仮想通貨取引所「CoinEX」を使ってみた感想とCETの価格予想

仮想通貨CoinExの概要

「CoinEX」は2017年12月にイギリスで設立された仮想通貨取引所です。その当時、CoinExは世界初のBCH(ビットコインキャッシュ)が基軸ペアの仮想通貨取引所ということでとても話題になりました。

というのも、それまでの仮想通貨取引所はBTCやETHが基軸通貨であることがほとんどだったので、BCH基軸を取り入れたのは革命的だったと言えます。

まあその後取引量の不振などでBTC建ても追加されたりしましたが、仮想通貨資産はBCH(ビットコインキャッシュ)建てで表示されますし、その特徴は消えていません。今日はCoinEXを実際に使ってみた感想・評価と、使うメリットについて紹介していきたいと思います。

CETの登録方法

CoinEX公式HPにアクセスします。そして、新規登録画面でメアドとパスワードを登録すればユーザー登録完了です。

ただそこに加えてセキュリティー対策として2段階認証も設定しておいた方が絶対いいのでそれもやっておきましょう。

CETトークン

CoinExには独自取引所トークンのCETトークン($CET)というものがあります。BinanceのBNB、KucoinのKCS、HuobiのHTなど他の海外取引所にも取引所トークンを取り入れているところは最近多いです。(ちなみに国内の取引所はというと・・・・)

CETの発行枚数は100億CETですが、ここから取引のたびにBurnされていき希少価値が上がる仕組みになっています。そして、CETトークンを保有しておくメリットとしては、

・CETトークンを使用することで取引手数料の節約できる

・CETを保持していることで特別なサービスを受けられる

・CETを保持していることでエアドロップでコインが無料で貰える

・将来設立予定の分散型取引所でガス(送金に使用する手数料)として使える

といった点があります。ここまではバイナンスのBNBとあまり変わらないです。まあそれでもBCH基軸な点とバイナンスレベルの使いやすさ、バックにジハン=ウーのBitmain社がいるという時点で買いだと思いますが、CoinEXのCETトークンには他にも面白い特徴があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

CET保持による配当

CETトークンは単に取引所で使えるトークンというだけではなく、保有することで配当を貰うこともできます。「CoinEx」ではの毎日ごとに取引所内での取引手数料の80%をCET保持者に配当として還元します。(80%ってすごいですね!)

CET保有で配当を貰うための条件は、最低100CET以上の保持が必要になります。1CET辺り約10円(執筆時点)なので1000円くらいで100CET購入できます。配当は今のところ10/1に終了する予定ですが、CETは長期保有を見通した配当型トークンであり、そのあともプランBが用意されています。

そしてCoinExに新しい通貨が新規上場するたびにCETを持っているとエアドロップでそのコインをエアドロップにより無料で貰うことができます。基本的に1000CET以上持っていると配当やエアドロップがもらえるのでCETを購入するのであれば最低1000CETは保有しておいたほうがいいです。

そして、1時間毎のCET保持のスナップショットを撮り、それらの保持数に応じて受け取れるCETの数量が決定され、配当は翌日9:00(日本時間)に反映されます。他にもCETを使って新規上場するコインに投票を行うこともできます。

CETの取引マイニング

他には「CoinEX」ではCETは取引マイニングというのもできます。この取引マイニングというのは、CoinEX内で仮想通貨取引を行った場合、取引手数料の100%をCETで還元されるというものです。この取引マイニングに用意されているCETは合計36億CETです。

・配当→『CET保有量に応じて配当としてCETがもらえる』

・取引マイニング→『取引の結果、取引手数料がCETとして還元』

取引マイニングに参加する方は本人認証を済ませておくことが必用で、また取引の際には設定でCETを使うというチェックを外しておく必要があります!

CET取引マイニング参加条件は

  1. 本人認証を完了させる(免許証かパスポート)
  2. 取引手数料をCETで払う分はカウントしない
  3. 1日の配布上限2000万CETを180日間
  4. 1アカウントが1時間あたりにもらえるCETの上限あり
  5. CETの配布は1時間毎
  6. APIによる取引も対象

CETのロックシステム

CETには取引マイニングにおいてより効率よくCETを貰えるようになるロックシステムがあります。このロックシステムというのは、ホーム→採掘の画面でCETをロックする(簡単に売れないようにする)ことで、取引マイニングでよりCETがもらえるようになるという感じです。

されるルートがあり、今回の変更は取引マイニングに該当し、10,000単位のCETをロックする=(簡単に売れないようにする)。そしてロックしたCETの数量が多いほど、「CoinEx」での取引の結果もらえるCETの還元量が増える!という感じです。

「CoinEx」のCETのシステムはぱっと見少しわかりにくいですが、大まかな特徴は3つに分けられます。

① 保有量に応じて配当&エアドロップが貰える

② 取引量に応じてCETが貰える

③ 保有しているCETをロックすることでユーザーごとのCETの採掘難易度が決まり、取引によってもらえるCETの数量が変わる

④ 新しく上場するコインの投票に使用できる

他にも「CoinEx」の運営がテレグラムで発現していた未実装のCETの保有特典には

①DEX(分散型取引所)のガス代
②上場の際の投票権
③VIP 会員として特別購入権
④coinexの運営に参加
⑤CET建ての取引の開始

などがあり、CETのこれからには目が離せませんね!Twitterとかを見ると「CoinEx」のCETが10倍近く値上がりしていますが、バイナンスのBNBなどと比較しても、まだ最低数倍の価格上昇の余地があると私は見ています。

まとめ

今回紹介したCoinExは今後主流になってくる取引所の一つではないか?と自分は考えており、その兆候として取引量も出来高も日によってはバイナンスを抜き、世界トップになっていることもあります。

「CoinEx」まずサーバーの耐久度もよく、アップデートが早いなど使い勝手がいいです。そこに加えて新しい通貨をバンバン新規上場させていますし、そこでCETを持っていれば新規上場した仮想通貨を少量ですが、保有量に応じて無料で貰えることができオトク感があります。

加えて今後BTCをBCHが抜かして王座逆転してしまうなんてことがあれば、間違いなくBCH基軸の取引所が増えていくでしょう。そんな時に既にBCH基軸ペアで取引量がある仮想通貨取引所として目立つこと間違いないと思われます。

また「CoinEx」の取引所トークンCETに関しても、バイナンスのBNBのように「CoinEx」という取引所の発展に伴った価値が上がっていく株式のような側面を持ち合わせています。

またZ〇ifトークンなどとは違い、運営側もCETホルダーが増え、取引量が増えるような戦略を次々と繰り出しており、期待が持てます。CoinExのインセンティブデザイン考えてるチームはホント凄いと思いますし、何よりそれを自由にやれるばら撒きに近いキャンペーンの予算をガンガン出せるのが凄いですね。

CoinEx × ViaBTC(ロジャー=バーのマイニングプール) × Bitmain(最大手のビットコインマイニング機器販売会社)の掛け算がハンパじゃないです。((( ;゚Д゚)))

そして配当系のトークンは金融商品に分類されるので規制の対象となりやすく色んな取引所が避けているところですが、「CoinEx」はCETにあえて配当を出してきている辺り、トークンの証券化を意識しているんじゃないかな?と思います。

「CoinEx」はビットコインキャッシュ(BCH)推しの取引所ですし、ビットコインキャッシュのカラードコイン(ブロックチェーン上で作れるトークン)の第一号になるのではかと期待してしまいますね!これからの「CoinEx」の成長に期待です!

The following two tabs change content below.

刃牙

株式投資5年目。2017年に仮想通貨に参入し、大幅上昇で一時億り人になるも2018年の一連の騒動で転落中。最近は株式投資と仮想通貨に関連するテーマを記事にしています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク


仮想通貨を始めるなら今!



ビットコインの価格は2009年から100万倍以上に値上がりしており、仮想通貨市場は現在急速に拡大しています。今から仮想通貨を購入するなら「リップル(XRP)」と「ビットコインキャッシュ(BCH)」がオススメです。この2つは日本ではビットバンク(Bitbank)で一番安く購入することができます。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク