【仮想通貨】Token Payの概要とICOの参加方法

TOKEN PAY(トークンペイ)の概要

トークンペイは銀行プラットフォームとし、ロードマップによるとTokenPay(トークンペイ)を通じて取引の匿名化の処理を施すというシステムを搭載することを目指しています。

通貨名称: TokenPay
ティッカー: $TPAY
総発行数: 2500万枚

匿名通貨の需要の増加

仮想通貨で最も有名だといえるビットコインは匿名性が高くマネーロンダリングに使われるなどと書いてある仮想通貨の参考書がたまにありますが、厳密にいうとビットコインに匿名性はそこまでありません。

というのもビットコインはアドレス自体に匿名性はありますが、ウォレットの中身と取引履歴は世界中に公開されています。

なので、取引した相手に自分が持っているビットコインの残高を知られるリスクがあるのです。

メインのウォレットとサブのウォレットに分けておけばいいじゃん?と思う人もいると思いますが、結局そのメインとサブのウォレット間でのビットコインのやり取りも世界中から丸見えなのでこいつのメインウォレットはこのアドレスでこいつはこれくらいビットコインを持ってる的のがバレてしまうわけですね。

実際、日本でビットコインの存在を有名にしたMtGoxの破綻事件ですが、このマウントゴックスからビットコインを盗んだ犯人は2016年にギリシャで捕まっており、厳密にはビットコインに匿名性はありません。

まあこういうことは今まであまり注目されていなかったのですが、ビットコインの価格が100万円を超えると、日本でもチラホラ聞くように仮想通貨長者がたくさん誕生し彼らが自分たちの資産を安全に保管したいという理由から最近匿名系仮想通貨が非常に注目されているのです。

その煽りを受けてコインチェックでお馴染みの匿名通貨であるDASH(ダッシュ)やMonero(モネロ)などは最近にかけて大きく値上がりしていますし、匿名系仮想通貨のADKのICOも大成功しています。

そしてADKの次の匿名系仮想通貨のICOがこのToken Payなので、私はこのICOに注目しています。

Token Payの注目すべき点

Token Pay(トークンペイ)は上述したように完全ではありませんが高い匿名性を持っています。

そしてToken Payの注目すべき点としてはバヌアツの銀行と提携を予定しているという点です。

このバヌアツという国は日本にはあまりなじみのない国ですが、南太平洋のシェパード諸島に位置する島国でイギリス連邦に加盟しているイギリスの国外領土です。

そして、同じくイギリスの国外領土であるケイマン諸島と同じく税金がなく、バヌアツはタックスヘイブン(租税回避国)として非常に有名です。

要するに銀行関連×匿名性の万能スペックで、銀行と匿名とくればこの前爆発したADKを連想させるので第2のADKになる可能性が十分にあるといえます。

そして、最近急騰していた匿名仮想通貨のXVGもICOに協力しているようです。またWP(ホワイトペーパー)によると、プロジェクトにXVGが協力しているだけあってなんと将来的にはデビットカードでXVG決済ができるようになるみたいです。

そして性能面でも既存の匿名通貨よりも上となっており、技術的にも期待できます。

またウォレットもすでに開発済みで公式サイトからダウンロードが可能となっています。(ICOに参加してトークンを受け取る際には、このウォレットが必須になります。)

Token Pay(トークンペイ)のICO参加のメリット

TOKENPAYのICOに参加するメリットとしては、まずボーナスがいいという点があります。

特に12月7日~13日のトークンセール初週だとなんとボーナスが100%加算されます。

100%ということは、同じ購入額で本来購入できる数量の2倍のトークンがもらえることになるので破格のお得さといえます。

Token Payの購入方法

トークンペイのICOの参加方法はToken Payの公式HPアクセスし、メールアドレスとパスワードを登録してトークンペイ購入分のビットコインを入金するだけです。

Token Pay(トークンペイ)のICOは最低0.002BTC(約2800円)から参加可能で、初週ならば1BTC=4000TPAY購入することができるので、本来は1TPAY=約700円のところ1TRAY=約350円で購入できることになります。

そして、ICOが終了すると自分のトークンペイのウォレットに購入した分のTPAY(+Bonus)を送ることができるようになるみたいです。

トークンセールは2018年の1月17日に終了し、その後独自の取引所に上場されるみたいです。

終わり

Token Payは上で触れたように匿名性×銀行提携のプロジェクトと暴騰したADKとファンダメンタル要素が非常に酷似しています。

ADKの上場価格はICOの公募価格から約15倍にもなっているので、ADKとほぼ同じようなファンダメンタル要素がToken Payも同じような価格上昇(テンバガー)が起こる可能性があるといえます。(まさに第二のADKですね)

ICOとしては、匿名性×銀行との提携で話題性アリ。加えてアドバイザーに匿名通貨のノウハウがあるVerge(XVG)がついていますので、上場で公募割れの確率は低いでしょう。

また今まで数多くのICOに参加してきた仮想通貨界隈に有名人たちも比較的好反応が多く、このToken PayのICO結構いけるんじゃないかなと思います。

そしてなんといっても初週に参加した場合は倍のトークンが貰える(実質半値で購入できる)ので上場価格が購入時から半値以下にならない限り損をすることはありません。

今後、Verge(XVG)と同じくBINANCEやBITTREXのような大手仮想通貨取引所上場するような事があれば、利益も期待出来ると考えます。

僕はADKのICOに参加しなかったことを非常に後悔しているので、今回は少し多めの額で参加するつもりです。

この記事を見て興味が沸いた方はぜひICOに参加してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク