【ビットコイン】仮想通貨が大暴落したときはどうすればいいのか?

仮想通貨の暴落

2017年の終わりごろから加熱してた仮想通貨相場が暴落しました。ビットコインは250万円の高値から一時90万円台まで下落しました。ほかにもリップルも400円→150円まで暴落しました。

この大暴落を受けて仮想通貨をもう辞めようかなと思っている人や自分の資産が暴落し気が気でない人のために今日は仮想通貨が暴落したときはどう立ち回ればいいのか自分なりの意見をまとめていきたいと思います。

今回の暴落原因

今回の暴落の原因は中国や欧州が仮想通貨の規制を始めたことがきっかけですが、12月から仮想通貨は一気に10倍近くに膨れ上がっていたのでその調整という面もあるかと思われます。

QUOINEはまだマイナーですが国内の仮想通貨取引所でQASHという独自の仮想通貨を取り扱っていることが売りの取引所です。

【仮想通貨】QASHの将来性・チャート・取引所

冬の暴落は恒例行事

過去3年のビットコインのチャートを見ればわかりますが、仮想通貨は基本的に冬はあまり上がりません。

そして春~夏にかけて短期間で一気に急騰することが多いです。なので今は耐えるときだと個人的には考えています。

下で持っている人は含み益が大幅に減っただけですが12月から参加した人たちには辛い相場だと思います。しかしここでやっぱり仮想通貨はバブルだと諦めて相場から退場してしまっては元も子もありません。

恐らく仮想通貨のチャートを眺めるのをやめてしばらくしているうちにまた仮想通貨は急騰し、あなたが買った高値を更新して行くと思います。

ビットコインが暴落するとなぜアルトコインも暴落するのか?

ビットコインが暴落するとアルトコインも釣られて暴落する原因としてはアルトコインの大半がビットコインを介して購入されていることに起因すると思われます。

仮想通貨に対する規制は悪いことではない

恐らく仮想通貨に対してはこれから国家による規制が続くと思います。が規制はあくまで仮想通貨が社会で安全に使えるように無法地帯を整備しようとしているだけであり、仮想通貨の使用が禁止されることは技術的・経済的な側面から考えてまずありえません。

2018年の仮想通貨の価格はどうなるのかを予測してみた

一つ言えることは、規制や税制が決まってくればなおさら仮想通貨市場にはこれから機関投資や個人投資家の莫大な資金が流れ込んでくるだろうという事です。

今回の規制はそのために行うものであり、長期的に見れば+材料だと私は思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仮想通貨が暴落したときはどうすればいいのか?

暴落した時は、静観するに限ると私は考えています。もちろんFXでショートするというのも選択肢の一つですが、暴落時は価格の上下が激しいので余裕をもった証拠金維持率にしないと普通に焦げます。

なのでよほどのプロでない限り暴落時に信用取引をするのはやめたほうがいいと思います。

一応現物で買い増しするという方法もありますが、仮想通貨相場は総悲観になった場合どこまで落ちるか底が読めないので値動きが落ち着いて底を打った感じなところまで買い増しはやめたほうがいいと思います。

俗にいう落ちるナイフを掴むなというやつですね。

そして値動きが幅が小さくなってきたらフィアットを入金して自分が年単位で有望だと考えている仮想通貨に投資するのがいいでしょう。

基本的に現物は急騰・急落で買うものではなく、横横の段階で仕込むものです。私も実践できているか怪しいですが、それでもそういった意識を持っていくことが相場で負けを減らしていく第一歩になるのではないかと考えています。

仮想通貨の短期間での価格変動は確かに驚くべきものがありますが、仮想通貨が作り出す将来のビジョンをしっかり見据えることができていれば、今回のような暴落も短期的な一過性の値動きにしか感じなくなるはずです。

今回の暴落でびくびくしている人は売ろうとか考える前に仮想通貨の参考書の一冊か二冊か読んでみてください。

【初~上級向け】オススメ仮想通貨の参考書まとめ

暴落を笑うやつはほっとおけ!

一獲千金のチャンスを掴むのも簡単ではない

仮想通貨はビジネス雑誌だと億り人続出!!みたいな触れ込みで紹介されることが多いですが、仮想通貨で億を手にした人たちは今回のような暴落が来ても動揺することなくホールドし続けその大金を手にしたのです。

億を掴むのは容易なことではありません。確かに価格だけ見れば単純にホールドしておけば簡単に億を稼げたかもしれませんが現実には今回の大暴落で売り払ってしまった人も大勢いると思います。

なので、仮想通貨は簡単に億万長者になれそうな投資分野ですが、実は簡単ではありません。仮想通貨で億を掴むためには、チャートに訳の分からない線を引くことではなく仮想通貨の本質をしっかりと勉強し、その本質を見極めるファンダメンタル的な知識のほうが必要なのです。

終わり

The following two tabs change content below.

刃牙

株式投資3年目。2017年に仮想通貨に参入し、大幅上昇で一時億り人になるも2018年の一連の騒動で転落中。最近は株式投資と仮想通貨に関連するテーマを記事にしています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク