仮想通貨取引所 bitbank.cc (ビットバンク)の評判・特徴・手数料

今日はbitbank.CC(ビットバンク)の特徴や使ってみた感想をまとめていきたいと思います。

ビットバンクは大手取引所に比べれば、まだまだ知名度は低いほうですが、提供しているサービスからして登録しておいて損はない仮想通貨取引所です。

bitbank.CCとは?

代表取締役CEOは廣末紀之さんで、この方はブロックチェーンに関する書籍を監修したり、ビットコイン投資入門の本も出しています。

廣末氏のキャリアは野村證券→GMOインターネット株式会社常務取締役、株式会社ガーラ代表取締役と輝かしいものです。

指値注文ができる

基本的に株式や仮想通貨を購入するには、成行注文と指値注文の2パターンの注文方法があります。

成行注文はコインチェックのような販売所で手数料を支払って買いたいタイミングですぐに購入する感じです。

一方指値注文は取引所で自分の買いたい値段を指示して、その価格で売りたい相手が出てくるのを待って購入する注文方法です。

指値注文だと売りたい相手と買いたい自分の価格がマッチしたタイミングで売買が成立するので、大きな手数料がかからずにすみます。

一応Zaifでも一部アルトコインの指値注文はできるのですが、ビットコインの取引手数料が-手数料であるのに対して手数料が発生します。

しかしビットバンクの場合は手数料なくアルトコインの取引ができるのです。

取り扱い仮想通貨

ビットバンクで指値取引が出来るアルトコインは以下の5種類

イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
モナコイン(MONA)
ビットコインキャッシュ(BCH)

アルトコインの取り扱い数はコインチェックについで国内2位です。コインチェックなどの他の取引所で売買すると手数料が取られますが、ビットバンクでは手数料が一切かかりません。

加えてビットバンクで取り扱っているアルトコインは全部ホワイトリスト入りしているものですし時価総額も上位の通貨ばかりなので、安心して購入出来ます。

やはり注目なのはリップルが取引できるという点ですね。リップル(XRP)は日本国内だとコインチェックでも取り扱っていますが、こちらは販売所でかなりの手数料がとられますが、ビットバンクだと手数料無料で指値注文で自分の思い通りの注文ができるのでありがたいですね。

株式投資とかもしていて指値注文に慣れている中~上級者の人がリップル(XRP)を取引するならビットバンクのほうがいいと思います。

また、リップル(XRP)の出来高に応じてランキング形式で賞金がもらえるキャンペーンも開催中で、上位に入るにはそこそこ取引しなければなりませんが、一位の賞金は10万円とお小遣いとしては十分ですね。

今のところ大口のトレーダーもあまりいないためコインチェックやZaifみたいな国内大手のじ取引所のランキングよりはランクインしやすくなっています。

今ならアルトコインの手数料も無料

FXの追証なし

他にもビットバンクの大きな特徴としてはFXの信用取引において絶対追証が発生しない点があります。

他の仮想通貨取引所も信用取引において損失が発生しそうな場合はロスカット機能が備わっているのですが、この前ビットフライヤーで1600万円溶かした人のケースのようにアクセスが集中してサーバーが重くなったりした場合はロスカットが正確に履行されず追証が発生するリスクもありますが、ビットバンクには元から追証という存在がないので、仮に1万円で信用取引を始めたら最悪でも1万円しか損しません。

サポートも良い

↑の記事で紹介しているコインチェックビットフライヤーZaifは有名になりすぎたことからユーザーが殺到し、新規口座開設は一カ月以上かかるなど既にパンクしています。

ですが、ビットバンクは今のところいい意味で穴場な仮想通貨取引所で、ユーザーサポートも丁寧ですし、私が実際に口座開設の申し込みを行ったところ本人確認も1週間で完了したので、今のところ仮想通貨取引を新しく始めるなら一番早くできるようになる取引所だと思います。(2018年1月時点)

セキュリティー意識も高い

2018年1月にコインチェックが580億円分のネムを流出しましたが、ビットバンクは顧客の預かり資産は、常にインターネット上から隔離されたコールドウォレットに保管しておりセキュリティー意識も高いといえます。

平素はビットバンクをご利用いただきありがとうございます。 現在、ホットウォレット内の資産比率について、顧客資産がどの程度含まれているのかというお問合わせを多く頂いております。

弊社のホットウォレットには顧客資産は含まれず、自己資産のみの運用となっております。 本件に関しても、金融庁への報告を既に行っております。 当社は、お客様に安心してご利用いただくため、引き続き内部監視を含むセキュリティ強化に務めて参ります。 今後ともビットバンクをよろしくお願い致します。

また2018年3月に起きた金融庁の一部の仮想通貨取引所に対する業務課全命令もBitbankには下りませんでしたし、国内の取引所ではかなりマシな部類だと思われます。

またQASHを取り扱っているQuoinexもお咎めなしでしたし、この2つは安全性が高いと思われます。

 株初心者が本気で儲けるブログ
株初心者が本気で儲けるブログ
https://dmjtmj-stock.com/entry/2018/01/02/%e4%bb%ae%e6%83%b3%e9%80%9a%e8%b2%a8%e5%8f%96%e5%bc%95%e6%89%80quoinex%e7%89%b9%e5%be%b4-%e8%a9%95%e5%88%a4-%e6%89%8b%e6%95%b0%e6%96%99
仮想通貨(ビットコイン)と株式投資に関する記事を書いてます。

まとめ

ビットバンクはリップル(XRP)が国内で一番安く買えることと国内で人気のモナコインも取り扱っているという点から私は口座開設をしました。

特にリップルに関しては現在銀行間での送金にも使われており、今後インフラへの使用が期待されていますから長い目で見ると保有するメリットはかなりあると私は考えています。

これを機にリップル(XRP)を購入してみてはいかがでしょうか?

ビットバンクで口座開設する

ビットバンク以外の国内取引所だと上でチラッと触れたようにZaifもNEMなどのアルトコインやCOMSAなどの独自のトークンが指値で取引が出来るので、こちらもアカウント作成だけでもしておくと便利だと思います。

The following two tabs change content below.

刃牙

株式投資5年目。2017年に仮想通貨に参入し、大幅上昇で一時億り人になるも2018年の一連の騒動で転落中。最近は株式投資と仮想通貨に関連するテーマを記事にしています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク


仮想通貨を始めるなら今!



ビットコインの価格は2009年から100万倍以上に値上がりしており、仮想通貨市場は現在急速に拡大しています。今から仮想通貨を購入するなら「リップル(XRP)」と「ビットコインキャッシュ(BCH)」がオススメです。この2つは日本ではビットバンク(Bitbank)で一番安く購入することができます。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. […]  株初心者が本気で儲けるブログ仮想通貨取引所 bitbank.cc (ビットバンク)の評判・特徴・手数料https://dmjtmj-stock.com/entry/2018/01/24/bitbank-cc-%e3%83%93%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%af%e3%81%ae%e4 […]