バイナンス、カザフスタンで規制対象デジタル資産プラットフォームを開設。フリーダムファイナンス銀行と提携して暗号通貨サービスを展開。

仮想通貨
スポンサーリンク

Binance
世界有数の暗号通貨取引所の一つであるBinanceは、カザフスタンで目がけた10年の計画を発表しました。Freedom Finance Bankと提携して、レギュレーションに基づいたデジタル資産プラットフォームを展開すると発表しました。

19日の報道によると、BinanceとFreedom Finance Bankの提携により、フリーダム・ファイナンスを通じてカザフスタン全土にアクセスすることが可能になります。新しいプラットフォームは、資金調達や保管、取引等、様々な暗号通貨サービスを展開することを予定しています。

Binance CEOであるChangpeng Zhaoは、カザフスタンを、同社の「10年の計画」と関連付けており、同国を「仕事の拠点」として位置づけています。彼は、「Binanceのライトハウスプロジェクトは、カザフスタンへの進出を支援することを目的としています」と述べました。

Freedom Financeは、カザフスタンで事業を展開する多国籍企業であり、同国で唯一の株式取引所です。同社のCEOであるMarat Mukhamedovは、共同事業について「当社はカザフスタン市場に対するBinanceの進出を支援し、カザフスタン市場から暗号通貨業界の発展に貢献することができると期待しています。」と述べました。

今回の開始は、Binance全体の戦略的な進出計画の一環として行われています。同社は、世界中の異なる地域での規制プラットフォーム展開に焦点を置いています。カザフスタンにおけるこの新しい取引所の発足により、暗号通貨市場はより一層活性化されることが予想されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました