2018年5月ビットコインキャッシュ(BCC/BCH)が大規模なカンファレンスを開催!

Cryptocurrencyに焦点を当てたCalvinAyre.comの姉妹サイトであるCoinGeek.comは、最初のCoinGeek.com bComm Conferenceを開催する予定で、Bitcoin カンファレンスでは、公開されている1つのブロックチェーンで大規模なオンザ スケーリングが行われるようになりました。 2018年5月

CoinGeek bCommカンファレンスは、電子商取引(eComm)とBitcoin commerce(bComm)の結婚に焦点を当てた最初の国際的な集まりです。Bitcoinエコシステムと現在のオンライン市場との必然的な融合は、bCommが日常生活の不可欠な部分を形成する新しい現実を導くでしょう。

Bitcoinテクノロジの早期採用者であり、Bitcoin経済全体の主要な要因の1つとして、オンライン賭博セクターはBitcoinとブロックチェーンテクノロジで起こっている地震の変化を認識する必要があります。

Bitcoinは、世界中の多くの政府が、ウェブサイトのドメインをブロックするか、事業者をターゲットにしてオンラインギャンブルオペレータの市場へのアクセスを阻止しようとしているため、ギャンブルサイトが確実に顧客にサービスを提供できるようにする効果的なツールであることが証明されています。従来の決済処理チャネルへのアクセス。

CoinGeek bCommカンファレンスの主なテーマは、効果的なbCommを実現するために設計されたBitcoin Cash(BCC)が、意図したBitcoinの作成者である中本聡氏のようなBitcoinの真のフォームであることを確認することです。新しいBCCテクノロジのブロックサイズが大幅に拡大されたことにより、オペレータは顧客の取引をはるかに高速で取引手数料を大幅に削減できるようになりました。

日付を保存

CoinGeek bCommカンファレンスは、マカオで開催されたG2E(Global Gaming Expo)アジア会議の終了後、2018年5月18日に香港で開催され、G2Eアジアの出席者に最適な会議となります。

CoinGeek bCommカンファレンスは、Calvin Ayre Media Groupの設立者Calvin Ayreの57歳の誕生日とCalvinAyre.comの正式発売8周年の1週間前にも行われます。世界を変えることは退屈である必要はないので、Ayre氏はGeek Girlsを唯一のものとする会議の公式パーティーを主催する予定です。

カルヴァンのパーティーは本当に必見のイベントとして評判が高く、CoinGeek bashは少なくとも2019年のパーティーまで、世紀のパーティーを約束します。しかし、あなたはパーティーに入り込むために会議に出席しなければならないので、今あなたのカレンダーを閉鎖してください。

この会議の基調講演者は、ブロックチェーン技術研究開発会社nChainのチーフ・サイエンティストであり、Bitcoinとブロックチェーンの背後にある元々のパイオニアの一人であるDr. Craig Wrightです。イベントの主催者はBitcoin.comのRoger ‘Bitcoin Jesus Verです。司会者の役割はnChainの最高情報責任者、通信&法務官Jimmy Nguyenです。

Ayre氏はWright博士との友好関係をBitcoinとの関わり、破壊的な技術、BCCの大規模なオンザスケーリング機能と安全なパブリックブロックチェーンによって世界を変える力を信じて、低い取引手数料。

会議のスピーカーリストとイベントスケジュールに関する更なる更新は、今後数週間以内に開始される新しいCoinGeekConference.comウェブサイトで利用可能になります。

参照:https://coingeek.com/conference2018/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビットコインキャッシュが本格始動!

2017年8月にビットコインから分岐し余り存在感のなかったビットコインキャッシュですが、2018年辺りから本格的に動き始めるみたいです。

ビットコインは管理者がいない非中央政権なシステムが特徴ですが、この仕組みは実際に社会においてビットコイン決済が普及する上において非常に弊害となると個人的には感じています。

というのも誰がビットコインに責任を持つのか?という点です。もし商取引でビットコイン決済を行うにしても、相手の責任者もトラブルが起こった際の問い合わせ先もわからないような決済手段なんて採用したくないでしょう。

その点ビットコインキャッシュはジハン=ウー氏が代表を務めるBitmain社がその普及に向けた今回は発表された企業向けのカンファレンスなどなど音頭を取っており、企業向けのビットコインであると言えます。

なので、個人的には本家ビットコインの亜流ともいえるビットコインキャッシュ(BCC/BCH)がこれから真のビットコインになるのではないかなと予想しています。

現状のビットコインは価格自体は上がっていますが手数料は高騰し、取引は遅延しており、とても送金や決済に使える代物ではなく、そのスケーリング問題に対して明確な対策がコア派の開発の独占により答えが出せていない状況にあります。

【ビットコイン】マイナー(ビッグブロック派)の主張とビットコインキャッシュの将来性

そんな中ビットコイン最初期にビットコインに関係していたジハン=ウー氏。ロジャー氏ナカモトサトシ氏はビットコインキャッシュ(BCH)を支持しています。

ロジャー氏、ビットコインキャッシュ(BCH)への支援を公式発表!!

ビットコインキャッシュ(BCH)が真のビットコインになる可能性

仮想通貨はブロックチェーンという管理者がいなくても成立する非中央政権的システムで注目を集めましたが、これから仮想通貨そしてブロックチェーン技術が社会で使われていくためにはシステム自体は公平だけれども、普及に向けて音頭を取っていく中央集権的管理者が存在していくと思われます。

その点で私は管理者ポジションに位置する企業。財団が存在しているリップルとビットコインキャッシュ・NEM・wavesあたりに期待しています。

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の将来性・チャート・購入できる取引所

【仮想通貨】NEM(XEM)の今後の将来性・チャート・取引所・購入方法

【仮想通貨】Waves(ワベス)の購入方法とチャート・将来性についてのまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク