「FTX創業者SBF、アラメダの暗号通貨アカウントを凍結解除するために中国当局に4,000万ドルの賄賂を贈った」とスキャンダルに直面

スポンサーリンク

Sam Bankman-Fried reveals about the properties in The Bahamas
FTX創設者のSBFが、アラメダの暗号通貨アカウントを解凍するために中国の公務員に4,000万ドルを贈賄したとして、スキャンダルに直面しています。

中国の報道機関、Caijingによると、SBFは中国の元閣僚であるLu Weiに超過額の4,000万ドルを贈与したとされています。これは、アラメダが2020年に解凍される前に中国当局によって凍結された暗号通貨のアカウントに関する問題に対処するためのものでした。

報道によると、Lu Weiは破産宣告されており、政府からの資金援助が必要であったようです。SBFは、Lu Weiに賄賂を贈ることで、アラメダの暗号通貨アカウントを解凍する支援を得ることができたとされています。

この報道は、法執行当局による捜査を呼びかけることになりました。FTXは、この問題についてコメントを発表していませんが、SBFは自身のTwitterアカウントで、この件について触れています。

SBFが急成長する暗号通貨企業であるFTXの背後にいるため、このスキャンダルは暗号通貨市場に大きな影響を与える可能性があります。FTXは、暗号通貨市場で最大の取引所の1つであり、最近、さまざまなスポーツやエンターテインメントのスポンサー活動を開始しています。

このスキャンダルが暗号通貨市場にどのような影響を与えるのかは不明ですが、SBFはこの問題を解決するために全力を尽くすことが必要です。FTXは、暗号通貨市場でますます重要な役割を果たしているため、市場に対して責任を果たすことが求められます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました