【Ripple】リップル社がCEOにBenjamin Lawsky氏を招聘!!!

このBenjamin Lawsky氏とは何者なのか?

ベンロースキーさんはアメリカニューヨーク州の仮想通貨規制(ビットライセンス)を制定した方で、今回リップル社のXRPの普及を促進するために、Ripple社に入りました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リップルは既得権益側に仮想通貨を普及させていく

ベン=ロースキー氏はこのように仮想通貨の規制側にいう人物でしたが、リップル社はそれをもすでに取り込みが完了したことになります。

もはや、法も問題ないシステムはピカイチ銀行へのコネもバッチリと、リップル社のXRPが国際送金において革命を起こすのは間違いのない事実だと思われます。

あとはどれだけ早くとリップル社の送金革命とXRPのさらなる価格上昇が起こるかだけですね。

追記

こちらの アフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者という本は送金面で仮想通貨を取り上げている本で従来のSwiftによる国際送金の不便さについて書かれているのでオススメです。この本を読めばリップルが次世代の国際送金におけるスタンダードになる可能性が高いとして注目されている理由がわかるかと思います。

The following two tabs change content below.

刃牙

株式投資5年目。2017年に仮想通貨に参入し、大幅上昇で一時億り人になるも2018年の一連の騒動で転落中。最近は株式投資と仮想通貨に関連するテーマを記事にしています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク


仮想通貨を始めるなら今!



ビットコインの価格は2009年から100万倍以上に値上がりしており、仮想通貨市場は現在急速に拡大しています。今から仮想通貨を購入するなら「リップル(XRP)」と「ビットコインキャッシュ(BCH)」がオススメです。この2つは日本ではビットバンク(Bitbank)で一番安く購入することができます。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク