【市況まとめ】半導体企業nVidia、ARM買収を断念。米英政府が承認せず。SBに違約金1500億円

スポンサーリンク

1 名無しさん 2022/01/25(火) 22:13:39.42 ID:8XFb0aUv0

Nvidiaは静かに400億ドルの武器入札を放棄する準備をしています
会社はパートナーに取引が成立することを期待していないと伝えます
Armの現在の所有者であるSoftBankは、ビジネスのIPOを検討しています

https://www.bloomberg.com/news/articles/2022-01-25/nvidia-is-said-to-quietly-prepare-to-abandon-takeover-of-arm


2 名無しさん 2022/01/25(火) 22:14:09.49 ID:8XFb0aUv0

関係者によると、Nvidia Corp.は、400億ドルのチップ取引の承認をほとんどまたはまったく進展させなかった後、SoftBank GroupCorp。からのArmLtd。の購入を断念する準備をしている。

議論が非公開であるために特定されないように求めたある人によると、Nvidiaはパートナーに取引が完了することを期待していないと語った。一方、ソフトバンクは、Nvidiaの買収に代わるものとして、Armの新規株式公開の準備を強化していると別の人は語った。

2020年9月に発表されたときに歴史上最大の半導体取引になる準備ができているこの買収は、規制当局やアーム自身の顧客を含むチップ業界から激しい反発を呼んだ。米国連邦取引委員会は12月に取引を停止するよう訴え、NvidiaがArmのチップ設計を管理できるようになると強力になりすぎると主張しました。

ある人物によると、買収は中国でも抵抗に直面しており、当局は他の場所で承認を得た場合に買収を阻止する傾向があるという。しかし、彼らはそれがそこまで到達することを期待していません。

人々によると、NvidiaとArmのリーダーシップの両方が依然として規制当局に彼らの主張を主張しており、最終的な決定はなされていません。そしてそのすべてを通して、企業は購入へのコミットメントを公に維持してきました。

NvidiaのスポークスマンであるBobSherbinは、次のように述べています。

ソフトバンクの広報担当者は、電子メールでの声明のなかで、「取引が承認されることを期待している」と述べた。

Nvidiaの株式は、火曜日のニューヨークでの市場前取引で3.5%下落しました。


3 名無しさん 2022/01/25(火) 22:14:16.10 ID:QWtmL8xv0

売り豚を焼き尽くせ


5 名無しさん 2022/01/25(火) 22:14:30.96 ID:8XFb0aUv0

試練は、Nvidia内に部門を作成しました。会社の何人かの人々は買収の敗北に辞任します、しかし他の人々は経営者が取引のメリットを示すためにFTC裁判を使うことができると思います。

SoftBank内には、プロセスを実行させたい派閥があります。特に、Nvidiaの株価の上昇により、トランザクションの価値が高まったためです。最近の転落の後でも、Armの取引が発表されて以来、Nvidiaの株価はほぼ2倍になっています。これにより、当初の400億ドルの値札に数百億ドルが追加されました。

ソフトバンクの他の企業は、チップ業界が依然として投資家にとって魅力的であると考えられている一方で、ArmのIPOをより早く追求することを望んでいます。すでに、減速への懸念が高まっています。

NvidiaとSoftBankの間の最初の契約は、偽造されてから2年後の9月13日に失効しますが、承認に時間がかかる場合は自動的に更新されます。Nvidiaは当初、取引の完了には「約18か月」かかると述べました。そのタイムラインは、今年の3月頃に完了することを示唆しています。

FTCの訴訟だけでも数か月かかる可能性があります。そして、欧州委員会と英国の独占禁止法の監視機関が加重する必要があります。

SoftBankとArmは、契約が成立したかどうかにかかわらず、署名時に20億ドルのNvidiaを支払い続ける権利があります。これには12億5000万ドルの違約金が含まれます。


6 名無しさん 2022/01/25(火) 22:14:41.72 ID:8XFb0aUv0

Nvidiaはまた、貿易の緊張が高まっているときに、中国当局から承認を得る必要があります。米国は、中国の半導体産業が最新の技術にアクセスするのを阻止しようと努めてきました。国の駆け出しのチップメーカーの多くはArmの顧客であり、北京に技術を米国の所有権に渡さないようにする追加のインセンティブを与えています。

Qualcomm、Intel、Googleなどの企業は、この取引に反対して、NvidiaはArmの顧客であるため、Armの独立性を維持できないと述べています。グラフィックチップの最大のメーカーであるNvidiaは、サーバープロセッサでIntelと競合しており、他の多くのArmライセンシーと直接競合する新しい分野に拡大しています。

Nvidiaは、AmazonのAWSやMicrosoftのAzureなどの企業にもチップを提供し、データセンターでの人工知能処理を処理するテクノロジーを提供しています。これらの企業も独自のチップを開発しており、Nvidiaをサプライヤーと潜在的なライバルの両方にしています。


7 名無しさん 2022/01/25(火) 22:14:50.90 ID:8XFb0aUv0

どうすんのこれ・・・


8 名無しさん 2022/01/25(火) 22:14:58.39 ID:iCinfijL0

エヌヴァイディアね


9 名無しさん 2022/01/25(火) 22:15:12.54 ID:8XFb0aUv0

また1500億円分ソフバンの選手が補強されてしまう


10 名無しさん 2022/01/25(火) 22:15:28.25 ID:8XFb0aUv0

オリックス終わったわ


11 名無しさん 2022/01/25(火) 22:15:46.86 ID:tTDZtdJ7M

その点ゲーム業界ってすごいよな
業界3番手買っても何も言われない


参照先 https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1643116419/

コメント

タイトルとURLをコピーしました