【超絶決算】<3323> レカムの決算 と 中期計画策定 について 1

昨日、22日(水)に中期計画策定についてのIRを発表したレカムについて取り上げたいと思います。

まず一週間前に発表された決算を見ていきたいと思います。

f:id:oruka199665:20161123212622p:plain

売上高は、27年度が37億1800万円に対して、今年度は44億2100万円へと前年度比18.9%↑を果たし、営業利益も△6400万円から1億2400万円、経常利益も△6700万円から9700万円へと大幅な黒字転換を果たしています。

そして、親会社に帰属する当期純利益も前年度△5960万円から8840万円へと黒転し、100株につき1円の配当も復活しました。

そして各財務諸表も良化しています。

f:id:oruka199665:20161123212715p:plain

キャッシュフローは営業活動が+、投資活動が-、財務活動が+と、積極的投資の特徴が出ており、これからの更なる成長を予感させます。

決算報告を見る分、本業の情報機器リース業は停滞しているようですが、その分新たに始めたBPO事業が前年度比88.6%の急成長を遂げており、調子がいいようです。

BPOとはbusiness process outsourcingの略称で、どの企業でも同じようなノンコア業務(利益を生まない事業)を集約し、システム化して請け負うことで、請け負う会社側(この場合だとレカムですね)のコア業務としているわけです。

BPOはこれまでのように、単純に業務をアウトソーシングして工数を減らすだけではなく、企業の業務強化や収益向上を支援する戦略的なアウトソーシングを実現するのがBPOです。このBPO事業はこれからのレカム成長の要にかもしれません。

他にも海外事業法人が4月の大連に続き、上海支店をオープンし日系企業にたいしての情報機器リース業やLEDなどのエコ機材の販売が、前年度比87.3%の大幅な躍進を遂げています。

加えて、株式会社エフティグループ<2763>との資本業務提携により、環境関連商品の供給および海外事業展開の相互協⼒により、中国およびASEAN地域での事業を加速していくようで、更なる成長が期待できますね。

【超絶決算】 <3323>レカムの決算と中期計画策定・予想株価について 2 – 株初心者が本気で儲けるブログ

www.dmjtmj-stock.com
www.dmjtmj-stock.com

スポンサーリンク
スポンサーリンク