法律のトップエキスパート、ジェレミー・ホーガン氏は、SECに対するXRP販売の訴訟でリップルの勝利を予測

スポンサーリンク

Ripple Ranks Among Top Innovators on 2023 Fintech 100 List
暗号通貨企業のリップル(Ripple)は、米証券取引委員会(SEC)に対する訴訟で勝利を収めるだろうと、有名な法律専門家ジェレミー・ホーガン(Jeremy Hogan)が予測している。

最近、リップルは自社の暗号通貨であるXRPの販売が違法であったとしてSECによって訴えられた。SECはリップルが未登録の証券を販売したと主張しており、この訴訟は暗号通貨業界における重要な前例となる可能性がある。

しかし、ジェレミー・ホーガン氏は、リップルがこの訴訟で勝利すると予測している。彼は「最初の法廷での会合で、裁判所が証券の定義を特定の要素に関連付けず、包括的な方法で検討していることがわかりました」と述べている。

また、リップルは指導的な暗号通貨企業であり、多くの金融機関と提携しており、国際的な送金システムを改善する可能性を秘めている。ホーガン氏は、リップルの存在が金融改革を促進するために必要なものであり、それが裁判所にも認識されるだろうと述べている。

この訴訟でのリップルの勝利は、暗号通貨業界全体に重要な影響を与える可能性がある。SECがリップルに対して勝訴した場合、他の暗号通貨企業も同様の訴訟のリスクにさらされることになる。しかし、リップルが勝訴すれば、暗号通貨が法的に認められるようになり、業界全体の発展に寄与することになるだろう。

ホーガン氏は、リップルが最終的に勝訴する可能性が高いと考えているが、裁判所の判断は予測できないとも述べている。しかし、彼はリップルが有利な位置に立っており、弁護士たちが十分な議論を行うことで勝訴の可能性が高まると指摘している。

リップルとSECの訴訟は現在進行中であり、今後の法廷での審理によって争いの結果が明らかになるだろう。この訴訟の結果は、暗号通貨業界における規制と法的な枠組みの確立に大きな影響を与えることが予想される。

コメント

タイトルとURLをコピーしました