David Schwartz のリップル社の成功とXRPの関係についての発言まとめ

今回はXRPCHATで、リップルネットワークの開発者であるDavid Schwartz 氏からリップル社の成功とXRPについての関係について言及があったので日本語訳をまとめておきます。

Twitterアカウント

David Schwartz (@JoelKatz) | Twitter

XRPCHAT

JoelKatz – Xrp Chat

 リップル社の成功とXRPの関係について

JoelKatz

Posted June 3, 2016

I don’t think it’s likely XRP would succeed without us, though it’s possible. I do think it’s possible for us to succeed without XRP succeeding, as we do have other sources of revenue.

That said, our XRP is a significant asset. Today, there are significant technical obstacles to using XRP as a bridge or vehicle currency. However, every ILP transaction is one with no significant technical obstacles to using XRP as a bridging currency. Our XRP strategy is based on promoting it as a bridging currency in an ILP world through various strategies including paying traders an incentive to keep spreads low.

This strategy actually works even if ILP fails, so long as ILP fails because something else does the same job ILP does that can also support XRP bridging. We don’t need ILP specifically to succeed, we just need a good way to make inter-ledger payments. If someone made a superior interledger payment scheme, we’d just adopt that instead.

We’ve made the case for why we think a vehicle currency is extremely useful, why we think a crypto-currency has a good chance of being a top vehicle currency, and why we think XRP will be the best crypto-currency for this application. We do not plan to encourage use of XRP as an alternative to Biticoin or as a direct payment method at this time, though if its demand and price becomes strong and stable in the future, that might make sense. It seems like a better strategy to grow the crypto-currency pie than to pick a fight with a strong player for a bigger slice of it.

We cannot do everything, so we have to pick those things that we think we are in the best position to do and that have the best chance at success.

 (XRPCHATより抜粋)

和訳

「もしRipple社が失敗したらXRPも失敗するのか?」という問いに対して。

JoelKatz:

我々なしでXRPが成功するとは思いません。(もちろん可能性としては成功することもあるでしょう)。そして逆も然りであり、XRPが成功しなくてもRipple社が成功するということはあり得るでしょう。というにも我々には他の収入源があるからです。

我々のXRPは重要な資産です。現在の段階でXRPをブリッジ通貨/媒介通貨として使用するには大きな技術的障壁が存在します。

しかしInterledger Protocol (ILP)を使えれば、全てのILP取引でXRPブリッジの技術的障壁がなくなります。我々のXRP普及の戦略のベースは、ILPの世界でブリッジ通貨としてXRPを推進することであり、これには為替スプレッドが小さくなるようトレーダーや取引所にインセンティブを支払う等、様々な戦略が含まれています。

実のところ、この戦略はたとえILPが失敗しても問題なく機能します。なぜなら、もしILPが失敗しても代わりの何かがILPと同じくXRPブリッジングをサポートするからです。

つまり我々はILPに特化して成功させる必要はないのです。我々に必要なのは、台帳(レジャー)決済に使うための方法だけなのです。もしも他の誰かがレジャー決済に関する優れたスキームを生み出したなら、我々はILPからそれに乗り換えるだけのことです。

なぜ媒介通貨というものが極めて有益なのか?また、なぜ媒介通貨の頂点に立ち得るのが暗号通貨なのか?そして、なぜこの用途におけるベストの暗号通貨がXRPなのか? それらの理由を具体的な形にするために我々は開発を進めてきました。

現時点で我々がXRPについて推進しているのは媒介通貨としての役割だけであり、ビットコインの代替という役割でXRPを使うことを推進する予定はなく、またXRPで直接決済するような使い方を推進する予定もありません。

もちろん、将来もしXRPの需要と価格が強くなって安定すれば、そのような使い方も意味を成すことでしょう。(ちなみに需要と価格に関しては)暗号通貨の中の強者と戦ってパイを奪い合うよりも、暗号通貨全体のパイを大きくしたほうが良い戦略のように思えます。

我々だけでなんでもかんでも成し遂げることは不可能です。狙いを絞って、それを実行するのにベストな位置に立ち、もっとも成功しやすいと思えることに注力する必要があるのです。

リップルは次のインターネットである

XRPが媒介通貨(ブリッジ通貨)になっても価格は上昇しないのでは?という不安を抱く方もいると思いますが、よく考えてください。今のXRPの時価総額は発行枚数が1000億XRPで1XRP=20円なので、約2兆円という計算になります。

たって2兆円で、リアルタイムで世界中の大手銀行の数千億円単位の国際送金をXRPに替えることができるでしょうか?いやできません。ここからしてXRPの時価総額はもっと大きくなければいけないということが分かります。

XRPの時価総額を大きくするために、リップル社は東南アジアにおけるXrapidというXRPを使った送金サービス始めようとしていたり、いくつかのファンドがMM(マーケットメイカー)としてXRPによる資産運用を開始したりしているのでその価値についてはいずれ上昇していくと思われます。

XRPが資産運用ファンド「BitcoinIRA」と「Kingdom Trust」で取り扱い開始!

他にも日本でも2018年にはSBI証券の主催する内外為替一元化コンソーシアム主導の元XRPによる24時間365日のリアルタイム送金が始まる予定になっています。

リップル社の計画はとても遠大なもので、この計画を実現するためにはこれくらい慎重に行動するのは当然だと思っています。

XRPの価格は17年5月に50円をつけてから20円低迷しています。これによって高値掴みして損切りした人たちがXRP・リップル社はスキャム(詐欺コイン)だのとSNSで言いふらしています。

ですが、リップル社はダボス会議にまで参加するほどの企業であり、送金でXRPを使われないというのもまずあり得ません。確かにXRPを使わなくともILPだけでも国際送金のコストは大幅に引き下げることができます。

しかしXRPを使えばより送金コストを削減することが出来ます。これを銀行が使わないはずがありません。

f:id:oruka199665:20170701000412j:plain

SBI北尾社長の語る、仮想通貨リップル(XRP)による今後の事業展開

まだXRPにはボラティリティや流動性の問題がありますが、これは発展途上国においてXRPを使った決済システムであるXrapidや大手投資ファンドがMM(マーケットメイカー)として今後その問題は解決すると予想しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リップルはガチホすべき仮想通貨

BTCなどの他の仮想通貨が毎日上昇している中でXRPは歯がゆい価格推移を続けており機会損失を考え始める人もいると思います。

しかし倍率で考えると、BTCはジムロージャスによると将来1BTCあたり3000$→500000$(166倍)になるそうで、対するXRPは国際送金でブリッジ通貨として使われれば、20円→2万円以上(1000倍以上)になる計算になります。

【仮想通貨】リップル(XRP)が将来2万円になる理由

今の仮想通貨は確かにバブル状態でPoloやTrexで謎の急騰をする草コインはたくさんありますが、その急騰にうまく乗るのは無理だと思います。

機会損失といいますが、下手にトレードすると資産を減らす可能性だってありますし、そう考えればガチホも決して悪い選択肢ではないと私は考えています。

リップル社は一歩づつですが、着実に進んでおりそして今の仮想通貨の中でもっともスペックと実用性の可能性が高い仮想通貨です。

そして、リップル社もXRPについてはトークンのようなただの集金用コインではなく年単位で着実にスケールを大きくしていこうというのは発言の節々から読みとれますし、上で試算したとおり悪いリターンも悪くありませんし、XRPは年単位での長期目線で投資するべき仮想通貨だと思っています。

レジャーナノSでリップル(XRP)を安全に保管・管理する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク