「問題が山積みだ」:XRPのアルデロティ氏、Coinbaseに対するSECの訴訟に反発

スポンサーリンク

COINBASE VS SEC
XRPの法務責任者は、Coinbase訴訟におけるSECの申し立てを根拠のないものと強く否定

SEC(米国証券取引委員会)は、仮想通貨XRPの発行企業であるRippleとその販売エージェントであるCoinbaseに対して、証券法違反の容疑をかけて訴訟を起こしました。しかし、Rippleの法務責任者はこの申し立てを完全に否定し、根拠のないものと主張しました。

Rippleの法務責任者は、SECの申し立てがXRPを証券として分類することを求めており、それに違反していると主張しています。また、この訴訟がRippleとCoinbaseの関係を破壊し、市場に対する不当な影響を与える可能性があるとも指摘しました。

さらに、Rippleの法務責任者は、SECが過去にも他の仮想通貨企業に対して同様の訴訟を起こしたことがないことに言及しました。これにより、XRPを証券として扱うというSECの主張が一貫性を欠いているとの主張を裏付けています。

この訴訟は、仮想通貨業界全体に影響を与える可能性があります。SECがXRPを証券として扱うと認定した場合、他の仮想通貨企業も同様の問題に直面する可能性があります。

現時点では、訴訟の結果は不透明ですが、Rippleの法務責任者は当局と協力し、合意に達することを望んでいると述べています。彼らはまた、XRPの価値や流動性に対する市場の信頼を回復させるために、積極的な措置を取っています。

最終的な判断は裁判所が下すことになりますが、RippleとCoinbaseはこの訴訟を真摯に受け止め、独自の主張を支持する意志を示しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました