国に着々と進出しており、加えて極東アジア圏では、日本のSBIが子会社に「SBI Ripple Asia」設立しているなどリップル社が着々とアジアを中心に世界進出を果たしています。

そして、日本ー韓国、日本ータイ間では既にリップル社の分散台帳技術であるILP(インターレジャープロトコル)を用いた国際送金の実証実験を行っています。

Ripple社のビジョンとInter Ledger Protocol(ILP)の関係について

このILP(インターレジャープロトコル)はリップル社の仮想通貨である「XRP」とは違います。例えるならILPが送金する資金が通る道路のようなものでXRPはその道路を走るための車のような感じです。

このILPという道路はビットコインやイーサリアムも走ることができますが、一番適しているのは同じリップル社が作っている「XRP」なのです。

リップル社のインターレジャープロトコル(ILP)がビットコインに対応

なので、送金コストを最大限下げるためにはILPだけではなく、XRPも使わざるを得ないことになるので、ILPが使われてXRPが使われないということはないでしょう。

まずXRPを使ってもらう前にとりあえずILPを普及させようというのがリップル社の企業戦略のようです。

R3社とのいざこざでリップル社のロードマップが予定よりも少し遅れていますが、プロジェクト自体は問題なく進んでいるのでリップラーの方も気長にhodlしておきましょう。

R3がリップルを提訴した事件のいきさつと考察

【仮想通貨】リップル(XRP)が将来2万円になる理由

仮想通貨の本命がリップル(Ripple)だと確信する理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク