【仮想通貨】テザー(USDT)問題とビットコイン暴落のリスク

昨年末には1ビットコイン = 200万超えたビットコインですが、現在は1BTCあたり約100万円と勢いがありません。

その理由としては各国政府による規制などが挙げられていますが、今日はその一つでビットコインを始めとする仮想通貨界を揺るがしかねないもので、現在仮想通貨市場全体の重荷となっているテザー問題について取り上げていきたいと思います。

テザー(USDT)とは何か?

テザー(USDT)とはテザー社が1USDT=1ドルで固定し、ビットコインのブロックチェーンを使って発行した仮想通貨です。

このテザーはUSDT相当のドルを準備金として保有していることでその価値を保証しており、香港のビットフィネックスやアメリカのポロニエックス、ビットトレックスといった仮想通貨取引所の世界大手がビットコインなどとの交換に使っています。

テザー(USDT)のメリット

テザー(USDT)が使われている理由としては短時間で手数料が少額という仮想通貨ならではの送金メリットがあったのに加えて、テザーを使えば銀行の取引口座を持たない仮想通貨取引所でもテザー(USDT)を使って顧客の資金を預かるということができたのです。

また海外の取引所を使っている日本人の仮想通貨投資家にとってもビットコインを始めとする仮想通貨が暴落した時に円の代わりにすぐ自分の資金を避難できる避難先として重宝されています。

テザーの疑惑

テザーの疑惑はテザーリポートという書類にまとめられています。このレポートで懸念されていることはドルに裏付けされて発行されているはずのテザー(USDT)が実は過剰供給されているのではないか?ということです。

USDTを発行する際はテザーからドルにいつでも同じ額だけ交換できるということになっているはずなのに実はその証拠金が不足しているんじゃないか?という疑問を呈されているわけです。

つまり実態のないUSDTを発行しそのUSDTでビットコインを購入することでビットコインの価格を釣り上げていたのはないかというわけです。

この疑惑が消えないわけでとしてはテザーを発行するビットフィネックスが十分な準備金があることを公表しないことにあります。

もし準備金がちゃんとあるなら疑問を指摘された時点で公表すればいいわけですからね・・・。

他にも(CFTC) がビットフィネックスとテザ ーに召喚状を送付していたことも判明。 米銀のウェルズ・ファーゴは昨春、ビ ットフィネックスやテザーとの関係 を打ち切っていたのに加えて、それを証明するために依頼した監査法人が監査から降りていることもその疑惑を強めている一因です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビットコイン暴落のリスク

仮想通貨と言えばビットコイン、そんな人が世間の大半だと思います。仮想通貨を買うならまずはビットコインだという人もまだまだ多いです。

ですが、ビットコインの急騰はテザーによってないはずのマネーで演出されたものだった可能性が高いのです。

実際テザーの新規発行とビットコインの急騰時期はかなり近いです。そして、ビットコインFXの存在もあります。

これらから私が考えていることはビットコインの今の高値は、テザーの無限発行と日本のFXによる信用取引によって生み出された砂上の楼閣である可能性です。

ビットコインの価格を形成しているものの大半がテザーによる実態のない資金とFXによる信用買いがビットコインを中心とする仮想通貨の大きな価格変動の原因ではないかと私は考えています。

実際、BTCが爆上げするようになったのは2017年の10月からで、この頃からtetherの発行が急増しました。

2017年のBTCの急騰のタイミングはテザー発行のタイミングとほぼ一緒でした。2018年に入ってtether疑惑が騒がれ始めたころからテザーは追加発行がほぼなくなり、BTCは2017年にあったような急騰はなくなりました。

現在のBTCの価格は横横&下落気味ですが、逆にこのなかなか上がらない今の値動きの方が普通の動きなのだと私は思います。

またテザーはドルと同じ価値のものをテザー社というただの企業が発行している状態です。これをドルの発行権を持つFRB(連邦準備銀行)がこのまま許すのかどうかも気になっています。

というのもFRBは昔から通貨発行権に対して異常な執着を見せており、ケネディ暗殺すらケネディがドルの発行権限をFRBから政府に移譲しようとしたからだと言われるくらいです。

なので個人的にはFRBがこのままテザー社のUSDT発行を黙認しておくはずがないと思います。

恐らくこういったZENやUSDTのような既存の政府通貨と同じ価値を保証するペッグ通貨はこれから中央銀行にしか発行権限がないようになると思います。

そういったこともこれからの仮想通貨の法整備で議論されていく課題でしょう。

またビットコインは手数料も安定しませんし、ライトニングネットワークの存在も個人的にはかなり疑問符がついているので、私はビットコインキャッシュの方が本来のビットコインに即したものではないか?と思います。

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の将来性・チャート・購入できる取引所

日本の有名ビットコイナーが教えてくれないライトニングネットワークの嘘と真実

終わり

今のBTCの未来は正直明るくありませんが、仮想通貨の未来は明るいです。

2030年までに、円やドルのような法定通貨の内、25%が仮想通貨によって取って変わられるという専門家がコメントしていますし、その前兆としてリップル(XRP)による送金革命も着々と進んでいます。

今の仮想通貨はビットコインが基軸となっており、ほかのアルトコインの価格もビットコインに大きく影響される状態ですが、それもそのうち変わってくるかと思います。

明日から変わることはないでしょうが、時間が解決してくれるまで気長に待ちましょう。急な変化には反動が来ます。

ゆくゆくはリップル(XRP)かビットコインキャッシュ(BCH)が基軸となっていく未来を想像しています。

The following two tabs change content below.

刃牙

株式投資3年目。2017年に仮想通貨に参入し、大幅上昇で一時億り人になるも2018年の一連の騒動で転落中。最近は株式投資と仮想通貨に関連するテーマを記事にしています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク