「ミームコインDigiToadsが5日間で20万ドルを調達。MakerやApeCoinよりも報酬が大きくなるか?」

仮想通貨
スポンサーリンク

暗号通貨の世界は、高いリターンの可能性があるため多くの人々に魅力的に映ります。適切な取得をすれば、ユーザーは短期間でかなりの収益を上げることができます。

投資家の注目を集めている多くのオプションの中で、DigiToads、Maker、そしてApeCoinの3つがあります。この記事では、それぞれを詳しく調査し、高いリターンの可能性について評価します。

DigiToads(TOADS)

DigiToadsは、2023年初頭にプレセールを開始した比較的新しいイニシアチブです。トードをテーマにしたエコシステムのプレイツーアーントークンであり、さまざまなインセンティブ構造を設計することでトークン保有者のパッシブインカムのポテンシャルを高めることを目的としています。チームは、Web3ゲームを作成し、プレイヤーがトードNFTをペットとして購入、収集、トレーニングし、バトルに参加し、独自の通貨TOADSを使用してリーダーボード上の上位ランクを競うことができます。

DigiToadsには、上位25%のプレイヤーがゲーム内での仮想商品の販売によって蓄積される賞金ファンドの50%を受け取る独自の報酬システムがあります。 DigiToadsは、チェーン上で独占的な月次トレーディングコンテストを設定し、プラチナトードを月次賞として授与しています。プラチナトードの所有者は、リモートで取引可能なTOADの1/12にアクセスできます。取引が成功した場合、プラチナトードの所有者は収益の10%を受け取ります。

DigiToadsの最初のプレセールフェーズは現在進行中で、9つのステージがあります。プレセールでは、価格が5.5倍(450%)成長するため、最初のバッカーが最も大きな利益を得ることができます。

Maker(MKR)

Makerは、自分自身のDAIステーブルコインを発行および制御できるDeFiプラットフォームであり、スマートコントラクトを通じて米ドルに連動しています。プラットフォームは、他のデジタル通貨に影響を受ける市場の変動から免れた暗号通貨を提供することを目的としています。

Makerの主要なセールスポイントは、ETHなどの担保によって常に価値が保証されていることです。DAIネットワークに担保を預けたユーザーは、その担保によって保証された利子支払いやDAIローンの対象となります。 Makerの時価総額は約7億ドルで、非常に成功したベンチャーです。

ApeCoin(APE)

Bored Ape Yacht Club(BAYC)エコシステム内で使用するために作成されたApeCoinは、Ethereumブロックチェーン上に構築されたERC-20トークンです。 NFTの収集家やBored Ape NFTの所有者たちは、コミュニティ主導のプロジェクトでの潜在的な使用と、分散化された運営のためのプロトコル層が提供するプロトコルレイヤーのために高い価値を置いています。

ApeCoinは、APEエコシステムを活用してデジタルゲーミング、エンターテインメント、アートの発展を目指しています。このイニシアチブは、ApeCoinトークンを所有するユーザーが将来プロジェクトがどのように進化するかについて発言権を持つDAOとして機能しています。

DigiToadsの現在のユーティリティがDigiToadsのものほど大きくないかもしれませんが、BAYCからのサポートは投資家にとって、速やかに価値が上昇することを望む可能性を提供しています。

最終的なメモ

暗号通貨プロジェクトへの投資の主な動機は、高いリターンの可能性です。毎年何千もの新しい暗号通貨イニシアチブが現れますが、ユニークな機能と強力な報酬システムを持つものに投資することが重要です。エンターテインメント的なトードをテーマにしたエコシステム、プレイツーアーントークンモデル、デフレーションメカニズム、そして優れた報酬プログラムを持つDigiToadsは、明らかに多くのその他のプレセールトークン、アルトコイン、さらにはMakerやApeCoinなどの確立済みのプロジェクトを上回る成功に向かって歩んでいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました