バイナンス、米国法を意図的に破り、複数の米国機関から監視されると非難される

スポンサーリンク

binance
仮想通貨取引所のBinanceが、米国の法律に故意に違反したとされ、複数の米国機関が調査を進めていることが報じられました。

報道によると、米国の税務当局である内国歳入庁(IRS)がBinanceに監視を行っており、同社が顧客による不正取引を許容した疑いがあるとしています。また、司法省もBinanceに対して不正取引やマネーロンダリングなどの疑いを調査しているとされています。

これに対してBinanceは、自社の遵守事項に従っており、すべての違法行為には厳しく対処しているとの立場を表明しています。さらに、同社は米国市場においては法律に従うことを強調しており、今後も厳正な管理体制を維持していく方針です。

Binanceは世界最大級の仮想通貨取引所の一つであり、多くのユーザーが利用しています。しかし、このような報道は同社の信頼性に影響を与えることが懸念されます。今後も関連する動向には注目が集まることになりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました