【仮想通貨】Shield(XSH)の今後の将来性・チャート・購入できる取引所

XSHとは?

SHIELD(シールド)はVerge(XVG)からハードフォークされた匿名性+高速性のある暗号通貨です。 NoICO、NoPremineだけでなく、非常にアクティブな開発が行われています。

Discord(チャット)ではかなり活発に意見しているので参加することをおすすめします。

・公式HP:https://shieldcurrency.com/

・Bitcointalk:https://bitcointalk.org/index.php?topic=2234453.0

・Explorer:http://188.226.178.216:3001/

・Midium:https://medium.com/@SHIELDcurrency

・Discord:https://discord.gg/kgSXKrV

・ソースコード:https://github.com/ShieldCoin

・技術仕様 ティッカー:XSH

ブロックタイム:45秒

ネットワーク:計画されたPoSを持つPoW

最大コイン数:660,000,000 XSH

アルゴリズム:Scrypt、x17、groestl、blake2s、lyra2rev2

プレマイン、ICO無し

SHIELD($XSH)の特徴

1.SHIELDは完全に安全で匿名です。 SHIELDを通貨として使用すると、安全性が確保されるだけでなく、完全に匿名のままになります。

2.SHIELDには高速トランザクションがあります。 確認された取引でしばらく待たなければならないのは、私たちの社会の伝統のようです。 SHIELDは、この問題を最速のトランザクション時間で解決します。

3.シールドは将来の証明です。 ほぼすべての通貨は将来の証明を得ることに問題があります。 ユーロやドルのようなフィアットでさえ、非常識なインフレ率があります。 SHIELDは、今後のPoSシステムでこれらの問題を解決します。

要するにVergeの機能(複数アルゴリズム・匿名特化) Dashの機能(マスターノード・即時送信・匿名送信) Ethereum(スマートコントラクト・Casper版PoS) =Shield モナコインみたいに最新機能を色々くっつけますよみたいな感じです

コミュニティーが活発

Torノードのリリース

量子コンピューター耐性がある

XVGはADKと同じように量子コンピューターへの対策も行うとロードマップに記載しています。

XSHの購入できる取引所

XSHは現在、日本の仮想通貨取引所では取り扱われておらず、海外でも取り扱っているところは非常に少なく、一番簡単に購入できるのはcoinsmarketsだと思います。

ただここは2段階認証もなく、セキュリティーもがばがばなので、ここで買ったらすぐ自分のウォレットに送り、ウォレットで保管しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

XSHの今後の将来性

XSHに私が注目する理由は性能のわりに時価総額が激安だということです。何といっても色んな匿名通貨のいいとこどりしたような性能にもかかわらず時価総額は約4億円です。

同じ性能のXVGの時価総額が約80億円あることを考えれば、非常に安いといえます。

加えて本流であったXVGがちょっと迷走気味な感じがあるのに対して、XSHはコミュニティーや開発が盛んであることから今後本家よりも発展する可能性もあります。

今のところXVGのフォークコインなので、性能自体はXVGとあまり変わりませんが、ここから今後何を作るのかが注目ですね。

フォークコインはよくプレマインして上場と共に開発陣が全部売り抜けるみたいなことがありますが、ここはプレマインはないので、本当に開発する気があるのだと思います。(ただプレマイン分がない分、開発費をどうやって捻出するのかが少し不安ではあります。)

まあ年末にホワイトペーパーも出るみたいなので、買うか買わないかの判断はそれを見てからでも遅くありません。

ただ時価総額が10憶以下、開発もやる気アリ、コミュニティーも盛んと来ているので、今のうちに投資すると当たればかなり大きいので、期待値的には結構アリなんじゃないかなと個人的には思っているので少し持っています。

時価総額4億の時点で10万円分で買って、それが時価総額100億になれば、資産は25倍の250万円に増えます。

一方、時価総額がもう1兆円を超えているイーサリアムやリップルなどの主要アルトコインなどはもう世界中で本格的に決済で使わない限り、これと同じ数十倍の上昇はまず無理だと思いますので、XSHは夢を買う感じで買っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク