仮想通貨交換業者としてZaif・ビットフライヤーなど11社が登録完了!

2017年10月から施行される仮想通貨法ですが、その中でずっと焦点になっていたホワイトリストと仮想通貨交換業者登録、長らく金融庁から音沙汰がなく不安になっていた人も多かったと思いますが、今日ついに金融庁からホワイトリストと登録認可済み仮想通貨交換業者の発表がありました。

まず第一号登録業者Zaifやビットフライヤーなどの11業者が名を連ね、そのほかにも17業者が登録審査中となっているようです。↓

金融庁、仮想通貨交換業11社を登録 17社は審査を継続
2017/9/29 17:39
共有
保存 印刷その他
 金融庁は29日、仮想通貨と法定通貨との交換サービスを行うことができる仮想通貨交換業者として11社を同日付で登録したと発表した。今回は4月時点で仮想通貨交換業を行っていた「みなし業者」9社と新規参入する2社が登録の対象となった。申請中の17社は今後も審査を継続する。いずれにも該当しない残りの12社は廃業手続きに入るようだ。

 金融庁は4月施行の改正資金決済法に基づき、9月末までに仮想通貨交換業の登録が必要であるとしていた。今回はシステム管理体制や資金洗浄対策、監査法人などが審査対象となった。金融庁は健全な仮想通貨交換業として育成するため、登録後も対象業者をモニタリングしていくとしている。

 今回登録された11社は以下の通り。

・マネーパートナーズ

・QUOINE

・bitFlyer

・ビットバンク

・SBIバーチャル・カレンシーズ

・GMOコイン

・ビットトレード

・BTCボックス

・ビットポイントジャパン

・フィスコ仮想通貨取引所

・テックビューロ

※マネーパートナーズとSBIバーチャル・カレンシーズは新規

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

f:id:oruka199665:20170929210406j:plain

参照元:http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

コインチェックが登録業者の中にありませんが、恐らく審査中の17社の中に含まれていると思われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホワイトリスト

ホワイトリストとは、一般的に金融庁が認可した日本国内で取り扱うことのできる仮想通貨一覧のことを指します。

上の表だと登録業者の取り扱う仮想通貨はすべてホワイトリスト入りしているみたいです。

【仮想通貨】仮想通貨法(改正資金決済法)とホワイトリスト

ビットコイン・イーサリアムなど無難な大手仮想通貨はもちろん登録されていますが、その中でも注目すべきはモナコインPepecashが入っていることですね。

この2つは正直応援している私からしても草コイン感が否めなかったので、ホワイトリストから漏れて消えるんじゃないかなーとひそかに思っていたのですが、どうやらそんなことはなく17年10月以降からもZaif取引所で売買が可能みたいです。

【仮想通貨】モナコイン(Mona coin) とは?購入方法と将来性について

【仮想通貨】 pepecash(ペペキャッシュ)とは何なのか?今後の将来性と購入方法

あと個人的には、SBIの仮想通貨取引所であるSBIVCが登録されているのが、驚きでししたが、取り扱い仮想通貨はビットコインのみと少し寂しいですね。。。

多分この前の北尾社長の発言にもあったように仮想通貨取引所に関しては取り合えずみなし業者登録しとけって感じで全然本気じゃないですね。

北尾社長のリップル押しを見るに、リップルも初期から取り扱ってくれるものと期待していたのですが、最初はビットコインのみからのスタートみたいです。

【仮想通貨】SBI株主総会でグローバルな仮想通貨取引所SBI MAX(仮称)が発表!

まあXRP基軸の取引所は国際版の仮想通貨取引所であるSBI MAXのほうで日本版であるSBI VCに関しては当たり障りのない運営になるのかもしれません。

私のようなリップラーが日を見るのはもう少し先の未来になりそうですが、とりあえず日本国内における仮想通貨市場の法整備が進んだということは仮想通貨市場全体にとってプラスなので、これからの仮想通貨市場に発展に期待ですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク