【国際送金】内外為替一元化コンソーシアムとは何なのか?リップルとの関係は?

内外為替一元化コンソーシアムとは?

内外為替一元化コンソーシアムとは、ブロックチェーン・分散台帳技術(DLT:Distributed Ledger Technology)などの新技術を活用し、国内為替と外国為替を一元化し、24時間リアルタイムでの送金インフラの構築を目指してる組織です。

この内外為替一元化コンソーシアムは、「SBI Ripple Asia」が事務局を務めており、実質北尾氏がトップを務めるSBI証券が主導している組織だと言えます。

ちなみにこの「SBI Ripple Asia」はSBI証券の子会社であり沖田 貴史氏が代表取締役を務めています。

SBIリップルアジア公式⇒ SBI Ripple Asia | Ripple

ツイッターアカウント⇒ 沖田 貴史 T.OKITA (@OKITATakashi) | Twitter

内外為替一元化コンソーシアムの参加銀行

内外為替一元化コンソーシアムの参加銀行は、16年10月に地域金融機関やインターネット専業銀行等を含む42行と共に発足し、4月3日の段階で50行に達しています。

そして、17年7月には三井住友銀行とゆうちょ銀行が、新たに参加を表明しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

内外為替一元化コンソーシアムの活動

RCクラウドの実証実験

内外為替一元化コンソーシアムは、ブロックチェーン関連技術(分散台帳技術)を活用し、外国為替に加えて内国為替も一元的に扱う決済プラットフォーム「RCクラウド」の実証実験を実施したことをお知らせいたします。

「RCクラウド」の構築は、Ripple社の次世代決済基盤(Ripple solution)をクラウド上に実装する日本発・世界初の試みであり、今回の実証実験では、商用化段階と同程度の「RCクラウド」上に構築されたRipple solutionを利用し、外国為替および内国為替での送金機能が、PoC環境で動作することが確認されました。

今後も参加金融機関がRipple solutionのAPIをより簡易な方式で利用可能とするための共通GW(ゲートウェイ)や共通の送金アプリ、法的課題等に関する多面的な検討を行っていきます。

RCクラウドとは?

RCクラウドとは、内外為替一元化コンソーシアムに参加する国内銀行同士とRipple Solutionを導入している外国銀行とを結ぶクラウドシステムです。

国内銀行のシステム改修負担を下げ、Ripple Solutionを導入できるよう設計、開発を行いました。今後はRCクラウド上に新たなアプリケーションの開発をする予定でおり、銀行の顧客サービス向上に活用できるよう計画しています。

ここに使われているILPというところに、いずれXRPが使われるというのが私がXRPが購入している理由です。

【仮想通貨】XRP(XRP Ledger)の特徴と将来性、ILPとの関係性

まとめ

この内外為替一元化コンソーシアムというのはSBIが主導で、日本国内の銀行にリップルソリューション(XRP・ILP)を普及させていくための組織だといえます。

一方、海外でも、Ripple solutionの利用金融機関によるコンソーシアム「GPSG」が設立されており、本格的な商用化への動きが加速しています。

リップル社自身もSWELLを作ったり、タイに支社を作ったりILPとXRPの普及のためにいろいろと活動していますが、日本でのリップルの普及活動はこのSBI Ripple Asiaが担っていくようです。

ripple社がカウントダウンでSWELLを発表!!!

国際送金や取引決済のの低コスト・高速化はXRPは上がる下がる云々ではなく、私たち一般人にとっても銀行のATM手数料などの無償化につながっていくでしょうし今後もRipple社とSBIのビジネスからは目が離せません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク