Warning: Constant TRUE already defined in /home/tkdmjtmj/dmjtmj-stock.com/public_html/wp-content/plugins/amazon-associates-link-builder/plugin_config.php on line 107
ビットコインは閉鎖すべきですか?バイナンスのCEOがディモン氏の反仮想通貨姿勢を非難 | 投資まとめ

ビットコインは閉鎖すべきですか?バイナンスのCEOがディモン氏の反仮想通貨姿勢を非難

スポンサーリンク

Binance Joins Thai Law Enforcement in $277 Million Crypto Scam Bust
BinanceのCEOは、Dimonの暗号通貨に対する反対姿勢に対して上院の公聴会で挑戦

財務大臣のJanet Yellen(ジャネット・イエレン)が主催する上院の公聴会で、Binance(ビナンス)のCEOであるCZ(チャンペン・ジャオ)が登壇し、JPモルガンのCEOであるJamie Dimon(ジェイミー・ダイモン)の暗号通貨に対する懐疑的な立場に反論した。

CZは、暗号通貨は金融システムの未来であり、現在の金融機関の欠点を克服する可能性があると主張した。彼は、BTC(ビットコイン)のような暗号通貨は信用されており、人々がそれを受け入れていることを強調した。

CZは、Dimonがビットコインに関する否定的な発言をした際、ユーザーのデータから明らかになるように、企業の重要な利益を守るために再評価する必要があると述べた。

彼はまた、これまでの金融システムにおけるトラストの不足についても言及し、暗号通貨がその問題を解決できる可能性を指摘した。CZは、暗号には透明性があり、不正行為を容易に検出できることを強調した。

さらに、CZは、暗号通貨は金融インクルージョン(経済的包摂)を促進し、金融サービスのアクセスを得られなかった人々にも利益をもたらす可能性があると述べた。彼は、暗号通貨の技術や利便性が世界中の人々を結びつけ、経済の成長に寄与できると主張した。

CZは、暗号通貨への投資によって生じるリスクについても言及し、規制当局や金融機関の協力が必要であると述べた。彼は、規制環境の整備により、投資家保護と市場の健全性を確保できると信じている。

最後に、CZは、ジャネット・イエレンや上院のメンバーに対し、暗号通貨の将来性を考えて積極的にアプローチしてほしいと訴えた。

この公聴会は、暗号通貨に関する議論を促進し、規制環境を整備するための重要な機会となった。暗号通貨の将来についての様々な意見が交わされたが、CZの発言は暗号通貨支持者にとっては歓迎されるものであった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました