Warning: Constant TRUE already defined in /home/tkdmjtmj/dmjtmj-stock.com/public_html/wp-content/plugins/amazon-associates-link-builder/plugin_config.php on line 107
リップル法務顧問がSECの書類にタイポを発見:“SECの暗号通貨規制のアジェンダ…” | 投資まとめ

リップル法務顧問がSECの書類にタイポを発見:“SECの暗号通貨規制のアジェンダ…”

リップル
スポンサーリンク

Ripple Lawyer Slams SEC
Rippleの法律顧問David Schwartzは、証券取引委員会(SEC)が提出した暫定出所書に誤字を発見しました。これにより、仮想通貨の規制について訴訟するRippleの抵抗が増加しました。

先週、SECはXRPが有価証券であると主張し、Rippleに対して非常に大きな訴訟を起こしたため、Rippleはこれに猛反撃しました。

SECはその文書の中で、RippleがXRPトークンを開発したことを認めながら、RippleがXRPの単一発行者であり、その価値を抑制するために市場への供給を制限しなかったと主張しました。

しかしここで、Schwartzは文書の間違いをこのように指摘しました:「SECが見逃したことは、Rippleの取締役会は2020年10月の時点で、XRPはRippleの傘下ではないということです。そして、SECが提出した文書でもそれは当然明確に示されています。」

Schwartzが指摘したこの誤解から、Rippleは考え方を明らかにしました。同社は、XRPトークンはRippleのプラットフォームでもあり、FXRPなどの他のトークンと一緒にRippleによって開発されたものであり、XRPトークンの数は限定的かつ分散しているため、その特性により、有価証券ではありません。

セキュリティトークン規制は、仮想通貨市場において最も重要な問題の1つであり、RippleのXRPトークンがセキュリティトークンとして認定されれば、その結果は大きな影響を及ぼすことになるでしょう。このため、Rippleはこれに強く反発しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました