【仮想通貨】PoW・PoI・PoS・PoCの違いについて

最近、いろんな仮想通貨に焦点が集まっていますが、仮想通貨をリサーチするとよく「〇〇はPoSだから~」とか「PoWはオワコン」などといった情報を目にすることが多いです。

今回はこのPoWとかPoSとかPoIとは何なのか?そしてそれぞれどういった違いがあるのかについて解説していきたい思います。

ブロックチェーンにおける取引検証作業

仮想通貨で一番の有名どころであるビットコイン、このビットコインには皆さん恐らく知っていると思いますが、ブロックチェーン技術というものが使われています。

このブロックチェーンによる分散台帳システムは、このブロックチェーン上ににおいて、どうやって取引が不正でなく正式なものあるかを確認するのかというと、1つの取引台帳を複数のサーバーに分散させて保存し、取引のたびにすべてサーバーのその取引内容を確認し、正しいと認められたものをブロック(台帳)に記録していきます。

今の私たちが使っている紙の紙幣や硬貨は以前誰が持っていたのかは知る由がありませんが、ビットコインには全てのBTCに、Aさん→Bさん→Cさんに渡ったという記録が記載されているのです。

この記録をすべて改ざんするには、世界中のすべてのビットコインのサーバーをハッキングし、一からその記録をすべて書き換えなければいけませんが、量子コンピューターレベルの処理速度が必要となるためまず不可能です。(仮に量子コンピューターができても量子暗号もありますし簡単にはいきません)

これゆえビットコインは取引の改ざんが困難であり、特定の企業が管理するこれまでの電子マネーやポイントより安全とされ、ブロックチェーン技術は世界中の企業や政府に注目しています。

【仮想通貨】ビットコインのブロックチェーン技術が注目される理由

しかし、これにより取引速度が他の決済手段より遅くなるというのが今ビットコイン、ブロックチェーン技術自体が直面している問題(スケーラビリティー問題)です。

【仮想通貨】ビットコインが抱える2つの大きな問題点

そして、このブロックチェーン技術を用いた取引の合意検証の方法にはいくつかの種類が存在しており、それが巷で言われるPoWPoSと呼ばれるものなのです。

こういった取引検証の手伝いともいえるマイニング/ステーキングは、家庭にあるPCでも可能ですが、最近は企業が大規模サーバーを使ってマイニングに乗り出していることもあり、個人が成果を出すのは難しくなっているというのが現状です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

PoW(proof of works)とは?

PoW(proof of works)とはビットコインやモナコインが採用している取引検証方式であり、取引検証作業をするとその報酬として、一定確率で新しいコインがもらえるという仕組みであることからよく「マイニング」と呼ばれています。

そして、この取引検証作業でもらえる報酬が「マイニング報酬」と呼ばれるものであり、現在はまだビットコインが掘りつくされていないため新しいコインが貰えますが、2100万枚を掘り終えると取引手数料として私たちが払ったビットコインがマイニング報酬として受け取ることができます。

ビットコインの採掘(マイニング)とハッシュレートの分かりやすい説明

PoS(proof of stake)とは?

PoS(プルーフ オブ ステーク)とは、イーサリアムなどが採用している取引検証方式です。

【仮想通貨】イーサリアム(Ethereum)とは何なのか?

PoSは簡単に言うと、単純に取引の検証作業を手伝った量(PCの計算量)に比例してもらえるのではなく、その仮想通貨の保有量に比例して新規発行の仮想通貨が貰える仕組みです。

このため消費電力的にもビットコインのPoWよりも少なくすむため環境に優しく、現在主流となっている方式です。

マイナーコインだとPoSのマイニング(PoSシステムのコインを購入して保有)をすることによって不労所得を得られることもあります。

ですが、保有枚数が多ければ多いほど配当が貰えるというのは先行者利益が大きすぎるなどPOSはネズミ講のような性質があるという批判もあります。

PoIとは?

PoI(Proof of Importance)とは、NEM(ネム)などで使用されている取引検証方式です。

【仮想通貨】NEM(XEM)の今後の将来性・チャート・取引所・購入方法

日本語に訳すと「重要性の証明」になります。PoIは残高・取引回数・取引量などから総合的に判断されスコアリング化されています。

つまりネムをたくさん持っているだけでなく、取引などでNEM(ネム)を多く利用している人が恩恵を受けられる仕組みです。

NEM(ネム)はネットワーク内での重要度が高い人を優先しているのです。ネムにおいてマイニングはハーベスティング(収穫)と呼ばれています。

これは一定量以上に保有している人がノード(サーバー)を立てて、NEMの取引を検証する方式です。NEMだと300万XEM以上持っている人がSN(スーパーノード)となりサーバーを立ててNEMの取引の検証を行い、それのよるノード報酬を得ています。

300万XEM以下だと今のところ1万NEMからハーベストを行うことができ、NEMの公式ウォレットであるNanoウォレットに入れておくだけでわずかながら報酬を得ることもできます。

PoC(Proof of Consensus)とは?

PoC(プルーフ オブ コンセンサス)とは、リップル(XRP)が採用している取引検証方式です。

【仮想通貨】リップル(Ripple)とは?その購入方法と将来性について

このPoCは誰でも取引検証作業ができるPoW・PoSとは違い、発行主体が認めた機関だけが取引のノード(バリデータ)を立てることができ、彼らだけが取引の合意検証作業ができる仕組みになっています。

この性質からPoCは、よく中央集権だとPoWが好きなビットコイン原理主義者からよく非難されますが、PoCでサーバーを立てるのは世間的に信用の高い企業や機関が多いので取引検証の信頼性はPoWにまったく劣らないと個人的には思っています。

またリップルのバリデータは既に55か所に分散されており、十分に分散されていると言え、むしろ不特定多数の一般人よりも発行主体から認められた信用のある企業や機関が取引を検証・監視しているほうが信頼性は高いと言えます。

リップルにおけるPoCで取引の検証作業を行っているバリデーターは現時点で55存在しており、日本だとSBIやセコム、海外だとハーバード大学などがあります。

終わり

とりあえず大まかなブロックチェーン技術(分散台帳技術)の取引検証方式の種類とざっくりとした説明はこんな感じです。

仮想通貨取引検証アルゴリズムは、wavesのLPoSなど色んな派生形も存在します。

【仮想通貨】Waves(ワベス)の購入方法とチャート・将来性についてのまとめ

一応他にも通貨自体を償却し一枚あたりの価格を高める仕組みであるproof of Burn(通称Burn)も通貨によっては存在します。

また他にもアルトコイン群を見てみると、ByteBallのDAGやスカイコインのオベリスクようなブロックチェーン技術(分散台帳技術)とはまた少し違った取引検証方式を採用している仮想通貨も存在します。

【仮想通貨】SKYCOIN(スカイコイン)の将来性・チャート・購入できる取引所

【仮想通貨】byteball(GBYTE)の特徴と将来性、チャート・購入方法のまとめ

仮想通貨の価格も大事ですが、それを支えるコンセンサスアルゴリズムについて技術面に興味のある方はぜひ調べてみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.

刃牙

株式投資3年目。2017年に仮想通貨に参入し、大幅上昇で一時億り人になるも2018年の一連の騒動で転落中。最近は株式投資と仮想通貨に関連するテーマを記事にしています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. skylake より:

    Rippleの欄に関する事で以下2点訂正をお願いしたく、ご連絡させていただきました。

    1.Proof of Consensusという用語はございません。誰かがPoC(Proof of Concept)を誤用し、広まったものと思われます。
    RippleのXRP Ledgerの場合、単にコンセンサス、或いはコンセンサスアルゴリズムと呼ばれております。

    2.手数料に関して、バリデータやRipple社が手数料を受け取っている訳ではなく、完全に破棄されます。
    (したがって、XRPの総発行量は1000億XRPから徐々に減少しています。)

    以上、よろしくお願い致します。

  2. tone より:

    Proof of 「Stake」です。ステーキだと何か美味しそうで個人的には好きですけど間違いです。

  3. […] PoS(proof of steak)とは? […]

  4. […] インの獲得と沖縄での消費を促すモチベーションを設計したいと考えています。※NEMのPoIとリップルのPoCをかけあせた仕組みが最もイメージが近いかもしれません(違いはこちらから)。 […]