「最近の判決によると、SEC対Ripple事件はTerraformとLBRYとは異なる」という表現で翻訳することができます。

スポンサーリンク

SEC vs. Ripple
米国の証券取引委員会(SEC)は、暗号通貨企業Rippleとの関係で提起された訴訟において敗訴しました。連邦裁判所の判決によれば、SECが主張するような規制上の問題は存在しないと判断されました。この判決は、コインパディアが報道した内容です。

この裁判では、SECはRippleが違法な価値証券を発行したと主張しました。しかし、裁判所はこれを否定し、RippleのXRPトークンは価値証券ではないと結論付けました。判決では、RippleがXRPを販売していた当初から約10年間、SECがその性質について何の異議も唱えなかったことも指摘されました。

この判決は、SEC vs Rippleの訴訟が、以前のTerraformとLBRYの訴訟とは異なると明確に指摘しています。TerraformとLBRYの訴訟では、SECが暗号通貨企業に対して違法な証券の販売を行ったと主張し、裁判所はその主張を認めました。しかし、Rippleの場合には、SECは同様の主張を行いましたが、裁判所はそれを退けました。

さらに、判決ではSECの行動についても厳しく批判されています。裁判所は、SECが権限を乱用し、業界の規制を不透明にすることで企業を恐怖と不確実性に陥れたと指摘しました。判決は、SECが明確な規制ガイドラインを提供せず、企業を混乱させる一方で罰則を科すことは不当であると述べています。

この判決により、Rippleは一時的には勝利を収めましたが、SECは控訴する可能性があるとされています。この訴訟は、暗号通貨業界において規制のあり方や法的地位に関する重要な判断となるかもしれません。今後の展開に注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました