マイナー(ビッグブロック派)のビットコイン崩壊シナリオの和訳

先日匿名マイナーの公開書簡がネット上にUPされ話題となっています。

まあ出所の分からない怪文書には違いないのですが、なぜビットコインコミュニティ-が内部対立しているのか、マイナーがビットコインキャッシュを支持している理由が細かく書かれており、最後にBTCチェーンを消滅させることを仄めかせており、一笑にふせる内容ではないので紹介しておきます。

ビットコイン匿名マイナーの公開書簡の和訳

Bitcoinが成功し、総市場支配力を得るためには、BitcoinはVizaやマスターカードと同じくらいの処理能力を持つ必要があります。

加盟店にとっては、MasterCard、Visa、PayPalをサポートしなければならず、新しいカードが登場するたびに追加の暗号化通貨支払い手段を追加する必要があります。

フロントエンドおよびバックエンドの支払い処理、請求書作成サポート、およびPOS販売業者のための潜在的な追加インフラストラクチャーを追加することにより、開発者の時間をかけたテストにより新しい通貨をサポートします。

誰もそのために時間やお金を持っていません。理想的なシナリオは、世界市場で受け入れられる単一のBitcoinによる支払いです。

誰もがそれをサポートしようとスクランブルしなければならない新しいフォークが毎月起こるのは好ましくありません。

このハードフォークには誰もが時間を無駄にし、市場の資本をいくつかの異なるビットコインに分割します。このシナリオで唯一の得をするのは、アルトコインです。

マイニングの観点からは、私たちマイナーはちょうど1つのコインを採掘し、そのコインの価値を時間の経過とともに確実に増やしたいと考えています。

私はマイニングの努力を1時間に1回の利益を上げるコインの間で分割し、レガシーとSegwitの2つの異なるウォレットを維持し、価格を把握し、他のコインを交換するなどしなければならないというわけではありません。

あまりにも手間がかかります。なぜ我々はそれを単純にホールドするだけではいけないのですか?

ビットコインが分裂するたびに私たちは競争相手を調査し、安全で長期的な収益性のためにマイニングの設備投資をするために、最善のBitcoinを決定する必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

・真のBitcoinの候補

レガシーBitcoin(BTC)

まず、レガシーBitcoin(今のビットコイン)について調べてみましょう。これは、市場の受け入れとユーザビリティの点で、仮想通貨の中でトップでしたが2015年にはビットコインはダメになりました。

というのもビットコインネットワークが混雑し、取引が数時間かかって一回の確認が行われ、料金が許容できないレベルに上昇しました。(現在は数百円~数千円に高騰しています)

多くの加盟店やサービスは、手数料の高騰により採算がとれなくなったため、Bitcoinのサポートを中止しなければなりませんでした。

今のBitcoinは、実際に適切に送金ができるアルトコインから多くの時価総額を奪っています。

このビットコインの価格上昇バブルは、Bitcoin Core GitHubコードリポジトリの現在の管理人(コア派/ブロックストリーム社)が、ビットコインのネットワークの遅延と手数料の高騰を緩和するために何も対策を行っていないのに関わらず、今日まで続いています。

ネットワークの遅延に無くす最も簡単な選択肢は、ブロックサイズの上限をスパム取引を防ぐための一時的な手段として追加した1MBキャップを取り外すことでした。(昔のビットコインのブロックサイズは1MBより大きかったにも拘わらずネットワークは正常に作動しており、ブロックサイズの引き上げがセキュリティーにおいて問題があるというのは誤りです。)

ですが、コアリポジトリを制御している開発者の大半が、今、それを望んでいないため実現していません。

なぜなら彼らはチェーン上の容量を抑え、ユーザとトランザクションに、Segwitと特許取得済みの、Lightning Networkと呼ばれるサイドチェーンを使用させるを推進したいからです。

このライトニングネットワークが完全に分散型決済システムのためのオリジナルのビットコインのビジョンを放棄することは言うまでもありません。

これにより、コア派(ブロックストリーム社)がビットコインネットワークの制御規制や検閲することができ、ビットコインは通常の銀行のようなものであるシステムに移行することになります。

これはブロックストリーム社によるBitcoinの敵対的な企業買収の試みであり、目標はビットコインを分散型通貨として殺し私物化することです。

BlockstreamとBitcoinのコア開発者は、BitcoinTalkフォーラムを管理しているTheymosという別名で知られているMichael Marquardtと提携し、ビットコインについての情報発信のメインサイトである r / bitcoinと他のいくつかのサイトを管理しています。

同時に彼らは、BlockStream、コアの開発者に対して話したり、BlockStreamが選択したスケーリングソリューション(ビッグブロックの引き上げなど)の代替案を議論することをブロックする大規模な検閲スキームを制定しました。

今日までの投稿全体は削除され続け、ユーザーはBANされ、コメントは削除されたり、場合によってはコメントの所有者には分からない他の人から見ることができなくなります。

これは、ブロックストリームのアジェンダとBitcoinを企業利益のために凌駕し、反対意見を抑え、完全なコミュニティコンセンサスのイメージを提示することです。

BlockStreamとCore開発者はBitcoinに大きな影響を与えました。特にSatoshiのオリジナルデザインとユーティリティを侵食しました。

一定の高い料金とネットワーク輻輳のために、彼らは、※Replace By Fee(RBF)と呼ばれる反機能を導入しました。

※簡単に言うと取引に後付けで手数料を上乗せすることで優先的に決済処理してもらえるシステムです

これの目的は、ユーザーが固執して未確認の取引に対してより高い料金を支払うことで取引を優先的に成立させることを可能にすることでした。

これはZero-Confと呼ばれる重要な機能を破り、ネットワーク上で最初に表示された取引であることを確認した上で、小売業者が確認なしで信頼性の高い取引を確実に受けられるようになりました。

ユーザーは、ネットワーク上のキーノードを監視し、二重の消費を信頼性高く正確に検出することができ、10秒以内に高い信頼度でトランザクションを受け取り、確認のために数時間または数時間待たなくても済みます。

Zero-Confは、あなたの朝のコーヒーを買うようなBrickとMortarの店舗で素晴らしい仕事をしました。

RBF機能を使用することで、ユーザーは商品を支払うことができ、店を出ることができ、今度は同じ取引を再送しますが、今回はより高い手数料でその金額を自分の財布に送って、広い昼間に商人を奪ってしまいます。

この機能は、Bitcoinが有用なPoint of Saleトランザクションメカニズムであることを奪ってしまいます。

BlockStream / Coreによって追加されたもう一つの反機能は、SegWit と呼ばれます。

これは、ビットコインネットワークのトランザクションの遅延に関する問題を解決しようとしますが、実際にはこれはビットコインのトランザクション問題を解決していません。

Segwitのコードは複雑であり、コードに多くの技術的負債を追加します。Segwit追加された唯一の本当の理由は、BlockStreamを助け、特許取得済みのLightning Networkの導入を実現させることでした。ネットワークの遅延解消が目的ではありません。

しかし、ライトニングネットワークはまだ18ヶ月異以上先のところです。これは、vapourwareの苦し紛れの発言であり実際にはもっとかかることでしょう。

SegWitはまた、本当のセキュリティ問題を引き起こしていますが、どれもナカモトサトシが考案した元のビットコインのデザインには存在しませんでした。これがマイナーやロジャーなどのビットコインの創設期にかかわっていた人々がSegwitをBitcoinのガンだと呼んでいる理由です。

要約すると、レガシーBitcoinはもはや通貨として有用ではなく、我々が知っているようにBitcoinを殺すためにブロックストリーム社に引き継がれている。

・Bitcoin Cash(BCH)

今度は、ビットコインの現金と呼ばれるより積極オプションについてお話しましょう。

Bitcoin Cashは、ブロック478,558で、2017年8月1日にBitcoinのハードフォークとして開始されました。

Bitcoinを保有していた人は、Bitcoin Cash を 1対1で受け取っていました

Bitcoin Cashはブロックサイズの上限を8 MBに増加させ、従来のBitcoinのトランザクションスループットの8倍を可能にしました。

これは、ブロックがもはや任意に制約されなくなるにつれて、より低い料金(例えば1バイト当たり1 Satoshi)で送金できるようになることを意味する。

ビットコインキャッシュのこれからのロードマップはチェーンの規模を拡大することであり、現在1GBのブロックに拡大して現在のVisaレベルと同様のトランザクション処理を可能にするテストが成功しています。

Bitcoin Cashはナカモトサトシの考案したビットコインにはなかったRBFとSegWitを削除し、BitcoinをSatoshiのホワイトペーパーの元のデザインに戻しました。これは実際にユーザー間のやマイクロペイメントに役立ちます。

Bitcoinが主にBlockStream社によって管理される1つの開発チームを持つところでは、Bitcoin Cashには5つの独立した開発チームがあり、最高の仮想通貨になるよう日々競い合って日々開発しています。

彼らの個人的利益のためにブロックストリーム社のような企業に会社に再び引き継がれることはありません。

分散型暗号侵害のためには、企業買収を防ぐために分散型開発も必要です。

Bitcoin Cashは毎日市場シェアを獲得していますが、現在では時価総額で3位または4位です。

取引所での採用も毎日増えており、Bitcoin Cash Initiativeの Webサイトで追跡されています。

ユーザーは、好きな取引所にツイートしてBitcoin Cashをまだサポートしていない場合にサポートするよう求めます。

Bitcoin Cashには、ネットワーク上のハッシュ・パワーが突然失われた場合の連鎖的な死を防ぐ緊急の難易度調整(EDA)という重要な機能もあります。(これは11月のHFによりDAAというマイニングプロトコルに変更されました。)

これは、短期的な収益性の違いにより、ハッシュパワーが従来のBitcoinとBitcoin Cashの間で繰り返し切り替えられた場合、ブロックの生成を複数回トリガーしチェーンが凍結されることを防ぎます。

レガシーBitcoinとそこから派生したビットコインの亜種は、この致命的な欠陥を持っています。

もし分岐したコインがあまりにも多くのハッシュ・パワーを失うと、mempoolのトランザクションが積み重なり、料金が高水準に上がり、最終的にはすべてが機能しなくなります。

取引は数日間確認されず、ユーザーは時間通りに支払いを受け取ることができず、最終的に長いペリオイドが続くと、鎖は永久に凍結されます。

実質的な連鎖死の場合、すべての投資家、マイナー、ユーザーは自分のお金を失うことになります。

Bitcoin Cashは、この致命的な欠陥がない唯一のコインであり、いつか私たちのお金を失うことを望まないなら、マイニングのための設備投資する価値のある唯一のものです。

・Bitcoin SegWit2X

Bitcoin SegWit2Xはまだ存在しませんが、Legacy Bitcoinチェーンのこのハードフォークは2017年11月中旬にブロック高さ494,784 で発生する予定です。

このハードフォークは、2Mバイトのブロックサイズ上限の代わりに癌性のSegWit機能を受け入れることに妥協したニューヨーク合意(NYA)のために発生する予定です。

誰も法的にNYAに従うことになっています。ですがマイナーが心を変えようとするなら、財政的罰金はありません。

この合意がまだ理にかなっているかどうかを検討することは理にかなっている。現在、84%以上のマイナーの支援を受けている交換品、財布、商人からの暫定的な “何が起こるのか見てみよう”という支援があります。

しかし、契約の署名には、BlockStream / Coreグループが特に欠けていました。さまざまなフォーラム、/ r / bitcoinサブディレクトリ、Twitter、bitcoin.orgサイトのコントロールを使って、彼らは深刻な “No 2X”プロパガンダキャンペーンを推進してきました。

これには、SegWit2Xをサポートするための様々な取引所、商人、ユーザーの誹謗中傷、攻撃、脅迫などの嫌な行動が含まれます。

彼らはBitcoinのこのフォークを始める前にこのフォークを殺したいと思っています。だから、みんなが危機に瀕している1 MBのチェーンにとどまっています。

最終的にLightning Networkが実現すれば、ブロックストリーム社(コア派)はBitcoinのマイナーからの収入を自分のポケットに吸い上げることになります。

SegWit2Xの問題は、Bitcoin Cashが存在するようになった今、SegWit2Xが必要なくなったことです。

SegWit2Xを使うと、非常に哀れな2 MBのブロックサイズへのアップグレードが可能になります。

それはまた反機能であるRBFとSegwitを保持しているため、セキュリティを低下させ取引所やユーザーにとって有毒です。

開発はコアの代わりにJeff Garzikが率いる別の単一の会社に移っただけです。これは集中開発のためのものではなく、有害なBlockStream / Core開発者をビットコインコミュニティーから追い出すためです。

コアの起動は良好な結果ですが、コアがブロックサイズをアップグレードしても、インストールベースと関連性を維持することは保証されません。

幸いにも、Bitcoinの管理下で悪事を働いているコアを撃って、同時に彼らに貴重な教訓を教える確実な方法があります。

この方法は、すべての時価総額を単一のBitcoinに統合し、開発を分散させながら広範なビットコイン業界のサポートを維持しながら、生態系、商人およびユーザーに対して適切に機能します。

時価総額を1つのBitcoinに戻すための取り組み

私たちにとって明らかに最も単純明快な計画は、Satoshiによって設計された唯一の真のBitcoinであるBitcoin Cashをマイニングすることです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. […] まさかあの怪文書が本当になるとは…。 […]