【仮想通貨】QASHの将来性・チャート・取引所

QASHとは?

通貨名 QASH(キャッシュ)
通貨略号 QASH
公開日 2017年11月
発行上限枚数 1,000,000,000 QASH

(市場流通枚数は約350,000,000QASH)

ホワイトペーパー

https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/liquid-site/quoine-liquid_v1.9_ja.pdf

公式テレグラム

https://t.me/joinchat/GuaLbkJUWB5nVgzLYlV-YA

QASH(キャッシュ)とは、仮想通貨取引所QUOINEXを運営しているQUOINE社がQUOINEX上で発行するトークンです。

基本的にはQASH自体が特別な機能をもっているわけではなく、『LIQUID(リキッド)プラットフォーム』で使われる通貨としての価値をもちます。なのでNAGA COINなどのエコノミー系仮想通貨だといえます。

ロジャー氏推薦の仮想通貨 NAGA COIN の将来性・チャート・購入できる取引所

QUOINE LIQUIDプラットフォーム

QUOINEは、世界中に点在する仮想通貨取引所が提供する全ての流動性を一つの取引プラットフォーム(World Book)に集約。

更に、その流動性を享受する為に必要な各種関連サービス(Prime Brokerage)を一体提供することにより、QUOINE LIQUIDプラットフォームユーザ全てに世界中の流動性へのアクセスを可能にします。

QUOINE LIQUID プラットフォームは、世界中の流動性を集約した単一の取引プラットフォーム(ワールドブック)と、これに付帯する一連のサービス(プライム・ブローカレッジ)で構成されています。

これらが一体となって世界で最高水準の流動性を提供し、新たなクリプト経済が提供する機会や富に誰もがアクセスできるようになります。

LIQUID プラットフォームのワールドブックは、QUOINEの既存のマッチング・エンジン、スマート・オーダー・ルーティング、およびクロスカレンシー換算エンジンの技術を用いて構築されています。

これはトレーダーにとっては究極のリソース-すなわち、世界中の仮想通貨市場の流動性を集約し、ユーザーが選択するあらゆる通貨で利用可能な、きわめて流動性の高い単一のオーダーブックとなります。

LIQUID プラットフォームのプライム・ブローカレッジは、ダイレクト・マーケット・アクセス(DMA)、法定通貨の管理、仮想通貨/法定通貨の与信枠、およびリアルタイム報告を提供します。

あらゆる規模の顧客のあらゆる需要に対し、サービスを提供: LIQUID プラットフォームは、システム・コロケーション、自動取引戦略、クラウドソースのAIを利用したアルゴリズム、ならびにQUOINEの高度な専用取引ツール等のハイエンド・サービスにより、ワールドブックとプライム・ブローカレッジを結び付けます。

普遍的なネイティブ・トークン: QUOINE LIQUID トークンであるQASHは、QUOINE が提供するあらゆるサービスを動かすための燃料です。

当社は既に、分散化プラットフォームに参入しようとしている金融機関やパートナー企業に対し、今後、彼らが提供する又は既存の金融サービスにおいて推奨されるトークンとしてQASHを採用してもらうよう協議を行っています。

私たちは、QASHが支払いや送金をはじめとするさまざまな目的のために、金融業界およびその他の業界で幅広く利用される未来を思い描いています。

最終目標:QUOINEは、強固なグローバル金融サービス―クリプト経済全体の利点を活用し、誰もがユーザーやトークン保有者として参加できる先端プラットフォームを構築します。

QUOINE LIQUID は、クリプト経済のための完全な金融エコシステムを目指します。

ちなみにQASHのICOの参加者は4,988人で、世界98カ国から購入申し込みがあったようにQASH、そしてQUOINEXは世界規模の仮想通貨取引所になることを目標としています。

 社長が積極的に情報開示している

日本ではまだあまり有名ではないQASHとQUOINEXですが、CEOの栢森氏は定期的にFacebookでライブ配信を行っており、その中で積極的にQASHとQUOINEXの今後のビジョンについて語っています。

ジブラルタルの証券取引所と提携

ジブラルタル証券取引所グループとの グローバル戦略的事業提携および QUOINEグループによるヨーロッパへの本格進出を発表しており、元が外資系の企業なだけにビットフライヤーなどよりも海外進出のスピードが速いのが私がQUOINEXとQASHを推す理由の一つです。

このジブラルタルの件は仮想通貨取引所ではなく証券取引所というのが非常に大きいです。現在株式市場にもブロックチェーン技術で情報管理しようとする動きがありますが、QASHはそれをジブラルタルで引き受けることになっているわけで、既存の仮想通貨取引所の中でも政府関係との繋がりが強くQUOINEXの成長が時価総額の上昇につながるQASHも今後リップル(XRP)のように大化けするかもしれません。

QASHの価格・チャート

現在の価格(記事執筆時)が1QASHあたり約250円なので、時価総額は約900億程度です。

まあ同じ感じの目的で作られたZaifのCOMSA(コムサ)よりは少し高いですが、KCSやBNBよりも安く証券取引所と提携しているという点では割安なほうだと思います。

QASHのロードマップ

QASHのロードマップを見ても分かるように2018年2QにはLIQUIDが始まり、2019年に銀行ライセンスがとれた場合、その価値は実需をを伴い大きく上昇すると思います。

確かにこの目標が達成できれば、現在のQASHの価格は200円前後ですが、栢森CEOもAMAで話していたように、時価総額的にも1QASHあたり1万円を超えてもおかしくありません。

QASHを購入できる仮想通貨取引所

QASHはQASHの発行母体であるQUOINEXで購入することができます。

コインチェックやZaifと違い、QUOINEX(コインエクスチェンジ)は元はシンガポールの外資系企業ですが現在は本社を東京に移すなど一応金融庁からも日本での営業許可を得ているちゃんとした(?)仮想通貨取引所です。

またCEO曰く、今まで一度もGOXやハッキングによる盗難などの被害が出ていないことが自慢らしいです。

他にもgate.ioなどの海外の取引所でもQASHは上場しています。QUOINEXの本人確認が遅い場合などは、ここに登録してBTCやETHなりを送金してQASHを買うというのはアリだと思います。

ちなみに海外の取引所で取引を考えている方は、大手取引所のコインチェックやビットフライヤー、ザイフで口座を開設して送金するのが安全です。

送金手数料の安さ重視なら、コインチェックかザイフ、セキュリティの高さ重視ならビットフライヤーを利用するのがオススメです。

終わり

実際にquoinexを使うとまだ開発途中なのかUIがすごく見にくかったり、入金・出金が遅いなどサービス面での向上とアプリの改良は必須ですが、これから10種類以上の仮想通貨を上場して国内トップレベルの規模にすると社長が発言しており、今の使い勝手の悪さも今後改善されてくるのではないかなと思います。

そうなってから登録しても遅いので今のうちにとりあえず開いておくというのもアリでしょう。そして、QASHの運営陣は金融の出身ばかり ゴールドマン・サックス、メリルリンチなどとメンツも豪華で金融らしく地道に法令や安全性を最優先に金融庁と共に進めており、CEO曰く提携の誘いも山ほど来てるそうなので、QUOINEXとQASHは2018年に大きく飛躍する取引所と仮想通貨になるかもしれないので僕は今のうちに仕込んでいます。

今のところQUOINEXはLiqidプラットフォームを作ることを優先としており、マーケティングの方はあまり注力していませんでしたが、2018年からはマーケティング部門を立ち上げ宣伝活動も積極的に行っていくようなので今後の成長と仮想通貨界隈でのシェア拡大に期待しましょう!

The following two tabs change content below.

刃牙

株式投資5年目。2017年に仮想通貨に参入し、大幅上昇で一時億り人になるも2018年の一連の騒動で転落中。最近は株式投資と仮想通貨に関連するテーマを記事にしています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク


仮想通貨を始めるなら今!



ビットコインの価格は2009年から100万倍以上に値上がりしており、仮想通貨市場は現在急速に拡大しています。今から仮想通貨を購入するなら「リップル(XRP)」と「ビットコインキャッシュ(BCH)」がオススメです。この2つは日本ではビットバンク(Bitbank)で一番安く購入することができます。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント