リップルCEO、SEC委員長ゲンスラーほど独裁者のような振る舞いをすると指摘

スポンサーリンク

gary gensalr
リップルのCEOであるBrad Garlinghouseは、SEC(米国証券取引委員会)の議長であるGary Genslerが「自治主義者のように振る舞っている」と非難しました。彼は、Genslerがより多くの権限を持ち、イノベーションを妨げる可能性があると述べました。

Garlinghouse氏は、最近のインタビューでGensler氏を批判し、「彼が経験豊富な金融業界のプロフェッショナルであることは理解できるが、自らの考えに固執して、イノベーションに対して過度に権限を行使することで市場を妨げることになる可能性がある」と述べました。

Garlinghouse氏はまた、Gensler氏が暗号通貨業界に対する取り組みを強化する傾向にあることを指摘し、「彼が過去にビットコインについて述べたように、多くの仮想通貨に対して彼の思想的立場がある。彼は、暗号通貨とブロックチェーン技術についてより深く理解する必要がある」と述べました。

これにより、リップルとSECの紛争が再び浮上する可能性があります。リップルは、今年初めにSECに訴えられ、XRP(同社の暗号通貨)が証券であるという主張をされました。この訴訟に対して、リップルは抗弁し、XRPは証券ではないと主張しています。現在、この訴訟はまだ解決していません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました