【年金破綻】老後2000万円不足に私たちはどう備えるべきか

どうもこんにちはBaki(@dmjtmjtk)です。最近金融庁が老後資金の2000万円不足するという報告書を発表して世間で年金が崩壊したと話題になっています。

f:id:oruka199665:20190614004506j:plain

f:id:oruka199665:20190614004507j:plain

f:id:oruka199665:20190614004502j:plain

f:id:oruka199665:20190614004504j:plain

なんか凄い他人事感。せめて「ここまでの高齢化は想定外でした。年金制度だけでは皆さんのご期待にそえません。今後、老後の準備は今まで以上に自助努力が必要となります。この点に関して政府としてお詫び申し上げます」くらい言ってもいいのでは?と思います。

にしても前々から年金は崩壊するといわれていたわけですが、とうとうその事実を金融庁自信が認めたという形になり、その反響は大きいように感じます。

 貯金で老後までに2000万円貯めることは困難

このニュースを受けて貯金しようと考えている人が多い思いますが、恐らく銀行に貯金するだけで老後までに2000万円貯めることは今の労働世代にとってかなり難しいです。

というのも今の日本は重税大国です。社会保険料に消費税にどんどん上がっています。世間でよく騒がれるのは、消費税だけですが、その裏でほかの各種税金も上がっており、加えて小泉と竹中のせいで労働者の大半が使い捨ての非正規雇用にした結果、今の日本で給与所得だけで満足に貯金できる人は少数です。

じゃあ皆が老後までに最低2000万円貯めるにはどうすればいいのかというとそれには『資産運用』しかありません。

というのも、世界でも類を見ない重税大国になってしまった日本において、株式などでの資産運用による利益はいくら稼いでも税率が一律20%(ビットコインは別)なので、非常にコスパにいい稼ぎ方になっています。

そして、富裕層ほどは、株などの資産を多くもち、配当を受ける税率も約20%であり、ピケティの『21世紀の資本』でも指摘されているように、格差拡大の原因にもなっています。

f:id:oruka199665:20190626123635p:plain

老後2000万円報告書で発覚した“富裕層の税率が高い”のウソ(女性自身) – Yahoo!ニュース

ですが、逆に言えば適切に資産運用ができればわずかな給与所得しかない一般庶民でも老後に2000万円貯めることは可能だと言えます。、なので、つみたてNISA、IDecoをなどを利用して『資産運用』を始めるべきです。

まあこの二つにも色々メリットデメリットがありますが、一番不味い選択肢は資産運用をしないことなので、まずは『資産運用』を始めるというところからスタートしましょう。

資産運用を始めるにあたって気を付けるべきこと

・焦って短期取引は絶対にNG!

まず資産運用を始めるにあたって抑えておきたいことは『資産運用=短期取引ではない』ということです。短期取引は資産運用ではなくただのギャンブルです。

TwitterなどのSNSには50万で株始めて3000万や1億になったっていう強運の人も何人かいますが、実際の世の中は50万から株やFX始めて全て無くしてTwitterも止めた人の方がはるかに多いわけで、非常にリスキーな選択肢です。

そんなことをしなくても時間というレバレッジを掛けることができれば誰でも堅実に資産を構築することができます。

FXと勘違いしてるのか「株は9割負ける。胴元しか儲からないギャンブルと同じ」とかいう意見を見かけますが、9割負ける物を誰が買うんですか?株は資金調達の手段なんだから、買った相手が負ける事は本来おかしいんです。

・アメリカ株インデックスとVTに長期投資するのが王道

『資産運用』を始めるうえで絶対に知っておくべき基本的な常識としては『インデックス長期投資こそが資産運用の王道』だということです。

インデックスとはその国の株式市場の平均価格のようなものでインデックスの値動きは景気指標の一つになっています。日本でいうと日経平均株価がインデックス指標にあたります。

そして、VT(VANGUARD INTL E/TOTAL WORLD STK IX)とは世界中の株式のインデックスです。日本いると暗いニュースばかり流れてきますが、新興国は経済成長しており、世界経済は年々成長しています。なので、VTを積み立てておくだけで世界経済の成長にあやかることができます。

『資産運用』の王道はこういった有望なインデックス指標を積み立てで長期投資することであり、これが投資の基本中の基本です。

また米国株のインデックスもオススメなのかというと、それはアメリカが持続的に成長し続ける圧倒的な経済大国だからです。 アメリカが圧倒的に有利なのは多様性による産業構造変化への対応です。

自動車ではデトロイト、ITではシリコンバレーというように、アメリカは産業構造の大きな変化に常に対応し時代の先端を走っています。これがアメリカが強い理由です。加えてアメリカは基軸通貨のドルを持っています。

近年中国がすごい勢いで成長していますが、ドルが基軸通貨である以上、まだまだアメリカの覇権は終わらないでしょう。そうである以上アメリカ株のインデックス指標もまだまだ右肩上がりです。

資金を51年間で15,983倍に増やしている投資の神様ウォーレン・バフェット様ですら「資金の90%をS&P500に連動するインデックスファンドへ投資しなさい」と言っています。ヘッジファンドのリターンですらS&P500に劣ることから、いかにS&P500のリターンが驚異的で、凡人が行うべき最適解であることは明らかです。

まあ現在貿易戦争で中国との次世代技術の覇権争い(5G・AIなど)に敗れれば、アメリカ株の成長がどうなるかはわかりませんが、今のところアメリカ株のインデックス(ナスダック、S&P500)と世界株のインデックス(VT)に積み立て投資するのが資産運用の王道で、貿易戦争の状況次第では中国株インデックスもアリかもというのが今の自分のスタンスです。

ちなみにこの事実は証券会社の人たちは教えてくれません。なぜかというインデックスは取引手数料が少ないため、販売してもうま味がないからです。

・日経平均株価だけは絶対に買うな!

そして上述したように一応日経平均もインデックス指標なわけですが、僕は日経平均への長期投資は絶対にオススメしません。その理由は日本が30年成長していないオワコン衰退国だからです。これは別に僕が左翼だからというわけでなく、株価指標↓を見れば一目瞭然です。

f:id:oruka199665:20190626113232p:plain

見てわかるようにアメリカのナスダック株価指数は過去30年間ほぼずっと右肩上がりなのに対して日経平均はバブル崩壊から30年近く経つもののバブル時の高値を更新できていません。

つまり30年間日経平均にインデックス投資していても大した利益にはならなかったのです。そして、日本はこれから少子高齢化などさらに衰退していきます。今の日経平均株価の水準も日銀が異次元金融緩和によって買い支えいるだけなので、これがもし終われば恐らく日経平均は暴落します。そんな危ういインデックスを長期積み立てで購入するのは金をドブに捨てるようなものなので絶対にやめるべきです。

恐らく金融庁が老後資金に2000万円足りないという報告書を作成したもの、老後資金が足りないと煽って、皆に資産運用を始めさせて日銀の異次元金融緩和で支えきれなくなった日経平均を維持したいという意図だったのだと思います。

それが煽り方を間違えて大炎上してしまったわけですね、まあ資産運用を始めるという選択肢は正しいものではありますが、彼らの思惑には乗らず、アメリカ株インデックスや世界株式のインデックスであるVTに長期積み立て投資するべきです。

資産運用は人によってケースバイケース

そして、一概に『資産運用』と言っても人それぞれ取れるリスクが違っており、運用スタイルは十人十色です。基本的に『資産運用』は若い人が圧倒的に有利です。

なぜかというと若い人には『時間』『失敗してもやり直せる』という凄まじい武器があるからです。適切な金融知識のもとで時間という武器のもとコツコツやれば老後までに2000万円貯めることはそう難しいことではありません。

また大きな失敗をしても若いうちならば本業をコツコツやれば取り返すことが可能ですし、失敗した経験は人生後半の資産運用で成功する確率を高めてくれます。

また若いうちはお金だけではなく、人脈やプログラミングなどこれからの社会における需要のある技術を学ぶことも自分への投資なので、そのあたりも意識するといいかと思います。自分への投資と世界への投資という2つの観点で考えていきましょう。

とにかく大事なことは焦って短期で一発狙って大損しないこと詐欺師に騙されないことです。ただそれは経験がないと難しいので、失敗しても取り返しに聞く若いうちから投資は始めておいた方がいいよねという話になります。

逆にもう40代の人はとにかく損を出さないことを第一に考える堅実な資産運用を行う必要があります。それで老後までの資金が足りないという場合は、資金の一部を仮想通貨などハイリスクなものに手を出すのもアリかもしれませんが、若い人と違って失敗できないので、気を付けるべきです。個人的にはそれよりは副業などでコツコツと資産を築くのがいいと思います。

終わり~多分2000万円では足りない

『資産運用』『投資』という概念は非常に大事にもかかわらず先進国で金融を義務教育に含めて無いのは日本だけ。政府が義務教育に含めるのを嫌い、出る杭を打ちながら、ぬるま湯政治をズルズル 少子高齢化促進が税収を落とし、もう無理だから資産運用して自分で何とかしろっておかしいと思うんですよね。

仮に自分で『資産運用』の重要性に気付いたとしても30~40と人生の後半を迎えており、若いころから始めておけばよかったといっている人が非常に多いのが残念です。当たらめて人生における『時間』『若さ』というものの価値を考えさせられます。

ですが、過去をいくら悔やんでも仕方のないことなので今やれることをやる、それしかありません。一番まずいのは何もしないことです。

そして、世間は2000万2000万と騒いでいますが、個人的には老後資金2000万円では普通の老後を送るのには到底足りないと思います。というのも金融庁の試算はだいたい月5万円で30年生きることを前提に建てられています。

それ+年金+退職金ですが、後者2つは非正規雇用社会と少子高齢化の加速で恐らくほとんどないでしょう。そうなると月5万円だけで生活していかなければいけないことになります。

2人で月5万なんて旅行にも行けませんし、美味しいものも満足に食べられないでしょう。つまり2000万円あっても、皆さんが今頭の中に描いている自分たちの両親や祖父母のような老後を送るためには全然足りず、両親や祖父母のような老後を送るためには、5000万~7000万円は必要になってくるとおもわれます。

なので、『人生100年時代に向けて私たちがとるべき戦略は老後に備えて、退職金+貯金+年金で5000万円~を用意しておくこと』です。ですが、そう考えるとやはり減りゆく給料と不安定な雇用が拡大していく中で毎月の給料をただ貯金するだけでは到底難しく、資産運用の必要性が求められてきます。

そして、恐らくそういった皆さんの心の焦りに付け込んで、詐欺師たちが皆さんの資産を狙ってきます。詐欺師はこういった心の焦りを突いてくるのが非常に上手いです。これから投資案件の詐欺はより一層増えていくでしょう。楽してお金儲けをしたい、人にお金を預けて楽にお金儲けをしようなんて考えないで下さい。

ポンジスキームやHIYPといった詐欺がある事を理解すべきで、 私は違うと思った方、その発想が危険です。そういった詐欺師たちに騙されないようにするためには正しい金融リテラシーを身に着ける必要があります。

ただそうはいっても人間一度は騙されるものなので、失敗してもなんとかなる20~30代からとにかく『投資(資産運用)』を始めるべきです。20代のうちに株でも仮想通貨でもなんでもいいので自分のカネを動かして色々経験を積みましょう。

そして、失敗すると取り返しにつかないことになる『40~50代の人はとにかく資産を減らさない堅実なインデックス投資を注力すべき』です。インデックス投資は淡々とやるだけなので退屈なのがネックですが、下手に動かず、凡人は世界経済の成長を淡々と享受する戦略が利口なのです。

最後にこれから『資産運用』を真剣に始めたいと思っている方々へのアドバイスとして、僕が投資バイブルの一つにしている『本多静六』という投資家が残した『致富奥義』という投資本から一説引用しておきます。投資は以下の3条を守れば必ずうまくいきます。

・第一に貯金 常に収入の4分の1を天引き貯金する

・第二に投資 いくらか貯まったところで投資に回す

・第三に長期保有 辛抱強く時節を待つ

この3ヶ条を守れれば、誰でもお金を増やすことができるのです。世間では華々しく成功した人の手法が取り上げられていますが、そういうのは天賦の才や血の滲むような努力が必要であって誰でもできるものではありません。 ホリエモンや与沢が言う「起業しろ」は優秀な人に向けて発している言葉なので 万人が影響されてはいけません。

致富奥義』で言っていることはざっくり言うと、質素・倹約・貯金で投資なわけですが、これこそが誰でも成功する投資の汎用成功例だと思います。

そして、そこに現代風のアレンジを入れるとするならば『副業』です。給与所得とは別に月1~2万円でも稼げるようになれば、心にも余裕が生まれます。特に今の世の中なんてネットで簡単に副業を始められる時代ですし、やる気と自分の合う副業さえ見つられれば月1~2万円はそう難しいことではありません。

この先に日本には恐らく辛く厳しい現実が待ち構えています。それを見て見ぬふりしても構いませんが、後でそのツケを払うのは自分自身です、そうならないために一日でも早く行動する必要があります。







仮想通貨を始めるなら今!



ビットコインの価格は2009年から100万倍以上も値上がりしており、仮想通貨市場は現在急速に拡大しています。今から仮想通貨を購入するなら「リップル(XRP)」という仮想通貨がオススメです。リップル(XRP)は日本では  「ビットバンク(Bitbank)」 という仮想通貨取引所で一番安く購入することができます。









フォローする

スポンサーリンク