「Binanceの中国への秘密なつながりが明かされ、出発から何年も経った後に隠されたリンクが発見される」

仮想通貨
スポンサーリンク

binance
暗号資産取引所Binanceの中国との秘密の関係が、出発から数年後に発見された隠れたリンクによって露呈されました。

調査によると、Binance創設者の一人であるジャオ・チャンポンは、中国政府が認めた暗号通貨プロジェクトであるNeo(NEO)の創始者でもありました。また、Binanceの取引量の多くは中国のユーザーによって生成されていると考えられています。

更に、Binanceは中国との移転交渉に苦しんでいた時期に、中国の有力者であるジェフリー・リーという人物に寄付を行っていたという報道もあります。リー氏は、中国政府が設立したグループに所属しており、暗号通貨プロジェクトに対して監視権限を持っています。

これに加えて、Binanceは現在も中国政府が設立したBlockchain Service Network(BSN)プロジェクトの一員であり、数千万ドルの価値があるBSNのトークンを保有しています。

これらの情報は、Binanceが運営する取引所にアクセスするために使用されるBinance Coin(BNB)が最近になって急落したことが原因で明らかになりました。これにより、Binanceが中国政府に依存している可能性が高まり、投資家から懸念が高まっています。

Binance側は、これらの報道に対して、「Binanceは中国に属しておらず、また中国の政治的ビジョンとも独立している」と主張しています。しかし、CEOのChangpeng Zhao氏は以前、Binanceの登録ブランチオフィスが中国にあることを認めていたことから、Binanceが中国との関係を否定することはできないとの見方もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました