匿名仮想通貨 ZCASH の今後の将来性・チャート・取引所について

これからの時代はIOTやフィンテックと世間で騒がれているように、現在よりもより電子データの時代になってくるのはもはや明白である仮想通貨はその先駆けであると言えます。

そして注目を集めている仮想通貨の一つにZCASH(ジーキャッシュ)があります。

ZCASHとは?

ZCASHはZooko Wilcoxにより考案された仮想通貨で、2016年より取引が始まりました。なのでビットコインと違い比較的新しいタイプの仮想通貨だといえます。

公式サイト:https://z.cash

公式フォーラム:https://forum.z.cash

公式Twitter:

ZCASHの特徴

ZCASHの特徴は「高い匿名性」にあります。世間ではビットコインも高い匿名性があるためマネーロンダリングや犯罪の温床になっていると言われていますが、実際のところビットコインはすべてのやり取りとすべてオンライン上の公開台帳に保存しており、どことどこのウォレットがやり取りしたか、どのウォレットがどれだけビットコインを持っているか?などが丸わかりであり匿名性はじつはあまりありません。

誰がどの程度送金したのかがわかってしまうということは、透明性があって犯罪に使われるケースは少なくなりますが、その反面自分の資産ややり取りが丸見えになってしまうリスクがあります。

対してZcashは「ゼロ知識証明」という暗号化技術を用いてブロックチェーン内の通貨のやり取りを暗号化しビットコインでも取引そのものは匿名でしたが、Zcashは更に通貨の取引量まで隠すことが出来るそうです。

そうすることで、「送金者」、「受領者」、「送金金額」についてわからないようにすることが可能であり、これがZCASHが匿名通貨と呼ばれている理由です

特にビットコインをはじめとする仮想通貨は2017年現在でもすでに当初の価格の何十倍何百倍にもなったものも数多く存在し、俗に言われるビットコイン長者と呼ばれる人たちも出現しました。

そんなお金持ちが増えた現在の仮想通貨界隈では自分の財産を隠すことのできる「匿名性の高い仮想通貨」というのが注目を集めています。

ZCASHの購入方法

現在日本国内の仮想通貨取引所でZCASHを購入することのできる取引所はコインチェック(coincheck)のみです。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コインチェックは手数料が少し高めですが、ワンクリックで購入することができるので海外の仮想通貨取引所の使い方がよくわからないという方はコインチェックで購入するのがオススメです。

その他匿名通貨

ZCASHの他にも匿名性の高い仮想通貨としては、「monero(モネロ)」や「DASH(ダッシュコイン)」というものがあります

また、ZCASHは、イーサリアムを開発したVitarikとかもアドバイザーとして参画するということでかなり話題なりましたが、ほかにも仮想通貨界での大物がたくさん参画しているということで、特に注目が高い通貨となっています。

匿名通貨のこれから

ZCASHやMONEROといった匿名性の高い仮想通貨に加えてイーサリアムやビットコインにも匿名性を付け加えようとする動きがあります。

確かに匿名性はユーザーからすれば安全なのですが、政府側からすれば犯罪の温床になりかねないシステムです。

実際匿名通貨を使えば今でも完全に足のつかないマネーロンダリングが可能となっています。(やり方については知りたい方は各自ググってください・・・)

そのため匿名通貨は国によって取引が規制される可能性も無きにしも非ずなので、現在価格自体は上向き傾向にありますが今後どうなるか随時チェックしていく必要があると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク