【仮想通貨】ビットコインが11月に再び分裂、ビットコインゴールドが誕生する模様

2017年8月、ビットコインが分裂し、ビットコインキャッシュ(BCC/BCH)が新たに誕生しました。そしてその三か月後の17年11月、再びビットコインは分裂し今度はビットコインゴールドが誕生しようとしています。

ビットコインゴールドとは?

ビットコインゴールドはビットコインキャッシュ(BCH)と同じくビットコインから分岐するビットコインの亜種です。

Twitterでも公式アカウントが登場しており「10/25にビットコインを保有していればBTG(ビットコインゴールド)が手に入る」と、アナウンスされています。

ビットコインゴールドは本当に誕生するのか?

ビットコインゴールドが本当に誕生するのかは今のところわかりません(確定情報は出ていません)が誕生する可能性はかなり高いと言えます。

ビットコインコミュニティーの対立

というのもビットコインコミュニティー内部は現在、ビットコインの取引手数料の低下やスケーラビリティ問題への取り組みにどう対処するかで2つの派閥が出来ており内部対立を起こしています。

【仮想通貨】ビットコインの2つの大きな問題点

この2つの派閥が、このブロックサイズ自体を引き上げてこの問題を解決しようとする『ビックブロック派』とSegwitやASICBOOST対策などを実装してからブロックサイズを引き上げようとする『コア派』です。

ビットコインの開発者ナカモトサトシの意思を引き継ぎビットコインを非中央政権な性質のものにしようとする原理主義的思想が『コア派』、対してビットコインをジハン=ウー氏率いるBitmain社を始めとした企業連合によって運営していこうとしているのがビックブロック派です。

要するに管理者が不在でみんなのものだったビットコインをジハン率いる企業連合が自分たちが管理しようと乗っ取ろうとしているのですね。

Twitterなどで有名なビットコイン支持者の大半は、ビットコインの管理者不在の非中央政権という性質に惹かれているので、それをぶち壊して自分のものにしようとするジハン氏(Bitmain社)は脱兎のごとく嫌っています。

ここまで対立が拗れた理由は省略しますが、現在この2つの派閥の対立はすでに修復不可能なほど明確化しており、現在はどちらがビットコインのコミュニティーから出ていくかで揉めている感じです。

ビットコイン開発者のナカモトサトシの意思をどう解釈するかでイスラム教やキリスト教みたいに派閥構想を起こしているのが、ビットコインは宗教のようなものと言われる一端ですね。

そして、2017年8月にビットコインから分裂して誕生したビットコインキャッシュ(BCC/BCH)ですが、これはマイナー派(ビックブロック派)の理想の仕様となっているビットコインで、今回誕生予定のビットコインゴールドはコア派の理想の仕様となっているビットコインです。

要するにどちらの派閥もビットコインコミュニティーでの覇権争いに負けた場合の保険として自分の理想のビットコインを作っておこうという魂胆です。

BTC→BTG(コア派)

BCH(マイナー派=ジハン)

ビットコインゴールドの特徴

ビットコインゴールドの最大の特徴はGPUでのマイニング(採掘)ができることです。ビットコインは通常ASICという専用のマイニング機器を使って、ネットワークを維持する作業を行っています。

ビットコインの採掘(マイニング)とハッシュレートの分かりやすい説明

このビットコインゴールドはGPUという、一般的にPCに使われるパーツを使ってマイニングすることが可能です。

これによって今までのビットコインネットワークを維持していたマイナー(マイニングする人)以外がビットコインゴールドをマイニングするのでは?と言われています。

BTGとBCHの比較

BCHはsegwitなし、ビッグブロック、ASIC耐性なし。マイナーの理想のコイン
BTGはsegwitあり。スモールブロック、ASIC耐性あり。コア派の理想のコイン

よくわからない人からすれば、どっちもビットコインじゃんって感じかもしれませんが、仕様的にはほぼ正反対のものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビットコインゴールドの入手方法

さて話を本題に戻しますが、ビットコインゴールドを手に入れるための方法は以下の2つがあります。

・ビットコインをビットコインゴールドの配布に対応する取引所へ預ける

・秘密鍵が管理できるビットコインウォレットに保管する

注意としては、下の方法でビットコインゴールドを受け取った場合、送金に異常に時間がかかることが予想されます。※ビットコインゴールドのマイナーが少ない→マイニングする力(ハッシュパワー)が非常に弱い→送金の承認が終わらない可能性があります。

受け取ったビットコインゴールドをすぐに売却して小銭稼ぎがしたいと考える方は、取引所に置いておくのが無難でしょう。

今のところビットコインゴールドの対応を表明しているのは、Bittrexのみです。ちなみにビットコインキャッシュのときはBittrexで受け取った人が1BCH=10万円で最も高く売り抜けました。

他の取引所はビットコインゴールドを扱うのか?

取引所によってはビットコインゴールドに対応しない声明を出すかもしれません。しかし、取引所はユーザー獲得の競争を常にしているので、ギリギリまでどの取引所も様子見しつつもビットコインゴールドへ対応すると思います。

ビットコインゴールドの発行枚数は8月のビットコインキャッシュと同じ2100万枚(1BTCあたり1BTGが付与される)を予定していますが、調整で変更になる可能性があります、

仮想通貨の価値を決めるのはマイナーの発掘状況なので、ビットコイン・ゴールド(Bitcoin Gold)については、分岐後、自動的に付与されるといっても、どの程度の値が付くのか不透明です。

日本法人の仮想通貨取引所は、「マイナーが十分に集まらず、ブロックが安定的に生成されない場合、そして、何らかの脆弱性が発覚しそれに対する対策が行われない場合にはビットコイン・ゴールドは付与されない場合もある」と、口座を開設している仮想通貨投資家たちに事前通告しています。

ビットコインゴールド(BTG)分裂にあるリプレイアタックのリスク

ですがそれでも、ビットコインゴールドの獲得を目的としてビットコインに買いが集中しています。

ビットコイン本家のSegwit2X騒動は違う

また誤解してはいけませんが、ビットコインゴールドの誕生は、以前から予定されていたビットコインのSegwit2Xへの分裂(ハードフォーク)とビットコインゴールドは別の話題です。

【最新版】8月1日にビットコインはどうなるのか!?分裂?暴落?

ビットコインホルダーなら知っておくべきSegwit2x(b2x)の危険性

Segwit2xの分裂でビットコインは0円になるかもしれないという話

上述したように、コア派とビックブロック派(マイナー派)が狙っているのは、このビットコインの開発の主導権を握ることで、8月にできたビットコインキャッシュと11月に誕生予定のビットコインゴールドはお互いの派閥の保険としての仮想通貨という事になります。

そして、この混乱でビットコインの価格は大きく暴落する可能性があり、個人的にはリスクヘッジとしてライトコインまたはビットコインキャッシュへの一部避難もアリではないかと思っています。

ビットコインキャッシュ(BCH)が真のビットコインになる可能性

ライトコイン(LTC)とは?購入方法と今後の将来性・チャート

ビットコインゴールドの価格はどうなる!?

ビットコインゴールドの価格がこの先どうなるかは正直全く予想がつかないというのが現状です。分裂してもらった瞬間に売るか、ガチホしておくかは、もう完全にギャンブルです。

まあビットコインにはこれから先もコミュニティー間で対立が起こった場合に分裂するというリスクがあるのが問題ですね。

今回は8月にビットコインキャッシュが貰えてビットコインの価格も上がった計ケインからもらっておくのが得だということでビットコインの価格は上がるでしょうが、このままだと価値の無限創造なわけですし、いつか限界が訪れます。

なので、私は中央政権的性質があろうとも優秀なスタッフとエンジニア、そして政財界への強いコネのあるリップル(XRP)を仮想通貨における本命だと考えています。

仮想通貨の本命がリップル(Ripple)だと確信する理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク