SBI北尾社長の語る、仮想通貨リップル(XRP)による今後の事業展開

2017年9/19~22の4日間、フィンテック(金融×テクノロジーの融合)をテーマにしたイベント「FIN/SUM WEEK」が日本で開催されました。

文字に起こすと上みたいな感じですが長いのでざっくりまとめます。

分散台帳技術を用いた送金革命

SBIはリップル社に出資しており、リップル社の発行仮想通貨であるXRPの約11%を保有中、ほかにも、資本比率6:4で「SBI Ripple Asia」を設立。

この「SBI Ripple Asia」は内外為替一元化コンソーシアムの主催企業です。

【国際送金】内外為替一元化コンソーシアムとは何なのか?リップルとの関係は?

ざっくり言うと、内外為替一元コンソーシアムは、以下のことを実現を目指している企業群プロジェクトです。

1.国内外の送金コストの削減
2.24時間リアルタイムの決済
3.決済インフラコストの削減
4.顧客の送金手数料の削減

この内外為替コンソーシアムにはすでに61行の金融機関が加入。メガバンク3行、ゆうちょ銀行、農林中金など大手金融機関も参加しています。

海外国際送金に関しては、SBIレミットとタイのサイアム商業銀行の間でリップルソリューション(ILP)を使用した国際送金の実験を成功させ、日本と韓国の間でも国際送金も既に試験中であり、ILPだけではなく仮想通貨であるXRPを用いた国際送金も予定されています。

【仮想通貨】XRP(XRP Ledger)の特徴と将来性、ILPとの関係性について

仮想通貨XRPの利用意図


ILP(リップル社の分散台帳技術)では国際送金コストを33%しか削減できないが、仮想通貨XRP使えば、国際送金コストを60%削減することができる。

•ビットコインと比較してXRPは、決済までの時間が900分の1で、1秒あたりのトランザクション件数(処理速度)は250倍以上、平均取引コストは1600分の1である。これはXRPを用いることがいかに効率が良いかを証明しているとのこと。

【仮想通貨】リップル(Ripple)とは?その購入方法と将来性について

【リップル】ILPにおいてXRPは使われるのか!?

よくILPは使用されるがXRPは使われないという意見の方がいますが、ILPに一番マッチする仮想通貨は同じリップル社の作っているXRPであり、ILPの普及≒XRPの普及だと私は考えています。

そして、SBI証券は子会社にSBIレミットという国際送金を主業務とした会社が存在します。

 マイニング会社「SBI Crypto」の設立

他にもSBIでは、リップル(XRP)だけでは他の仮想通貨のマイニングも行っており、ビットコインキャッシュが発表される直前の2017年8月に、マイニング会社「SBI Crypto」を設立して、ビットコインキャッシュのマイニングを開始しています。

※ビットコインキャッシュ = 8月にビットコインから分裂して生まれた新しい仮想通貨。ビットコインのブロックサイズ(送金情報の入った箱)が1MBなのに対して、8MBなので8倍の収容能力を持つ仮想通貨

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の将来性・チャート・購入できる取引所

このビットコインキャッシュ(BCH/BCC)のマイニングに関しては、明確な事業内容については企業機密だが、もうすでにプロジェクトは進めているとのことです。

個人的にはこのビットコインキャッシュ(BCH)の存在はSBI証券の決算発表で北尾社長が強く推していたので興味を持ち始めていたのですが、調べれば調べるほどビットコインキャッシュこそが本当のビットコインであると感じています。

ビットコインキャッシュ(BCH)が真のビットコインになる可能性

スポンサーリンク
スポンサーリンク

国内外に仮想通貨取引所の設立

この講演でも北尾社長は国内仮想通貨取引所「SBI バーチャルカレンシー」と国際取引所「SBI MAX」の設立を予定していると改めて発言しました。

【仮想通貨】SBI株主総会でグローバルな仮想通貨取引所SBI MAX(仮称)が発表!

国内取引所であるSBIバーチャルカレンシーについて、既に公式HPもありますし17年10月に仮想通貨交換業者認定を受けています。

しかし、金融庁の対応の遅れや政府側の仮想通貨に対する認識と法整備の遅れが取引所開設においてネックとなっているようで前ほどのテンションはない様子。

7月の株主総会とは違い、上述したビットコインキャッシュ(BCH)のマイニングに今は一番関心が向いているようです。

北尾社長は改めてリップル社の仮想通貨XRPを11.05%(約110憶XRP)を保有しているとし、手持ちのXRPとマイニングしたビットコインキャッシュ、あるいはビットコインを利用して「Global MAX」を通じて、世界規模での仮想通貨取引所を具現化していくとのことです。

加えて国内においても「SBI Virtual Currencies」で主要仮想通貨やグループコイン、地域トークンも扱っていきたいとのこと。

仮想通貨を基盤とした新たな金融体系の構築

他にも「仮想通貨関連のポータルサイト」をモーニングスターと作成準備しており、COMSAなどに始まるICOに関しても、ICO発行企業の格付けや取引所の評価もモーニングスターと提携して行う予定とのことです。

そして仮想通貨のヘッジファンドをアメリカの会社と伴に設立することを近日予定しており、仮想通貨のデリバティブ市場(金融派生商品の市場)の創設もアメリカの会社とともに交渉中のようです。

【株価分析】SBI証券の今後の将来性と株価予想

まとめ

『このように仮想通貨を現実化していくためには、様々なインフラが必要になってきます。それを私たちがSBIがつくっていきます』とのことでした。

北尾社長の講演の終わりの「未来を予言することは難しいですが未来を作ることはできると信じています。」

この発言にはSBI・XRPに投資している私には非常に感銘を受けました。北尾社長にはソフトバンクやライブドアなどと色々因縁はありますが、SBIという弱小証券会社をこの10年でネット証券会社の中でトップにまで押し上げた実績があります。

私は今後の日本の金融市場における仮想通貨を用いた伝統的金融システムの大改革を、不甲斐ないメガバンクたちに代わり、SBIが率いてくれることに大いに期待しています。

リップラーの端くれとしては、まず年内に開設予定の国内仮想通貨取引所「SBI Virtual Currencies」において、リップル社のXRPがどう扱われるかに大注目です。

SBI証券のフィンテック分野における事業内容は 実践FinTech フィンテック革命の戦士たち (日経ムック) という本に詳しく書かれているので、興味のある方は是非一読してみてください。

私が穴場だと思っている国内の仮想通貨取引所 QUOINEX もこの本に取り上げられています。

仮想通貨取引所QUOINEX(コインエクスチェンジ)の評判と実際に使ってみた感想

口座開設の先行予約はこちらからできます。

https://www.sbivc.co.jp/adv/

 17/12/24追記:

従来のSwiftによる国際送金のよる不便さとリップルの送金技術についてはこのアフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者という本が分かりやすく解説しています。リップルやブロックチェーン技術に興味のある方はぜひ読んでみてください。

The following two tabs change content below.

刃牙

株式投資3年目。2017年に仮想通貨に参入し、大幅上昇で一時億り人になるも2018年の一連の騒動で転落中。最近は株式投資と仮想通貨に関連するテーマを記事にしています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク