Warning: Constant TRUE already defined in /home/tkdmjtmj/dmjtmj-stock.com/public_html/wp-content/plugins/amazon-associates-link-builder/plugin_config.php on line 107
SECがCoinbaseに対しウェルズ・ノーティスを発行、ブライアン・アームストロングがインサイダー取引の疑惑に回答 | 投資まとめ

SECがCoinbaseに対しウェルズ・ノーティスを発行、ブライアン・アームストロングがインサイダー取引の疑惑に回答

仮想通貨
スポンサーリンク

coinbase-sec
SECがCoinbaseに対してWells Noticeを発行

米国証券取引委員会(SEC)は、仮想通貨取引所のCoinbaseに対し、Wells Noticeを発行した。 WTS(Wells Notice)は、SECが市場に対して証券法違反について準備していることを示すもので、発行後45日以内に行う反論を待たずに訴訟を起こされる可能性がある。

SECがCoinbaseに対するWells Noticeを発行した理由は、Coinbaseが一部の従業員に対して仮想通貨を購入する機会を与えたことにある。これは不正な仮想通貨の取引と見なされる可能性があるため、SECが調査している領域である。Coinbaseは、従業員に購入機会を提供することで、会社の成長を促進し、業界内での経験を深めることを目的としていた。

しかし、この決定が従業員によって利用され、不正行為に発展することは意図されていなかった。 SECは、Coinbaseがこの買い物ツールを不適切な方法で使用した場合、証券法に違反する可能性があると考えている。

Brian Armstrongは違反を否定

CoinbaseのCEOであるBrian Armstrongは、直ちにSECに応答し、違反について否定する声明を出した。彼は、Coinbaseがこの購入ツールの機能に変更を加え、従業員が不正行為をしていないことを主張した。Armstrongはまた、調査が終了した後、SECと共同で解決策を見つける意向があると述べた。

Coinbaseの今後の動向については不透明なものとなっている。 SECの調査の結果によっては、証券法に違反していた場合、Coinbaseは罰金を支払う必要がある可能性がある。仮想通貨業界において、規制当局との対決は常態化しており、今回のCoinbaseに対する調査も業界全体に影響を及ぼす可能性がある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました