東京オリンピックのボランティアは太平洋戦争の繰り返しだという話

2020年の東京オリンピック

昨年42だったスポンサーが今や52社。組織委はさらに金満になってるのに、相変わらず人をタダ働きさせようとしています。ボランティアを募集するためにチラシを何十万枚も印刷してTVCMも流すという話を聞いて、「現場で働く人間にはビタ一文払いたくないが、タダで働かせるためには金を惜しまない」という姿勢が相変わらず凄いです。

一般市民にはびた一文払う気はないけどお友達にはじゃぶじゃぶお金を回してあげようという姿勢をもはや隠そうともしていませんね。

コンパクト五輪とはなんだったのか?

こんな東京五輪も当初はコンパクトな五輪をアピールしてICOからオリンピック開催をもぎ取ったわけですが、ふたを開けてみると既に8000億円使っちゃっていて今後3兆円にまで膨らむかもしれないとのこと。。。00年代初頭辺りは平然と嘘をつくのはお隣の国の国技みたいな感じでしたが、森友学園の件と言いもはや韓国のことを笑える気がしません。

他にも東京オリンピックを主導する森元首相はサマータイムを導入するとか言っていましたが、ヨーロッパでサマータイム制度の廃止を求める人たちは、健康に悪影響がある、睡眠不足などによって交通事故が増加する、そして省エネ効果がないなどという主張が強くなってきており、EU委員会 はサマータイム制度廃止を正式提案しようとしています。

そういう話が出ているにも関わらず、サマータイムを導入しようなんて、相変わらず国のトップの考えは外国のそれと比べて1周以上遅れており、批判を通り越して呆れの領域です。

日本におけるボランティア

そして、近頃東京オリンピックのボランティアが問題になっていますが、8万人のボランティアに日給1万円払っても、たった8億円です。 20日間払っても160億円です。8000億円ものよさんがあって人件費に100億程度すら払えないってどう考えてもおかしいです。お金の使い方を間違えてると考えるのは普通の人で、政府や利権に近い人達は、正しいと思ってるし、問題にすら思っていないんでしょうね。

全国の公立校にエアコン設置&危険なブロック塀撤去→1000億円

全大学の研究に対する助成金→2150億円

国立大学の学費無償化→3500億円

0-5歳の幼児の教育&保育完全無償化→1兆1700億円

たった2週間のオリンピック→3兆円

やはり東京オリンピックにおけるボランティアのあり方はおかしいと思います。まあ東京だけではなくオリンピックはボランティアが基本ですが、10万人もの大量の無償ボランティアが前提の大会なのであれば、国民の大半の理解がないと招致しちゃ駄目だろうと思うんですよね。

加藤浩次氏が外野がごちゃごちゃいうなって言ってましたけど、利権とか関係ない一般市民からすれば上級国民のはた迷惑なお金還元セールに巻き込まれるのは勘弁願いたいわけなんです。

そもそも日本の社会システムが、それだけの条件のボランティア参加を容易に可能にしているかと言えば疑問ですし、ボランティアの定義って、『自発的な意志に基づき他人や. 社会に貢献する行為』という考え方が基本で、別に無償というのは後から付いたと聞いたことがあります。もしこれが本当なのであれば、ボランティアだからて何でもタダでやらせようってのはおかしいでしょう。

またヨーロッパの方は有償ボランティアは当たり前ですが、有償か無償かではなく自主性という精神性の方に重きが置かれているそうです。有償といっても利益を感じないスレスレのラインらしいです。最近スカッとJAPANとかYOUは何しに日本へ?あたりの番組で日本人すげええってやってますけど、その辺のメンタリティって発展途上国以下だと思いますね。

ボランティアだけではないですが、個人的にはこういうのってなんだか二十四時間テレビに通じるところを感じます。豪華なタレントには1000万近くの高額なギャラを払うのに、なぜか募金は視聴者から集める・・・これなんかおかしいですよね。上手く文章にはできないんですけど、どちらにも同じような問題があるんだろうなぁとぼんやり思っています。

ボランティアは余裕のある志ある人が行うものなのに、学生などタダで使うための口実ではないはずなのに「使われちゃう」辺りが日本の倫理観の限界だなと思います。ちなみにロンドン五輪では選手村に隣接した宿泊施設を整備して、期間中無料の交通パスも出しています、食事は選手と一緒、だから日当無しでも満足度は高かったそうです。

またかつての東京オリンピックの時は、大学生の通訳などのアルバイトに制服が与えられ、お給料も普通のバイト以上だったと、通訳者の方のインタビューで読みました。ですが、2020ではボランティアのタダ働きで、しかも大学や専門学校に、授業を休講にする事まで通知するとは…学徒動員と言われるわけです。

まあ最近になって一日1000円支給するとか言い始めていますけど、普通に考えて1日こき使われて1000円ってどう考えても頭おかしいですよ。マンガの話ではありますが、カイジの帝愛グループの地下強制労働施設ですら日当3500円くらいは貰えて、質素とはいえご飯も付いてくるし、強制労働であっても最低限の人間らしさが保証されているカイジの世界の方が幸福に見えそうなのですから漫画の世界以下の待遇です。

カイジ=地下強制労働 1日 35,000ペリカ(3,500円)

東京五輪=ボランティア 1日 1,000プリカ(1,000円)

引用:(文庫)カイジ「命より重い! 」お金の話 (サンマーク文庫)

よく日本のボランティアやインターンや社畜は奴隷だっていわれますけど、 本物の奴隷制度を持つイスラム法では奴隷には給料払わないといけないませんし、ちゃんと貯金が出来るようにしてやらないといけないですし、 ご主人様は奴隷が結婚できるように面倒まで見ないといけません。 日本の今の一般市民の処遇は奴隷じゃなくて奴隷以下です。

そして、このボランティアの日当1000円もなぜ現金ではなくプリカなのか?というところにもミソがあります。皆様気をつけてください。これは現金を日本円ではなく、プリペイドカードで支給するための布石なんですよね。

これがまかり通ると労働基本法で本来あり得なかった現金以外での支給、この場合だと派遣会社が発行するプリペイドカードでの賃金の支払いの前例を作ろうとしているわけです。

引用元:https://twitter.com/FatherPucchi/status/1042050365242441730

小泉政権時にブレーンとして「若者には貧しくなる自由がある」「正社員をなくしましょう」と嘯き、派遣労働者の枠を拡大し、労働者の所得を中抜きし利益を上げている「パソナ」会長である竹中平蔵氏は、今度から安倍政権下で「雇用改革」を議論する未来投資会議の議員を務めています。これは明らかな利益相反行為に思えるのに、なぜ誰も話題にしないのか不思議でしょうがありません。

また本来報酬の額というのは責任の額に比例するものなので、報酬がタダってことは責任もゼロって事なんですよね。

引用;https://twitter.com/Calcijp/status/1051813865686589442

だからこそ責任者は高い報酬をもらい、何かあれば責任を取るというのが仕事のはずなのですが、日本の場合は誰も責任を取らないんですよね。しいて言うなら責任者ではなく国民全体がその責任を取っているとも言えますが笑

福島の原発事故にしても、結局やらかした東電は全く責任を取っていませんし、結局国が金を出しているので国民の血税でケツが拭かれています。このあたりが軍上層部の失政を一億総玉砕だの言って国民全員に血を流させて清算した太平洋戦争の時と何も進歩していないと感じるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京オリンピックは太平洋戦争末期の繰り返し

学生の方は東京五輪のボランティア参加をやめましょう。五輪はただの巨大商業イベントで、現在42社ものスポンサーから4000億円以上集めており、無償ボラなんて全く必要ないからです。あなたがタダボラすれば、その汗と努力は全てJOCと電通の儲けになる。バカらしいよ。

どうせ本当に人が足りなければパソナ辺りの派遣会社が大量に募集をかけるでしょうし今の段階で応募するメリットなんてありません。まあそうは言っても多分高校生あたりは学校から強制的に行かされると思いますが・・・

にしても個人的に東京五輪のボランティアの一連の問題にあるのは、別に無償だとかいう話ではなくて考え方のところだと自分は思います。歴史を振り返るとこの状況、まさに第二次世界大戦の時と似てませんか?

メダルに使う「銀」が足りないと、小中学校にも金属供出しろと圧力をかけているのなんてまさに「供出」ですし、学生にボランティアというお題目で無償労働を強いるのなんて「学徒出陣・勤労奉仕」そのものです。70年前はお国のためと銘打ち、今回もボランティアという名目で断りづらい空気を作り上げています。

加えて異常な夏の暑さにも、打ち水バケツリレーとサマータイムってB29相手に竹槍訓練してたのと変わりません。1956年の経済白書にはもはや戦後ではないと書かれていましたが、70年近く経った今また戦時下に回帰している気がします。

そのうち国の社会政策とか福祉政策でおまえたち国民がわる自己責任だもっと努力しろ、そうれすればむくわれる。たぶん・・・と言い出し、行政は国民に対して何もしないことを正当化するのではないかと心配です。

まあ恐らくあと10年位でそういう未来がやってくると思います。それまでに資産や働き方など十分に自己防衛策を取っておく必要があると自分は思います。この国は何もしてくれないでしょう。太平洋戦争末期を見ても分かるように、日本の指導者層は一般市民には最大限の犠牲を強いて無理だと分かれば、そこからは自分たちの責任逃れのために書類を焼き捨てるような奴らです。今度も同じようなことをするでしょう。

基本的に歴史は繰り返すので、そういったときにどうすればいいのかを過去の歴史は教えてくれます。日本史や世界史において別に年号や人物名なんてほぼどうでもいいんです。大切なのはどういう流れになっているかです。そういう意味で近代史とかは絶対に勉強しておいたほうが良いと思います。

終わり

2020東京オリンピックは実に「日本らしい」 イベントでしょう。中高生から社会人まで、ボラン ティアに託けて十数万人規模の労働力を酷暑下で徴発。その上、今度は「買い物を控え ろ」「タダボラ参加の為に休め」などと言い出した。上級国民以外得しないイ力れた集団主義的イベントに成り果てています。

そして改めて日本ってもうオワコンだなというのを肌身で感じます。行政が必死にやって大きなプロジェクトやるたびに上級国民様が凄まじい中抜きをして、その結果出来上がるのは粗大ゴミの箱モノと下級国民の犠牲です。利権が絡んでいるのは百の招致ですが、無償の精神を押し付けるならなぜ建築会社とかが無償ボランティアで設備を建てろという話にならないんですかねー。

こういう件で思うのは日本人というのは別に勤勉でやさしいのではなくてお上には何があっても絶対服従で相互監視社会だから治安もいいだけで精神性に関して言えば、戦前と何も変わっていないんですよね。もう21世紀のグローバル社会なんだからそろそろ変えていくべきでしょう。

体感的に若い人は変わっている気がしますけどこの国は老人社会なので今の老人たちが死滅しない限り何も変わらないと思います。選挙に行ったって若者は絶対数的にもうマイノリティですし、若者が政策で優遇されることはないでしょう。なので、海外に脱出するなり色々と準備しておく必要があると思います。

The following two tabs change content below.

刃牙

株式投資5年目。2017年に仮想通貨に参入し、大幅上昇で一時億り人になるも2018年の一連の騒動で転落中。最近は株式投資と仮想通貨に関連するテーマを記事にしています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク


仮想通貨を始めるなら今!



ビットコインの価格は2009年から100万倍以上に値上がりしており、仮想通貨市場は現在急速に拡大しています。今から仮想通貨を購入するなら「リップル(XRP)」がオススメです。リップルは日本ではビットバンク(Bitbank)で一番安く購入することができます。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク