【ビットコイン】マイナー(ビッグブロック派)の主張とビットコインキャッシュの将来性

ビットコインのコミュニティー対立

この記事に辿りついた方は恐らくご存じでしょうが、現在ビットコインコミュニティーはトランザクション問題解決の方針を巡ってコア派VSマイナー派で内部対立起こしています。

【仮想通貨】ビットコインの2つの大きな問題点

この対立の結果2017年にビットコインはビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)に分裂しました。

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の将来性・チャート・購入できる取引所

この騒動の発端はビットコインのトランザクション問題の解決策としてSegwitという技術を導入するかSegwitを導入せずにブロックサイズを1MBから引き揚げるかどうかが事の発端でした。

この対立の結果2017年8月のHF(ハードフォーク)で、

・コア派の推すSegwitをSFで導入した今のビットコイン(BTC/b1x)

・マイナー派(ビッグブロック派)の推すSegwitを導入せずにブロックサイズを8MBに引き上げたビットコインキャッシュ(BCH)

の2種類のコインが生まれました。

マイナーは悪なのか?

17年8月にUASF運動やNO2xなどからビットコイン購入者の多くは、ジハン氏を始めとするマイナーがビットコインの発展を阻害していると考えています。

実際マイナーの代表格であるBitmain社のジハンウー氏などのツイッターは常に罵詈雑言であふれており、違反報告が繰り返し行われる誹謗中傷を受けています。

ブロックストリーム社の世論操作

*/r/btc
レディットの/r/bitcoinはモデレーターの検閲によりビッグブロックに賛成する書き込みやビットコインコアを批判する書き込みは即時消去されるためそれに怒ったユーザーが立ち上げたのが/r/btc。

*釣り
インターネットの毒、人を不快にするコメントを書き込んだり、嘘を書き込んだりするいわゆる「荒らし」。

*ジーハン
世界最大規模のマイニングプール Ant Poolとビットコイン採掘マシンASIC販売シェアNo1を持つビットメインの社長。

*ロジャー
日本在住のビットコインエバンジェリスト。ビットコインキャッシュの強力なサポーター。リバタリアンで元アメリカ人。アメリカ政府が戦争を止めないので抗議の意味で国籍離脱。現在セントクリストファー・ネイビス国籍。

*クレイグライト
サトシを一度自称しその証拠を出すと公言したが、やっぱり証明するのをやめてコア派に猛烈に嫌われてる科学者。ビットコインにめちゃめちゃ詳しく論理展開も非常に納得できるものが多い。実際サトシかどうかは謎。

*SegWit2x
ビットコインを2MBにアップデートすると同時にビットコインコアを排除するコアにとっての時限爆弾。ブロック番号494784でフォークする。

*ブロックストリーム
ビットコインコアの多くの開発者を雇いビットコイン開発を独占するアダムバックの会社。

*Bitfinex
ビットコインコアにべったりの取引所。MTGOXに次ぐ規模のハッキング被害も出している。

*Bcash
ビットコインキャッシュの名前が気に入らないコアがビットコインキャッシュを貶めるために考案した蔑称。

*1MBチェーンは不具合がある。
ただのスパムフィルターである1MBキャップを外さないためネットワークに障害が起きている。

*SegWit
ブロックに入る取引を圧縮するために実装されたビットコイン原論文で定義されているビットコインのトランザクション原理に反するコード。

*マイナーは重要じゃない
UASFからの合言葉、マイナーを悪者にしてコード改変を正当化するためのプロパガンダ。

*ナカモト論文
ナカモトサトシによるビットコインの提案。世界一有名な暗号通貨の論文。

*帽子
UASFやNO2Xなどのプロパガンダのキャンペーン用に各種の帽子が製造、販売された。

*300KBが最適
ビットコインコアの開発者ルークJrはブロックサイズは300KBにするべきとの提案をして失笑を浴びた。

*ASICブースト&アントブリード
ビットメインをめぐる噂話を利用したコアの反マイナープロパガンダキャンペーン

*UASF(ユーザーアクティベートソフトフォーク)
マイナーのハッシュパワーが投票数というビットコインの仕組みを無視し、ユーザーの意見が一番大事という謎の主張で無理やりSegwitを入れようとしたコア派によるプロパガンダキャンペーン。

*NO2X
NYAによる2MBアップデート(Segwit2x)に反対するキャンペーン

*コーヒーの支払い。
ビットコインコアはビットコインとは富の蓄積に利用される新しいタイプの資産クラスであり、コーヒーの支払いのような少額の支払い(マイクロペイメント)のために作られたシステムでは無いと主張している。

*ハッシュキャッシュ
アダムバックはビットコインに利用されているプルーフ・オブ・ワーク(POW)の原型となったハッシュキャッシュを考案した。

ハッシュキャッシュは元々Eメールのスパム防止の為に作られた。

*ハッシュキャッシュにインフレコントロール付けただけ
アダムバックはビットコインはハッシュキャッシュにインフレコントロールを付けただけだと主張している。

*サトシのeメール
サトシはビットコインをリリースする以前にアダムバックにメールし彼にビットコイン開発に加わるように頼んだが、彼はそのメールを無視した。

*Tone Vays
有名なコアサポーター

*flippening
(逆転現象)時価総額で他のコインがビットコインを追い抜くこと

*Dogecoin
Wow, Many Money Much Doge.
日本の柴犬Dogeが目印のコイン。日本のモナコインに相当。
Dogeの原型は日本の柴犬かぼすちゃん。なぜか世界中で一番有名なmemeとなる。

*AXA
世界で二番目に金持ちと言われているフランスの保険屋、AXAからブロックストリームは巨額の融資を受けている。

*ビルダーバーグ会議
世界中の大金持ちだけが集まって開催される秘密会議。内容は秘密。
ブロックストリームに出資したAXAグループのCEOがこの会議の議長。

*サムソンモウ
ブロックストリームの最高戦略責任者、プロパガンダ製造が仕事。

*サイモス
レディット/r/bitcoinのモデレーター(管理者)。
bitcointalk.orgも管理するビットコイン言論の検閲官

*HODL
HOLDのミスタイプ。ビットコイナーの間で有名なミーム。

参照:http://www.bitcoinkiss.com/2017/10/29/bitcoin-cash-flippling/

この動画の意味

1. クレイグ・ライトを嘘つき呼ばわりしてるのが今のビットコインの開発を独占してる人達

2. ビットコインのP2Pの原則を都合よく書き換えようとしてるのがビットコインの開発を独占してる人達

3. Redditで/bitcoinにBCHよりの発言を書くと削除するのがビットコインの開発を独占してる人達

4. ビットコインの手数料を上げて送金速度を制限してるのが今のビットコイン開発を独占してる人達

5. Segwitを無理矢理いれて大手企業と提携して商用ネットワークを構築し手数料をピンハネしようとしてるのがビットコインの開発を独占してる人達

6. 捨て垢大量量産してBCHをあげる発言を見つけ次第糞リプするのがビットコインの開発を独占してる人達(#bcashで検索)

上記のとんでもない人間の集まりがブロックストリーム社であり、日本の仮想通貨系の著名ついったらーはコア派寄りの発言しかしないせいで、日本人はみんなBTCコアが正しいと信じこまされていた。という主張です。

Segwitはスケーラビリティー問題解決に使えるのか?

↑の動画で言っているように、コア派(ブロックストリーム社)はSegwitを導入⇨LN(ライトニングネットワーク)を導入することにより、現在ビットコインが抱えているスケーラビリティ―問題(送金決済の遅延)は解決するとするつもりだとしています。

本当にそうなのでしょうか?

ビットコインの手数料の高騰

現在のビットコインのSegwitの標準送金手数料は0.0005btcです。

昔なら安かったのですが、現在の1BTC=約60万円のレートに換算すると0.0005btc=約300円になります。

しかもレガシーチェーンだとその送金手数料は1000円以上に跳ね上がります。

これって高すぎませんか?

Segwitコアの開発を独占するブロックストリーム社は本気で「貧乏人はビットコインを使うな」と言ってる。ビットコインは銀行に口座を持てない様な人にこそ使われて欲しいという願いが込められていた。だから僕はビジョンに賛同した。今はビットコインは間違った人間の手に渡り夢は破壊された。

ビットコインの発明者であるナカモトサトシ氏の目指していたビットコインはウェブ上でのマイクロペイメントを実現するための、高速処理かつ低コストでの送受金(価値のやりとり)を行うものです。

実際ビットコインができた当初のビットコインの送金手数料は1~3円程度でした。ですが今のビットコインの手数料は0.0005BTC(約400円)にも高騰しています。

これでは銀行送金の手数料と変わりませんし、マイクロペイメント(少額決済)なんて到底不可能です

Segwitは手数料ピンハネのシステム

ではなぜビットコインの手数料は高騰しているのでしょうか?

その原因はコア派(ブロックストリーム社)が取引手数料をピンハネしようとしているからです。このビットコインの送金手数料をピンハネするための下準備がSegwitなのです。

風刺すると↓のような感じです。

彼らはSegwit→ライトニングネットワークによってユーザーの支払う取引手数料を自分たちの懐に入れるために、あえてブロックサイズの引き上げをセキュリティー耐性に問題があるなどとし、一時的な対策であった現在の1MBキャップを外し、ブロックサイズの拡張を行おうとしません。

その結果ビットコインは取引詰まりを起こし、手数料は高騰を続けています。

マイナーはビットコインの取引検証作業を手伝う(マイニングする)ことでマイニング報酬としてビットコインを貰えます。

そして、開発陣(コア)はビットコインを保有し、それを開発によって、より良いものにしてその見返り(値上がり益)を得るシステムだったはずなのですが、現在のビットコインの開発陣であるコア派(ブロックストリーム社)はその開発の見返りとして、ビットコインの取引手数料を一部をサイドチェーンを実装することにより自分たちの懐に入れようとしているのです。

彼らは2014年のMt,goxの破綻でビットコインを失い、その穴埋めとしていまのほうこうにビットコインの捻じ曲げ始めたと言われています。(アダムハックがAXAに買収され意見が変わってきたのもこの辺りです。)

コアのスケーラビリティー問題の解決策として提案しているライトニングネットワーク(LN)は結局、現在のマイナーだけではなく、コア側にも取引手数料を支払うシステムなのです。

確かにオンチェーンだけで今後世界中のビットコインのやり取りが遅延を起こさずできるかはわかりません。

しかし、一時的な措置に過ぎなかった1MBキャップすら外さず、オンチェーンで処理しようとする努力すらせず、ビットコインの独立性を損ねるサイドチェーンによる解決策を提案しているのはどう考えても不自然です。

ビットコインの採掘(マイニング)とハッシュレートの分かりやすい説明

ちなみにライトニングネットワークは、個人間ではマイクロペイメントができるもののハブを立てる側は、コアに高額の取引手数料を支払う必要があるため、真の意味でのスケーラビリティー問題の解決とは言えません。

ビットコインキャッシュへの移動

そういった経緯もあり、ビットコインのマイナーはだんだんとビットコインキャッシュにを支持しマイニングも割合も徐々に増やしています。

ロジャー氏、ジハン氏はビットコインキャッシュ(BCH)こそが本物のビットコインだとして支持を表明しています。

↑はジハン氏がTwitterに投降したライオンキングのキャラクターにビットコインの現状を当てはめた画像です。ライオンキングのストーリーを知っている方は彼が何を言わんとしているか分かると思います。

この他にもイーサリアムの創設者であるヴィタリック氏もビットコインキャッシュは、ビットコインの後を受け継ぐコインとして充分であるというビットコインキャッシュを支持する発言し、ビットコインが当初計画案だったスケーラビリティ問題の対策に失敗した事や検閲などでモラルを失ったコア開発を批判しています。

他にもコアの元開発者であったギャビン氏などなど、ビットコインの創設期から関わっていた大物たちがビットコインキャッシュを支持しています。

なのになぜ今のビットコインが評価されているのかというと、それはコアのプロパガンダのためです。

プロパガンダなどと聞くと陰謀論地味てきますが、大手保険会社AXAと手を組みその陰謀論じみたことを実際にやっているのがコア派なのです。

ビットコインキャッシュ(BCH)が真のビットコインになる可能性

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク