【ビットコイン】仮想通貨の価格が暴落したときはどうすればいいのか?

仮想通貨の暴落

2017年の終わりごろから加熱してた仮想通貨相場が暴落しました。ビットコインは250万円の高値から一時90万円台まで下落しました。ほかにもリップルも400円→150円まで暴落しました。

この大暴落を受けて仮想通貨をもう辞めようかなと思っている人や自分の資産が暴落し気が気でない人のために今日は仮想通貨が暴落したときはどう立ち回ればいいのか自分なりの意見をまとめていきたいと思います。

今回の暴落原因

今回の暴落の原因は中国や欧州が仮想通貨の規制を始めたことがきっかけですが、12月から仮想通貨は一気に10倍近くに膨れ上がっていたのでその調整という面もあるかと思われます。

QUOINEはまだマイナーですが国内の仮想通貨取引所でQASHという独自の仮想通貨を取り扱っていることが売りの取引所です。

冬の暴落は恒例行事

過去3年のビットコインのチャートを見ればわかりますが、仮想通貨は基本的に冬はあまり上がりません。そして春~夏にかけて短期間で一気に急騰することが多いです。なので今は耐えるときだと個人的には考えています。

下で持っている人は含み益が大幅に減っただけですが12月から参加した人たちには辛い相場だと思います。しかしここでやっぱり仮想通貨はバブルだと諦めて相場から退場してしまっては元も子もありません。

恐らく仮想通貨のチャートを眺めるのをやめてしばらくしているうちにまた仮想通貨は急騰し、あなたが買った高値を更新して行くと思います。

ビットコインが暴落するとなぜアルトコインも暴落するのか?

ビットコインが暴落するとアルトコインも釣られて暴落する原因としては、アルトコインの大半がビットコインを介して購入されていることがあると思われます。

アルトの売買はBTC←→アルトの売買の割合が多く、BTCが暴落するとBTCでアルトを買う人が減るため、アルトが暴落します。

BTCとのやり取りが多い銘柄ほど、BTCの値動きと連動。XRPが他と違う動きなのは、BTC割合が低いからですね。XRPはフィアット建ての取引が増えており、リップル社のCEOのガーリングハウス氏が語るようにBTCと価格連動しなくなる日も近いでしょう。

仮想通貨に対する規制は悪いことではない

恐らく仮想通貨に対してはこれから国家による規制が続くと思います。が規制はあくまで仮想通貨が社会で安全に使えるように無法地帯を整備しようとしているだけであり、仮想通貨の使用が禁止されることは技術的・経済的な側面から考えてまずありえません。ロジャー・バー氏も言うように歴史的に中国が規制しているものはいずれ世界的なものになると思います

規制や税制が決まってくればなおさら仮想通貨市場にはこれから機関投資や個人投資家の莫大な資金が流れ込んでくるだろうという事です。今回の規制はそのために行うものであり、長期的に見れば+材料だと私は思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仮想通貨が暴落したときはどうすればいいのか?

暴落した時は、静観するに限ると私は考えています。もちろんFXでショートするというのも選択肢の一つですが、暴落時は価格の上下が激しいので余裕をもった証拠金維持率にしないと普通に焦げます。

なのでよほどのプロでない限り暴落時に信用取引をするのはやめたほうがいいと思います。一応現物で買い増しするという方法もありますが、仮想通貨相場は総悲観になった場合どこまで落ちるか底が読めないので値動きが落ち着いて底を打った感じなところまで買い増しはやめたほうがいいと思います。

俗にいう落ちるナイフを掴むなというやつですね。そして値動きが幅が小さくなってきたらフィアットを入金して自分が年単位で有望だと考えている仮想通貨に投資するのがいいでしょう。

基本的に現物は急騰・急落で買うものではなく、横横の段階で仕込むものです。私も実践できているか怪しいですが、それでもそういった意識を持っていくことが相場で負けを減らしていく第一歩になるのではないかと考えています。

誰がいいと言ったとかじゃなく、自分で調べて、まだまだこれから伸びしろがある、と思ったものに株式も仮想通貨に自分の資金を投資しましょう。

仮想通貨の短期間での価格変動は確かに驚くべきものがありますが、仮想通貨が作り出す将来のビジョンをしっかり見据えることができていれば、今回のような暴落も短期的な一過性の値動きにしか感じなくなるはずです。

今回の暴落でびくびくしている人は売ろうとか考える前に仮想通貨の参考書の一冊か二冊か読んでみてください。

損切りして撤退する人は勿体無いです。デジタルペイメインシステム、トークンエコノミーとかブロックチェーンの可能性や将来性を真剣に考えましょう。こんな暴落は単なる通過点に過ぎないません。これからも上昇と下落を繰り返しながら前に進んでいくでしょう。

暴落を笑うやつはほっとおけ!

仮想通貨が暴落すると必ずネットでは「破産ざまぁwww」とか「メシウマw」みたいなコメントが溢れます。自分が心がけていることなのですが、こういうことはやめましょう。

仮想通貨の価格が下がったタイミングで鬼の首を取ったように騒いでいる投資家は全員投資では良い成績を残せてないでしょう。下がったものは上がるし上がったものは下がる。それが相場です。年単位で見ると仮想通貨の時価総額は着実に増えています。仮想通貨の将来性が解らないのは仕方ないです無知なだけなので。

これってリスクを取る(挑戦する)人に対する嫉妬に過ぎません。自分は挑戦できない、失敗した時に傷つきたくないから。他人が挑戦して成功したら更に惨めになるから失敗を望んでいるだけです。こんなことをしていると自分の心も貧しくなり運も離れていくと思います。

一獲千金のチャンスを掴むのも簡単ではない

仮想通貨はビジネス雑誌だと億り人続出!!みたいな触れ込みで紹介されることが多いですが、仮想通貨で億を手にした人たちは今回のような暴落が来ても動揺することなくホールドし続けその大金を手にしたのです。

億を掴むのは容易なことではありません。確かに価格だけ見れば単純にホールドしておけば簡単に億を稼げたかもしれませんが現実には今回の大暴落で売り払ってしまった人も大勢いると思います。

なので、仮想通貨は簡単に億万長者になれそうな投資分野ですが、実は簡単ではありません。仮想通貨で億を掴むためには、チャートに訳の分からない線を引くことではなく仮想通貨の本質をしっかりと勉強し、その本質を見極めるファンダメンタル的な知識のほうが必要なのです。

20代くらいの人がが仮想通貨で一発逆転を狙うのは至極合理的です。米国株と米国債50:50の保守的な組み合わせでも年5%以上の利回りが出るのだから、1億円持ってれば年500万ずつ資産が増えていく。100万ならたった年5万。同じ増加率でも持っている資産によって増加額は違ってきます。これがピケティの指摘する格差が広がる原因です。だったら資産のなくまだ失敗できる若い人はハイリスクを背負って100倍狙います。むしろしないほうがおかしいです。

終わり

ビットコイン暴落はいわば【踏み絵】です。暴落してその人の【本性】が分かります。ブームに便乗した程度の人は恐怖で売り、本質を理解し将来を見据えている人が買い増しします。暴落はバトンタッチの場です。古参組が余裕なのは、高みの見物という訳ではありません。彼らは仮想通貨の将来を見据えているからであり、常に短期的な値動きだけではなく本質を深く考えているから暴落でも笑っていられるのです。

これまでにも何度も暴落はありました。MtGOXの時もビットコインの価格は12万→3万まで下落しました。怪しいセミナーが跋扈し仮想通貨・ビットコインは今よりもずっと詐欺だとか言われてきた時代もありましたた。それでもブロックチェーンの可能性を信じて持ち続けていた人だけが、資産を何万倍にもして来れたのです。

引用元:https://twitter.com/alt_crypto_eth/status/953432593306869761?ref_src=twsrc%5Etfw

その例として今や押しも押されぬ大企業であるAmazonですが、Amazonの株価は2000年あたりに起こったITバブルが崩壊したとき1999年の110ドルからわずか2年で5.5ドルに下落してますね。まさに今の仮想通貨のように酷い有様です、、、。 ですが、今や2000ドルに迫っています。

仮想通貨投資において大切なことはFXで勝った負けたを繰り返すことではなく、仮想通貨界のAmazonは何か? 、既存のビジネスモデルをひっくり返しつつある革命児はだれか? を見つけることです。(個人的にはリップル/XRPかなーと思います。)

何度も何度も書いてますが、仮想通貨とブロックチェーンは「インターネット」と同じような技術なのです。政府が禁止すること自体が不可能。パンドラの箱はもうとっくに開封済。国家という概念は、テクノロジーによって溶けてしていくのです。ビットコインキャッシュは世界共通になれば、地球の国家が1つになる契機にもなりますし、これは人類の歴史にとっても大きな意味をもたらすと思います。

The following two tabs change content below.

刃牙

株式投資5年目。2017年に仮想通貨に参入し、大幅上昇で一時億り人になるも2018年の一連の騒動で転落中。最近は株式投資と仮想通貨に関連するテーマを記事にしています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク


仮想通貨を始めるなら今!



ビットコインの価格は2009年から100万倍以上に値上がりしており、仮想通貨市場は現在急速に拡大しています。今から仮想通貨を購入するなら「リップル(XRP)」と「ビットコインキャッシュ(BCH)」がオススメです。この2つは日本ではビットバンク(Bitbank)で一番安く購入することができます。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク