Warning: Constant TRUE already defined in /home/tkdmjtmj/dmjtmj-stock.com/public_html/wp-content/plugins/amazon-associates-link-builder/plugin_config.php on line 107
「法的専門家が言うには、XRPトークンは有価証券ではないため、SECの主張に異議を唱える」 | 投資まとめ

「法的専門家が言うには、XRPトークンは有価証券ではないため、SECの主張に異議を唱える」

リップル
スポンサーリンク

ripple sec lawsuit
法的専門家がSECに異議を唱え、XRPトークンが証券ではないと主張

米国証券取引委員会(SEC)は、XRPトークンを証券として認定し、Ripple Labsに対して法的措置を講じるよう求めています。

しかし、法的専門家のジョン・ディ・レオンは、SECがXRPトークンを証券として扱うことに反対しています。彼は、XRPトークンはプロトコルに基づく通貨であり、ウォレット、決済プラットフォーム、為替レート指標として機能するため、証券として認定される必要はないと主張しています。

ディ・レオンは、「テストを実施し、私たちの結論は、XRPトークンは証券ではありません」と述べました。

彼はまた、SECが仮想通貨の規制によって市場を停滞させ、証券として認定しなければならないという見解が、規制当局が過度に介入し、イノベーションを阻害することに繋がる可能性があると指摘しています。

XRPトークンは、Ripple社が200節以上に及ぶアルゴリズムを使用して開発した、仮想通貨市場で有名なトークンの1つです。Ripple社は、このトークンを仮想通貨市場の支払いと為替の問題を解決するために作成しました。

しかし、SECは、XRPトークンが証券であると主張しています。SECは、Ripple Labsがトークンを販売するために使用した資金が、Rippleラボ自身に利益をもたらすために使用されたことが原因としています。

SECの見解は、仮想通貨市場に大きな影響を与える可能性があります。今後の動向に注目し、市場参加者がこの問題に対応するのを見守っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました