【仮想通貨】アトミックスワップ(AS)についての簡単な解説

先日LTCとBTCの間で世界初?のアトミックスワップが成功し、注目を集めています。

アトミックスワップとはなにか?

アトミックスワップとは、相手を信用する前提をおかずに、互いのコインを交換することができる技術のことを指します。

基本的に見知らぬ2者間で通貨の取引をするには、どちらかがまずコインを相手に送ることが必要になります。そしてコインが相手に届いたことが確認されれば、相手はコインを送り返す。これが一般的です。

しかし、この取引が成立するためにはどちらが相手を信じて先にコインを送る必要があり、これがネックです。

この問題をアトミックスワップでは解決することができます。というのもアトミックスワップでは相手を信用する必要なく、コインの交換を行うことができるようになるからです。

 アトミック・スワップでできること

このアトミックスワップが実現すると、管理者の存在する取引所を通さず、安全にコインの交換ができるようになります。ようするに分散取引所です。

もちろん取引所の信頼の代わりに暗号通信を行う手間があるので、取引速度は中央的な取引所に劣りますが、17年9月におきた中国の取引所閉鎖の事例のように、閉鎖のリスクや、取引所GOXのリスクや、資産差し押さえリスクなどに対して有効だと言えます。

【どうなるビットコイン!?】中国がとうとう仮想通貨・ICOの規制に動き出す!!!

分散取引所に関しては、wavesのDEXやイーサ系のトークンを取り扱うEther Deltaなど既に存在します。

【仮想通貨】Waves(ワベス)の購入方法とチャート・将来性についてのまとめ

しかし、実際に分散取引所を利用してみれば分かるのですが非常に取引速度が遅くとても満足のいくものではありません。

数種類もの異なる仮想通貨のやり取りするアトミックスワップの欠点は取引処理速度が遅いことにあります。

ひとつの取引が完了するまで何ブロックも経過する必要があるため、リアルタイムな売買では中央集権取引所とは比較にならないのです。

しかし、この問題点はLN(ライトニングネットワーク)を組み合わせることで解決することができる可能性があります。

将来的にユーザーがライトニングのチャネルに接続し、その利用者同士で高速なアトミックスワップが行うことで高速な分散取引所が可能なるかもしれません。

ここまでくると、各コインのブロックチェーンが同士が、アトミックスワップや、ライトニングネットワークなどを通して相互につながり、全体としてネットワークのようなものを構成することになり、誰にでもその人の希望するコインで、瞬時に、トラストレスにコインの決済ができることになります。

これがビットコインやライトコインの目指しているものであり、数年のうちに実現する見込みだと思われます。

【仮想通貨】ライトコイン(Litecoin)の価格が上昇する5つの理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

終わり

現在、仮想通貨はビットコインやイーサリアムなどの色んな種類の仮想通貨が存在していますが、これらはどれかひとつだけが生き残るのではなく、共存共栄を目指しています。

そして企業や自治体も自分たちの仮想通貨を発行し始めています。例えば、17年9月には大阪のあべのハルカスがハルカスコインというものを作り、すでに試験運用を行っていたり、SBI証券もSコインという自社で使用できる仮想通貨を作り始めています。

こういった各々のコミュニティーで作られた互換性のない仮想通貨を繋げる技術がアトミックスワップです。

こういった種類の異なる通貨間のブリッジングはリップルも目指しているもので、アトミックスワップとリップル、どちらが覇権を手にするのか注目です。

仮想通貨の本命がリップル(Ripple)だと確信する理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク