ゲーリー・ゲンスラー聴聞会:米下院委員会がSECに圧力、SECが暗号通貨市場を窒息させている

仮想通貨
スポンサーリンク

Gary Gensler
ゲーリー・ゲンスラー氏の議会聴聞会において、アメリカ下院委員会がSECを脅かす、SECが仮想通貨市場を窒息させているとする報道があります。

仮想通貨市場における取引所やデジタル資産の監視と規制の強化を目指すゲンスラー氏は、アメリカ下院金融サービス委員会による厳しい質疑攻めを受けました。ゲンスラー氏は、SECが法的規制を遵守するよう取引所やデジタル資産の提供者に求めており、市場の透明性や保護を向上させる意図を示しました。

一方で、仮想通貨業界の一部は、SECの規制が市場の成長を妨げていると主張しています。彼らは、SECの厳格な規制が起業家精神やイノベーションを抑制し、競争力を失う恐れがあると主張しました。

ゲンスラー氏は、仮想通貨市場の規制は投資家保護や市場の信頼性を高めるために必要であると主張しています。彼は、デジタル資産の規制範囲を拡大することで、不正行為やマネーロンダリングを防止し、市場の安定性を確保すると述べました。

この議論は、仮想通貨市場の将来に大きな影響を与える可能性があります。ゲンスラー氏の主導するSECの取り組みによって、市場が成熟し、安全性と透明性が向上することが期待されます。一方で、市場参加者は、規制が適正であることやイノベーションを制限することなく成長を促進することが重要であると主張しています。

今後の展開に関しては、ゲンスラー氏とSECの動向を注視する必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました