ビットコインキャッシュのロードマップが更新!本格的実用化に向け大きく前進!

ビットコインキャッシュのロードマップが更新

ビットコインキャッシュ(BCH)を開発するBitcoinABCが、先日ビットコインキャッシュのロードマップ(予定表)を発表しました。

ブロックサイズの引き上げ

ロードマップの内容はビットコインキャッシュの需要に増加に伴う2回のブロックサイズの引き上げが2018年の5月と11月に計画されています。

現在のビットコインキャッシュのブロックサイズは8MBですが、既に32MBまでのブロックサイズの安全な引き上げがテストに実証されており、2018年にかけてビットコインキャッシュの需要の増加(価格上昇)を見込んでのブロックサイズ引き上げだと思われます。

私たちはより安定、スケールがよく、低コストで急成長できる通貨を目指します。最終的に問題や困難がなく、自然と機能するべきです。一般の利用者による世界的な採用にむけて、ビジネスのためにも安定した基盤作りをしなければなりません。

ビットコインキャッシュ(BCH)は更なるブロックサイズ拡大を予定、通貨としてより注目される可能性がありますね。

ブロック生成時間の短縮

そしてブロックサイズの引き上げに加えて、ブロック作成時間も従来の10分から段階的に短縮されていくようです。

これまでビットコインはブロックの生成時間が10分なことから取引が完全に成立するまでに最低10分は必要でしたがこれによってより実社会で使いやすくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カラードコインの復活

今回のビットコインキャッシュにロードマップの更新で注目するべき点の一つはカラードコインの復活です。

カラードコインは、詳しい話は長くなるので省略しますが要はビットコインのチェーンを利用して作られるトークンの類です。

トークンを作るのはイーサリアムやネムなどのお家芸かと思われがちですが、実は昔はビットコインでもできました。

ではなぜこのカラードコインが消えたのかというと、ビットコインの手数料が高くなりすぎてまともに使えなくなっていたからです。

それが今回ビットコインキャッシュのチェーン上に復活します。これだけでも真のビットコインはどちらのなのか明白といえます。

加えてビットコインキャッシュの主要開発チームにナカモトサトシから後継者指名を受けていたものの現在のビットコインを牛耳るコア派にコミュニティーを追い出されていたギャビン氏が復帰します。

匿名性とセキュリティーの強化

本家ビットコインの抱える大きな問題点

現在100万円を超えさらなる価格上昇を狙っているビットコインですが、ビットコインには手数料の高騰とトランザクション問題という通貨として致命的な欠陥を抱えています。

ビットコイン開発陣によると、それらの問題はいLN(ライトニングネットワーク)によって解決するとしていますが、LN(ライトニングネットワーク)はサイドチェーンでの処理であったり、個人間では少額決済ができるようになるもののペイメントチャンネルを開くために莫大な手数料がかかるため、手数料の実質的な低下に繋がっていないなどの問題があります。(詳しく話すと長いので↓の記事で解説しています。)

【ビットコイン】マイナー(ビッグブロック派)の主張とビットコインキャッシュの将来性

The following two tabs change content below.

刃牙

株式投資5年目。2017年に仮想通貨に参入し、大幅上昇で一時億り人になるも2018年の一連の騒動で転落中。最近は株式投資と仮想通貨に関連するテーマを記事にしています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク


仮想通貨を始めるなら今!



ビットコインの価格は2009年から100万倍以上に値上がりしており、仮想通貨市場は現在急速に拡大しています。今から仮想通貨を購入するなら「リップル(XRP)」と「ビットコインキャッシュ(BCH)」がオススメです。この2つは日本ではビットバンク(Bitbank)で一番安く購入することができます。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント