【仮想通貨】WAVESの時価総額とプロジェクトの詳しい解説

WAVES(ワベス)とは?

【仮想通貨】Waves(ワベス)の購入方法とチャート・将来性についてのまとめ

ブロック生成時間:1分
取引手数料:低(0.001 WAVES)
取引速度:最大1,000トランザクション/秒

WAVES:「トークンと合法性、平等な移転とスマートコントラクトといった特徴をすべて持っています。私たちの目標は、現実世界のビジネスの要求を満たす、セキュリティーが高く・柔軟なWavesによる経済圏を構築し、運営することです。

Waves公式HPより引用

仮想通貨には、当たり前ですが作られた目的があります。例えばビットコインなら、銀行を介さない非中央政権による価値のやり取り、リップルならswiftに取って代わる国際送金の費用や時間面での革命などです。

ではWaves(ワベス)は何を目指しているのかというと、Wavesは「トークンを発行・流通させるためのプラットフォーム」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Wavesはなぜ注目されているのか?

WAVESは、使いやすさと大量採用のために設計され、ブロックチェーン上のカスタムトークン操作に焦点を当て、資金調達、クラウドファンディング、ブロックチェーン上の金融商品の取引などの活動を促進する完全に分散された、取引が透明で監査可能なブロックチェーンプラットフォームです。

「誰でもWavesを使用して、独自の暗号トークンを公開、配布、および取引することができます。Wavesは、ビジネス導入に必要なすべての機能を提供する包括的なブロックチェーンエコシステムを構築しています。このプラットフォームには、ユーザーアプリケーションを簡単に構築できる強力なツールとサービスが多数あります。」

Waves公式HPより引用

つまり、WavesはWavesを使って発行されるスマートコントラクトなどの機能を盛り込んだ便利なトークンを誰もが簡単に作成・流通できるようにするのがプロジェクトの目標です。

このWavesによって作ることのできるカスタムトークンの用途は非常に柔軟で、ブロックチェーンを介した国の通貨の転送から分散型取引まで、さまざまなアプリケーションで使用できます。

実際、Wavesはウォレットから文字通り2回のクリックでカスタムブロックチェーントークンを発行でき、アプリケーションの機能の一部としてCAT、カスタムアプリケーショントークンとして使用できます。

ほんの一例としてはICOを行い、あなたの仮想通貨を投資家に売り込み、クラウドセールを通じて資金調達をすることもできます。

これは資金を調達する新しい方法であり、このあなたが発行した仮想通貨は基本的に新しい種類の証券です。

つまりより柔軟なVALUのようなことが個人・企業問わずにできるようになるわけです。

Proof-of-Stake(PoS)

WAVESは取引の承認方式として、Proof-of-Stake(PoS)を採用しています。PoSプロトコルは、トランザクション時間の短縮とトランザクションスループットの向上を目的としたものです 。

これを「リース(Leese)」といい、ウォレットに保有しているWavesをリースしておくとWAVESがウォレットを実際に離れることなく、新規にWavesを受け取ることができます。

PoSでは、各々のウォレットのWavesの保有量にしたがって、新しいWavesを受け取ることのできます。(0以上ならだれでも可能です。)

軽度のノードから完全なノードへの明示的なバランスリースによって、ビットコインの51%アタックのような少数のノードに取引の認証の過半数を支配されるリスクがなくなります。

Wavesコミュニティトークン

Wavesプラットフォームは、カスタムアプリケーショントークンとコミュニティベースのプロジェクトに関するものです。

Wavesコミュニティトークン(WCT)は、Wavesプラットフォームで開始されたクラウドファンディングキャンペーンのコミュニティ評価ツールを提供し、定期的な資産配分の形でWAVESトークン所有者に追加の収入ストリームを提供することにより、長期保有を促します。

WCTは、交換を除いたすべてのWaves保有者に9ヶ月以上の段階で段階的に配布されます。配布はWAVES残高のスナップショットに基づいて毎月15日に行われます。

すべてのWCT資産の20%が最初の月に配布され、その後10%が配布されます。このようにして、WCTは常にすべてのアクティブな保有者に価値を追加します。

WCTの次の段階では、今後開催される投票機能を使用します。

カスタムアプリケーショントークン(CAT)

カスタムアプリケーショントークン(短いCAT)は、基礎となるブロックチェーンによって暗号で保護される最も簡単な形式のデジタルトークンです。

Waves Platformは、企業の関心とニーズに合わせて、この機能のプラットフォーム全体を構築することによって、デジタルトークンを新しいレベルに引き上げています。

目標は、以前の知識にかかわらず、すべてのユーザーが自分のデジタルトークンを発行して管理できることです。

1波の発行手数料は非常に妥当であり、私たちのプラットフォームを実験するプロジェクトにインセンティブを与えるものとします。

さらに、Wavesはそのトークンを可能な限りカスタマイズ可能にしたいと考えています。場合によっては、CATを再発行可能にするオプションがあります。つまり、最初の作成後にさらに発行枚数を増やすことができます。

トークンの柔軟性 により、Wavesとユーザーは、ネイティブのWAVESトークンではなく、ブロックチェーン上に存在する他のトークンにトランザクション料金を支払うことができます。

各フルノードは、それがトランザクション料金として受け入れるトークンをそれ自体のために定義することができる。

これにより、企業は、第2のもの、すなわちWAVESを考慮に入れるのではなく、自分のトークンを扱うだけで済む閉じたエコシステムを作成することができます。

WAVESは、1つのカスタムトークンと別のカスタムトークンの取引(資産対資産取引)を提供することで、分散型ブロックチェーン取引の重要な一歩を進めています。

これにより、国内通貨に関連するトークンとの取引を含む、全く新しい機会が開かれ、伝統的なトレーディング・インフラストラクチャーが再現されます。

「Nxtが実装したアプローチを開発し、カスタムトークンの作成と、ブロックチェーントランザクションに追加された添付ファイルを使用した転送」を実現しました。

このアプローチでは、新しいトランザクションタイプを簡単に実装できるというメリットがあります。

WAVESは、コアソフトウェアモジュールに含まれていないプラグインを介して新しいトランザクションタイプが導入される拡張可能なソリューションを提供することで、この問題に近づいています。

関連するプラグインがインストールされていないクライアントは、引き続きこれらのカスタムトランザクションをリレーできます。

Wavesは、サードパーティの開発者が新しいトランザクションタイプを導入しAppstoreのようなエコシステムを構築できるようにします。

そして、これらの個人や企業が作ったカスタムアプリケーショントークンとコミュニティベースを取引する場所が、Wavesのウォレットに搭載されている分散取引所「DEX」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク