2018年の仮想通貨の価格はどうなるのかを予測してみる

2017年仮想通貨はまさに仮想通貨元年と呼ばれるにふさわしい急激な価格上昇があり、仮想通貨市場の時価総額もこの一年で100倍近くに膨れ上がりました。

そんな中で仮想通貨資産の合計が1億円を超えたいわゆる億り人と呼ばれる人たちもたくさん誕生しました。そして迎えた2018年ですが、今年の仮想通貨相場がどうなるか?。最近仮想通貨を始めた人たちが億り人になるのはどうすればいいのかについて個人的な考えをまとめていきたいと思います。

2018年は規制と実用の年になる

今年は国際的に仮想通貨に対する規制が進む年になりそうです。直近の韓国や中国の規制発表の際の暴落のように、規制が発表されるたびに相場が反応しているのでは、投資している身としては各国の規制のニュースに常にアンテナを張る必要がありリスクが高いです。

2017年は仮想通貨が世間に認知される年でしたが、今年は仮想通貨が社会に受け入れられるために規制や法整備が行われていく年になっていくと思われます。

現在の仮想通貨の中にはプロジェクトの実態がなく価格だけが独り歩きしているスキャムと呼ばれる詐欺まがいのコインも多数存在しており、仮想通貨が社会で使われるためにそういったコインを淘汰するための法整備が進んでいくと思われます。

早くも2018年1月に中国や韓国の仮想通貨規制報道を受けてビットコインを始めとする仮想通貨の価格は大きく下落しましたが、ビットコインのHFブームと同じようにそのうち市場参加者も規制のニュースに慣れて価格に対して影響を起こすこともなくなってくると思います。

1月の下げは今となればかなり下の価格で多くの仮想通貨を保有している私もぶっちゃけ少しヒヤッとしましたし、2017年12月あたりから参入したした人には底で損切りしてそのあとのリバに置いて行かれたという人も多いと思います。

今までにも仮想通貨市場にはチャイナショックなど大きな価格下落はあり、仮想通貨投資で億という資産を作るためには、こういう度々くるリーマンショックレベルの暴落にも耐えられる握力を持っておく必要があります。

そのためには自分が投資している仮想通貨のプロジェクト内容をよく理解し、それによってどういうどういう社会になるのかを常日頃頭の中でイメージしておくことが大切だと思います。そうすれば短期での価格変動に心を乱されずガッチリと通貨をホールドすることができると思います。

規制は悪いことではない

規制と聞くと悪いイメージがありますが、現在の仮想通貨は初期のインターネットのように便利なことは便利だけど法整備が全く行われておらず、無法地帯になっています。

それをみんなが安全に使えるようにしていくために規制や法整備が進められているのであってこれは仮想通貨にとっては長期的に+材料なのです。規制は別に悪いことじゃないです。日本も法整備が進んで、それまで怪しんでいた人たちがどんどん参入してきたわけですし、仮想通貨が社会により浸透するには必要なことです。

そしてその中で実用性のない仮想通貨も淘汰され社会で本当に使うことのできる仮想通貨だけが評価されることになると思います。既に実需にあるOmiseGoやリップル(XRP)などの実需系仮想通貨がより注目され、誰も使わないねずみ講PoSシステムの仮想通貨の9割が淘汰される年になるのではないかなと見ています。

既得権益層からの妨害も

仮想通貨は革命的なシステムな反面、それによって今まで得てきた利益が失われる既得権益層も存在します。そのため彼らがこれから先仮想通貨の少しでも貶めるために情報操作などを行ってくる可能性もありますが、そういったものに惑わされないようにしましょう。

「送金」という行為が銀行を介する事なく仮想通貨・ブロックチェーンを通じてP2Pで全て行われるようになると、銀行の収益に与えるインパクトは非常に大きいでしょう。また、ICOが一般的になりますと、IPOを行う企業が大きく減り証券会社の収益にも大きなインパクトを与えます。

こういったために仮想通貨をネガキャンしている勢力も存在していますが、IMF(国際通貨基金)が2018年に仮想通貨に関するレポートを発行しており、内容としては今後仮想通貨がデジタル世代で普及する事によりFIAT(現行紙幣)は求心力を失っていくと指摘しています。今はいろいろ言われていますが、着々と世間の仮想通貨に対する評価が正に変わろうとしています。

https://www.imf.org/external/pubs/ft/fandd/2018/06/central-bank-monetary-policy-and-cryptocurrencies/he.pdf

また2017年に国内でのICOを禁止した中国の某国営放送局がブロックチェーンの経済的価値はインターネットの10倍あると発表しました。仮想通貨をバブルだ投機だと一蹴せずに興味を持っているだけでこの新たな時代の波に乗れているのであり、幸せな事だと改めて実感出来ます。

ビットコインの時代は終わる

ビットコインは現在仮想通貨の顔ですが、実際に使ってみると取引には銀行並みに手数料がかかるし、手数料も銀行以上と安い早い便利という仮想通貨の特性が完全に死んでいます。

そして、その解決策であるライトニングネットワークはビットコインの存在意義を根本から否定するものであり、ビットコインは仮想通貨が実用化され始めるとともにマイクロソフトに取って代わられたIBMやGooglechromeに負けたインターネットエクスプローラーのようにリップル(XRP)やビットコインキャッシュ(BCH)に取って変わられると思います。

それに加えて、世界各国のfiatペアを各取引所が取り扱い始めており、アルトコインの値動きは17年まではビットコインの値動きが100%反映されていましたが、2018年以降は対fiat価格の方が意味を持つと思います。

フィアット(現行政府紙幣)でアルトコインがより簡単に購入できるようになることで、BTCをわざわざ購入する理由が消え、BTC中心の値動きとBTC基軸は縮小していく流れだと予想しています。

個人的に注目しているアルトコイン

まず私が注目している仮想通貨は以前も絶対上がる仮想通貨として紹介したイーサリアム・ネム・リップルですね。

これらは紹介した時点から既に十倍ですが今年も上がっていくと思われます。リップルはXRPによる国際送金が今春には始まるので言うまでもなく、イーサリアム(ETH)はメトロポリスによるPoS移行やスケーラビリティーの解消、NEM(ネム)はカタパルトによる性能向上とCOMSA・mijinの普及は期待できます。

特にリップルはXRPを使った国際送金が始まるという事で投機的な側面が強い仮想通貨の中で圧倒的な実需と共に価格も上昇していくのではないかと思います。リップルは日経新聞にも最近頻繁に取り上げられることも増えてきたので要チェックです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

暴落しても慌てないのが肝心

2017年末に参加した人たちは、価格が半分以上下落して引退したという人も多いと思います。しかし、厳しいことを言いますが、それは勉強不足と言わざるをえません。投機でしか仮想通貨を見ていないからそうなったのです。

基本的に値動きが荒く短期で倍にもなるものは、そりゃ半分にもなる時もあります。こういう時に狼狽して売ってしまった人たちは、仮想通貨の本質的(ファンダメンタル)価値を見ていなかったのではないかと思います。ブロックチェーンや分散台帳技術の凄さが分かれば仮想通貨の握力はグッと強くなるはずです。

価格も確かに大事ですが、短期の価格変動は誰にもわからないので有望そうなのを長期で持っておくというのが投資の王道です。これは仮想通貨だけでは投資全般において言えることです。

トレード技術やテクニカル分析を勉強するのではなく、ブロックチェーンや仮想通貨についての理解を深めることこそが、仮想通貨億り人への最短ルートです。

草コイン煽りに注意

後発組が初期投資組に投資成果において追い付くためには時価総額の低い草コインと言われる部類の仮想通貨に投資することも確かに必要だとは思いますが、その焦りを逆手にとって仕手株のような草コインやICOを進めてくる人もいます。

そういうのに引っかかった場合投資した資産をほぼ全額失う危険性もあるので注意してください。まあ後発組は煽られてる草コイン張って爆益得たらすぐ逃げてXRP買い増しましょう。草コインで儲けた金はリップル(XRP)に投資して固い投資に変えていきましょう。既にかなり上がっている仮想通貨でも年単位で見れば株式投資などの他の資産運用よりも圧倒的に高いリターンを出せます。

なので焦らず極力堅実な投資を行いましょう。仮想通貨FXや海外のマイナー取引所にしか上場していない仮想通貨を漁るのはあまり得策ではないと思います。

加えてTwitterでよく見かける有料ライングループやセミナーなどで紹介される仮想通貨とかは買わないほうがいいと思います。そういう人を何人も見てきましたが、彼らの末路はろくなものではありません。

光るマイナー仮想通貨もある

ですが、99%がゴミである低時価総額の草コインの中でも現在は過小評価されているけど光る何かを持っている仮想通貨もあるのも事実です。

なので仮想通貨について猛勉強して、そういったお宝草コインに発掘して大儲けするというのもできないことはないです。

ですが大半は価値のないもので仮想通貨バブルに乗っかってありえない価格が付いているものもあるので、2018年はそういった中身のない仮想通貨が淘汰される可能性が高いと思います。

仮想通貨の値段はこれからどうなるかまったくわかりませんが、コスト数億円でICOできる草コインが簡単に時価総額100億以上になる現状はあきらかに異常なのでそこは必ず淘汰されるだろうと思います。

仮想通貨業界が大きく変わる

今の仮想通貨取引所と界隈の有名人は皆コインチェック・ビットフライヤー・Zaif周辺の関係者です。彼らはいわばビットコインを日本で一番早く目を付けた人たちですが、残念ながらビジネス的には素人です。

この3つが運営している取引所は日本国内の現時点での仮想通貨取引所の中ではマシな部類なので私も仮想通貨を始めるならこの3つのどれかで口座開設して始めたほうがいいと紹介しています。

しかし、それでも株式を取り扱っている証券会社に比べた場合はサービス面ではまだまだです。某仮想通貨取引所なんかは頻繁に502 Bad gate wayで鯖落ちしますが、証券会社で鯖落ちなんてやらかした場合、金融庁から大目玉を食らいます。

実際に2017年に楽天証券が30分ほど鯖落ちしたときは金融庁から勧告が飛んでいたほどです。人の金を預かるというのはそれくらい慎重に行わなければいけないことなのですが今の仮想通貨取引所は残念ながらそのレベルには達していないと思われます。

そんな中でSBI証券をはじめとしたプロの証券会社が仮想通貨市場に乗り込んでくる中で、2018年は取引所のシェアにも大きな変化があるのではないかと予想しています。

仮想通貨バブルがドットコムバブルだとするなら、法人マネーはまだ入ってきていない。SBI、GMO、DMMを皮切りに、俺も俺もと、企業参入が増えるでしょう。

昨年は、個人においての仮想通貨元年だったかもしれないが、今年は法人にとっての仮想通貨元年になると思います。その中で個人的にはQuoinexやSBIVCがシェアを伸ばしてくると思います。

終わり~仮想通貨で社会はどうなるのか?

このブログで何度も何度も書いてますが、仮想通貨のブロックチェーン技術は「インターネット」と同じような技術なのです。

ブロックチェーン技術を使った分散型自立システムは政府が禁止すること自体が不可能で国家という概念は、インターネット&仮想通貨という次世代のテクノロジーによって陳腐化していくのです。

そういった中でこれからはこれまで社会の中心だった金融機関や大企業がその社会における存在感が弱まり、これまで光の当たってこなかった個人が主役になっていきます。

そして、それと同時にその波に乗れる人と乗れない人には大きな社会的格差が生まれると思います。仮想通貨投資は儲かる儲からないの話ではなく、これから来るであろう社会システムの急速な変化を把握しそれに対応するためにも必要なことだと私は考えています。

なので仮想通貨に投資してそのシステムや社会の動向を把握しておくことはとても大切なことだと思うので、何でもいいから仮想通貨購入して仮想通貨に興味を持ったほうがいいです。

・日本円が暴落する・株式会社という組織形態がオワコン化・若き億万長者が続出・世界中で価値の交換、融通が自由に行われるようになる。という感じの未来が現在進行系で進んでいるわけです。控えめにいってもヤバいですね。去年の夏頃から、一気に加速した感じで2018年も大波が来るでしょう。

The following two tabs change content below.

刃牙

株式投資5年目。2017年に仮想通貨に参入し、大幅上昇で一時億り人になるも2018年の一連の騒動で転落中。最近は株式投資と仮想通貨に関連するテーマを記事にしています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク


仮想通貨を始めるなら今!



ビットコインの価格は2009年から100万倍以上に値上がりしており、仮想通貨市場は現在急速に拡大しています。今から仮想通貨を購入するなら「リップル(XRP)」と「ビットコインキャッシュ(BCH)」がオススメです。この2つは日本ではビットバンク(Bitbank)で一番安く購入することができます。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク