なぜSECはCoinbaseに対して負け戦を繰り広げているのか、理由を説明します

仮想通貨
スポンサーリンク


SEC が Coinbase に敗北している理由

米国証券取引委員会(SEC)が Coinbase を提訴したことで、暗号資産市場に対する影響が懸念されている。 Coinbase は、初めてアメリカの株式市場に上場した暗号資産取引所であり、世界中で現物取引や先物取引を行っている。この取引所は多くの人々にとって、暗号資産取引の安心して行えるプラットフォームであると認知されている。

しかし SEC は Coinbase が暗号資産証券を売却する場合、必要な法的手続きをしっかりと行っておらず、取締役会メンバーや幹部が利益を得ることを可能にする社内取引が行われているなどの理由から、訴訟を提起している。

SEC の主張によれば、Coinbase は最近の上場において、多数の株式を非公開プライマリー市場で販売した。SEC によれば、そのときに買収された株式には、暗号資産証券の性質を持つものが含まれていたとしている。

Coinbase は SEC の主張に対して反論し、自社が暗号資産を含む証券を発行したことはないと主張している。Coinbase の代表者は、同社が市場に上場する前に SEC に対して対話を求めたが、それが拒否されたと述べている。

SEC が Coinbase に対して提訴した理由は暗号資産市場に対する影響が懸念されるものである。しかし、暗号資産市場は既に大きく発展しており、法的整備も進んでいるため、SEC が提訴したところで市場に大きな影響を与えることはないとの見方がある。

Coinbase は暗号資産の取引所として有力であり、多数のユーザーが利用しているため、SEC が勝訴した場合、暗号資産市場に影響を与える可能性がある。しかし、市場の発展に伴い、暗号資産に対する態度が変わりつつあり、SEC が暗号資産市場に対する厳しいリーダーシップを取ろうとする姿勢に対して、多くの人々は反発していると言われている。

暗号資産市場は今後も発展し続け、法的整備も進んでいくことが予想されている。そのため、SEC の姿勢に対して市場が回り始め、今回の訴訟が暗号資産市場に与える影響は限定的なものであるとの見方が多い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました