2018年に仮想通貨リップル(XRP)が急騰する材料のまとめ

リップル(XRP)とは何か?

リップルとは銀行間の国際送金においてブリッジ通貨として使われることを目的として作られた仮想通貨であり、リップル社が管理しています。

【仮想通貨】リップル(XRP)の今後の将来性・チャート・取引所のまとめ

リップルは既存のswiftなどの国際送金技術よりも圧倒的に低コストで国際送金を行うことができ今非常に注目を集めている仮想通貨の1つです。

リップルのGoogleトレンドは上昇傾向

世界の権力者がリップル社に参加しつつある

リップルネットワークを使った国内送金アプリ

2018年にリップル(XRP)が大きく上がる材料の1つとしてリップルのネットワークを使った国内送金が始まるというのがあります。

これが始まれば私たちは24時間365日ほぼ無料で国内送金を行うことができるようになります。

ちなみにこの国内送金アプリはリップル社に出資しているSBI証券の子会社SBIリップルアジアが主導で行っています。

SBI証券もフィンテック事業にとても先進的かつXRPとビットコインキャッシュを強く支持しています。

【株価分析】SBI証券の今後の将来性と株価予想

SBI北尾社長の語る、仮想通貨リップル(XRP)による今後の事業展開

XRPは初めて?決済に使われる

世界各国でのILPの普及

XRPだけではなく、リップル社の通信プロトコルであるILP(インターレジャープロトコル)も世界各国の主要銀行で採用されつつあり、普及が進んでいます。

ILPとXRPとは別物で、ILPはあくまで通貨を運ぶ道路のようなものです。

一応、ILPではビットコインやイーサリアム、そして現行通貨も送金することが可能ですが、XRPを使って送金すれば、ほかの通貨よりも圧倒的に手数料が押さえることができ、送金手数料を少しでも抑えたい銀行はいずれXRPを使って送金することになると予想されますのでILPの普及はXRPの価格・流動性に好影響なのは間違いありません。

【リップル】ILP(インターレジャープロトコル)においてXRPは本当に使われるのか!?

XRPのロックアップ

リップル社は2017年12月に予ねてから予定していた550億XRPのロックアップを行いました。

XRPの総発行枚数は1000億XRPで、その多くを未だリップル社が保有することから、多くのXRPが市場に出ることによりリップル社が売り抜けるのではないかという疑念が晴れませんでした。

2018年以降は毎月一日に550億XRPのうち、10億XRP分がロックアップ期限を迎え、リップル社がXRPをその分市場に放出することができます。

また、その月で10億XRPに到達しなかった場合余ったXRPは再度55ヶ月間ロックアップされます。

また、リップル社は過去18ヶ月、毎月平均3億XRPを市場外に放出していたと四半期ごとに出るマーケットレポートに書いていましたし、まあ今までとあんまり変わらないと思うんですが、一気に550億XRPがぶん投げられるリスクが亡くなったというのは大きいのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

XRPはアメリカの確定拠出年金の投資先にもなっている

確定拠出型年金は日本だとIdeco(イデコ)とか呼ばれている奴です。この確定拠出型年金で投資できる投資商品は、多くの人の老後資金を預かるという意味でも信頼性の高いとされている金融商品に限られています。

その中にXRPがあるというだけも私からすればとんでもない材料だと思います。

リップル社は英国中央銀行(Bank of England)と米国連邦準備(FED)を含む90の銀行と既に契約をしている。 と、リップルCEOのインタビュー記事に書いてありますし、これくらいなんら驚くではありません。

XRPは単なるブリッジ通貨ではない

XRPは今のところブリッジ通貨として国際送金に使われることを目指しているとしていますが、今後リップルのネットワークが世界に普及した場合、違うペアに通貨をXRPでブリッジングせず、直接XRPで決済することことも十分にありえます。

ブリッジ通貨でも価値は上がる

(続き)銀行は送金にXRPを使うのか?

The following two tabs change content below.

刃牙

株式投資3年目。2017年に仮想通貨に参入し、大幅上昇で一時億り人になるも2018年の一連の騒動で転落中。最近は株式投資と仮想通貨に関連するテーマを記事にしています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. […] →2018年に仮想通貨リップル(XRP)が急騰する材料のまとめ  […]