【仮想通貨】Power Ledger(POWR)の将来性・チャート・取引所

Power Ledger(POWR)とは?

POWRは、再生可能エネルギーをブロックチェーンによって管理しようとするベンチャー企業Power Ledger社が発行した仮想通貨(トークン)です。

そしてこのPOWRは、電力会社や家庭などの電力を生み出した需要者が最大価値で電力を売買できる電力取引プラットフォーム上でやり取りされることを目指しています。

このPower Ledger(POWR)はP2P(ピアツーピア)のエネルギー取引を可能にし、もしあなたの家にソーラーパネルがあれば、そこで生み出された余った電気を、P2Pネットワーク上で別の誰かに売却することができ、向こうがその電力を受け取るとすぐに支払いを受けることができます。

日本だとこれまでの家庭で余った電力は、伝統的なエネルギー電力会社のように60日ごとに買い取っていましたが、Power Ledger(POWR)ではすぐに電力の売買が完了しますし、その電力の購入者が誰であるか分かりません。

今日、ソーラーパネルを備えた家庭は余った電力を電力会社に売却することができ、電力会社はそれを他の人に利益をもたらして販売しています。

しかしその電力エネルギーは家庭→電力会社→最終目的地と移動している間に多くが失われ一般家庭の電力の売り手はお金を損しているのです。

そこでPower Ledgerでは仲買人に当たる電力会社を切り抜き、ソーラーパネルの所有者が彼らに最も近い顧客に電力エネルギーを売ることを可能にします。

そうすれば、エネルギーはあまりにも遠くに移動する必要はなく、効率よく余剰電力エネルギーのやり取りを行うことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Sparkzの存在

POWRは、レジャーネットワークにおいて電力をやり取りするための通貨であり、プラットフォームへのアクセスに不可欠です。

ですが同社は追加のトークンSparkzを保有しています。Sparkzは、固定価格をローカル・フラットに結びつけ、エネルギー取引で使用されます。

ソーラーパネルがより普及するにつれて、多くの家庭はエネルギー自給率を高めており、電力会社、電力網、および高い料金を奪うようになっています。

Power Ledgerでは、電力会社はPOWRを購入し、Sparkzに変換し、顧客にSparkzを販売し、Power Ledgerプラットフォームに搭載することができます。

そうすれば、顧客はより安いエネルギーを提供することができます。これは相乗的にPOWRに対する需要を高めることにも繋がります。

POWRの将来性

Power Ledgerの大きな注目点はオーストラリア政府が820万ドルの出資をしているという点ですね。

他にもタイ政府とも提携してます

POWRは、世界中の再生可能エネルギー開発プロジェクトに投資するためのトークンです。より多くの個人や団体がこれらのプロジェクトに参加するにつれ、POWRの需要は引き続き増加します。

POWRのチャート・購入できる取引所

POWRは日本では取り扱っておらず、海外の仮想通貨取引所で購入することができます。自分のオススメはgate ioという取引所です。

gate ioは取り扱い通貨が豊富なのと今のところ本人確認がいらずに仮想通貨が購入できるので結構使っています。

終わり

正直かなり未来の挑戦をしているから想像しにくいですが、Power Ledgerはブロックチェーンによって実現しうる可能性(既存の社会構造を大きく変革しうる可能性)の1つを体現しようとしているプロジェクトです。

日本だとまだビットコインをはじめとする仮想通貨は価格が無限に上がっていく投機商品のような感じで受け止められていることが多いですが、このPower Ledger(POWR)をはじめとして他にも金融・保険といった今まで当たり前だった社会システムを大きく変える可能性を秘めているのが仮想通貨、そしてブロックチェーン技術なのです。

ここはオーストラリアやタイ政府とも既に連携していますし、実需にかなり近いのも関わらず時価総額は約300億円(記事作成当時のレート)とかなり安い感じがするので少しホールドしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク