Warning: Constant TRUE already defined in /home/tkdmjtmj/dmjtmj-stock.com/public_html/wp-content/plugins/amazon-associates-link-builder/plugin_config.php on line 107
エリザベス・ウォーレン氏の「反仮想通貨軍団」が、アメリカでの仮想通貨禁止につながる可能性はあるか? | 投資まとめ

エリザベス・ウォーレン氏の「反仮想通貨軍団」が、アメリカでの仮想通貨禁止につながる可能性はあるか?

仮想通貨
スポンサーリンク

Could Elizabeth Warren's 'Anti-Crypto Army' Lead to Crypto Ban in U.S.?
米国上院議員であるエリザベス·ウォーレンは、彼女の反暗号通貨姿勢とともに、暗号通貨の反対勢力を率いています。彼女は最近、暗号通貨を悪用して犯罪行為が増加し、規制が強化されなければならないと言いました。

この声明には、暗号通貨コミュニティ内で懸念が広がっており、米国政府が規制を強化し、暗号通貨を禁止する可能性があるとの不安があがっています。ウォーレンは、ビットコインに代表される暗号通貨の潜在的な脅威について熟考していると述べています。

また、彼女は暗号通貨の規制について、米国証券取引委員会(SEC)や商品先物取引委員会(CFTC)と協力する必要があると指摘しています。米国のハウスバンキング委員会は、暗号通貨取引所を規制する法案を可決しました。彼らは、暗号通貨が違法な目的で使われることを防ぐために対策を打つ必要があると主張しています。

暗号通貨の規制については、世界中で議論がされていますが、米国での規制強化による暗号通貨取引所の閉鎖は、暗号通貨コミュニティに大きな影響を与える可能性があります。

暗号通貨が禁止される場合、それは暗号通貨の密な取引市場を終わらせ、マイナー、取引所オーナー、投資家の生業を奪い、将来のイノベーションを防ぎます。しかし、規制によって暗号通貨の市場に透明度がもたらされ、違法行為がなくなるという可能性もあります。

暗号通貨の将来についての不確実性が広がる中、暗号通貨コミュニティは、暗号通貨を合法的な投資手段として認めるための法規制に取り組む必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました