投資で失敗しない(負けない)ようにするための秘訣

今回は投資で損しないためのコツについてまとめました。

投資とは敗者のゲーム

まず投資で勝てない・元本を減らしてしまう人に知っておいてほしいのは、投資とは敗者のゲームであるということです。

当たり前の話ですが、投資でもゲームでも自分が負け無ければ勝つことができます。

特に娯楽のスポーツならば楽しむことに重点をおくので勝つために試行錯誤するのも大切だと思いますが、投資などの自分の大切なお金を掛ける勝負において大切なのはどう勝つかではなくどう負けないことにあると思います。

勝てなくても負けなければ退場することはありません。投資において大切なのは大損して退場しないことが一番大切です。

金融機関が勧めてくるものを買わない

急騰しているものに手を出さない

投資を行う上での鉄則の1つには、価格は急騰しているものには絶対に手を出してはいけないということがあります。

よく移動平均線やMACDやボリンジャーバンドでシステムトレードやテクニカル分析で大儲けしようとしている人がいますが、テクニカル分析はそこまで当てになりません。あくまで参考程度の認識にしておくべきです。

雰囲気ではなくファンダメンタルで投資をする

ファンダを見抜く能力こそが投資家の価値です。このスキルを身に着けることは容易ではなく、一朝一夕に培えるものではありません。

常に経済の動向に注視し、その先を見通すためには絶え間ない勉強が必用になってきます。自分なりのファンダ分析を続けることこそが、投資対効果を最大化し続けることにつながると私は考えています。

長期目線での投資・チャートを見ない

テクニカルの情報を金に変えてるやつらはインチキ占い師と同義です。

悲観で買い歓喜で売る

自分で売り買いする

投資は自己責任と言いますがこれはまず他人に判断を委ねてはいけないっていうことだと思います。

自分で能動的に動いて決められない場合は、無理して時間やお金を使わない方がいいでしょう。

銘柄の判断は自分で行う

基本的に投資は1人でするものです。人の意見で買う銘柄は売買タイミングを決めるのは絶対にNGです。

今ではなく将来を見る

投資で勝てない人の共通して言えることは今しか見れないという点です。上がっているからもっと上がると思うから買おう、下がっているからもっと下がるし売ろうみたいな判断は極力やめましょう。

投資においてはNGなのは短期目線の投機です。ですが、日本人という人種は投機が大好きです。投資に否定的なのにパチンコや宝くじめっちゃ好きなのもそれだし、仮想通貨やってる日本人に短期的な投機目的の人らが多いのもそういうところからきている気がします

まとめ

・むやみに上で買わない

・わからないときはトレードしない

・これと決めた銘柄は値動き見ない

・吹いたらリリース(ホールド決めたのは除く)

・雰囲気悪い時からの地合い良化で安易に空売りしない

これだけで損切りの回数が格段に減りました。

高値掴みしない。 狼狽売りしない。 販売所で買わない。 イナゴしない。 だけで結構勝てますし、大損して首を括るだの家や土地を手放すなんてようなミナミの帝王あるあるも起こりません。

株式投資のちゃんとした知識を身に着けるために読むべき本

The following two tabs change content below.

刃牙

株式投資3年目。2017年に仮想通貨に参入し、大幅上昇で一時億り人になるも2018年の一連の騒動で転落中。最近は株式投資と仮想通貨に関連するテーマを記事にしています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク