ビットコインキャッシュ急騰!その理由と今後の価格予想

以前からワンチャンあるんじゃね?的な紹介をしていたビットコインキャッシュ(BCH)ですがついに吹きました。

【ビットコイン】マイナー(ビッグブロック派)の主張とビットコインキャッシュの将来性

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の将来性・チャート・購入できる取引所

ビットコインキャッシュ(BCH)は、10月には3~5万円の価格推移をしていましたが11月に入ってから怒涛の急騰を見せ、現在は10~15万円の値幅となっています。

今回はこの急騰の理由と今後の価格予想について取り上げていきたいと思います。

ビットコインキャッシュはなぜ急騰したのか?

今回ビットコインキャッシュが急騰した理由は、Segwit2xに伴う元祖ビットコインに対する不安とマイナーの流した怪文書のためだと思われます。

匿名マイナーからBitcoin/BitcoinCashマイナーへの公開書簡 の要約

・次々とフォークが行われるのはおかしい。市場が混乱していており、マイナーも困っている。

・本来、ブロックサイズを拡大するのが筋(サトシの意見)なのに、保険会社AXAがコントロールするコアグループが特許取得済みのライトニングネットワーク(LN)に改造してしまった。このせいで、本来の分散型ネットワークではなくなっている。

・彼らが牛耳るフォーラムでは、我々の意見は削除される。彼らにビットコインが乗っ取られたようなものだ。

・彼らのLN使用料はとても高い。

・BlockStream社がいうSegwitは、非常に込み入っていて、コードがお荷物だ。いつできるのかさっぱりわからない。(Vapourware)結局、LNの特許に関係してしまう。ビットコインの癌とさえいう人もいる。

・一方、BCHはメモリーを8倍に拡大しており、本来こちらが理想的だ。SegWit2xが計画されているが、BCHがあるんだからいらないはず。

マイナー(ビッグブロック派)のビットコイン崩壊シナリオの和訳

実際はビットコインキャッシュのHFが終わりビットコインキャッシュのブロック生成は安定しましたが、ビットコインの価格は大きく急落することもなく、ビットコインキャッシュの価格も3万円→15万円付近まで上昇しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビットコインキャッシュのHFを実施

17年11月にビットコインキャッシュはマイニングプロトコルを変更するHF(ハードフォーク)を行いました。

※ちなみにHF(ハードフォーク)はコミュニティーの意見が分裂していない場合は、前のバージョンと互換性がなくなるだけのアプデなので新しくコインができるといったことはありません。

このHFによってビットコインキャッシュはEDAというマイニングプロトコルからDAAというマニングプロトコルに変更しました。

これによりEDAのためにブロック生成間隔が不安定だったのが解消され、ビットコインキャッシュは実用性が高くなりました。

ちなみにEDAはビットコインからHFする時についたビットコインキャッシュ独自のマイニング難易度調整機能でHF直後はハッシュレートが不安定であったため消滅する可能性があり、チェーンを生き残らせるための応急措置でしたが、これにより分岐直後のマイナー不在を乗り越えましたが、その副作用として、ブロック感覚がめちゃくちゃになりマイニングペースがめちゃくちゃになっていました。

ビットコインキャッシュが4時間マイニング進まなかったり、毎分マイニングされたりめちゃくちゃなのはEDAが原因であり、これを改善するためのHFを行ったというわけです。

ビットコインキャッシュはなおも高値を維持

ビットコインキャッシュは30万まで急騰したのち大きく下落しましたがそれでも10万円台と急騰前の3~5万円だいのレンジは抜けました。

これはビットコインキャッシュは単なるビットコインの当て馬ではなく、キャッシュにビットコインに取って代わる可能性が評価されてのことだと思います。

本来のビットコインにもっとも近いのはビットコインキャッシュ

こちらは2013年のビットコインのプレゼンの企画書です。HSBC(イギリスや香港に拠点を置く国際銀行)の高額な国際送金と比較し、No fee(手数料ゼロ)Trance money Instantly(素早い価値のやり取り)をビットコインの特徴として紹介しています。

ですが、今やビットコインの手数料は高騰し、トランザクションは常時数万件詰まっている状態であり、めざしているものはデジタルゴールドと2013年に目指していたものとは全く違っています。

そのためビットコインをいち早く支持してしていたロジャー氏やジハン氏、イーサリアムの開発者であるヴィタリク氏は、ブロックサイズを引き上げオンチェーンで低コストかつ素早い価値のやり取りを目指しているビットコインキャッシュ(BCH)を本来のビットコインの意思を継ぐものであると支持しているのです。

ロジャー氏、ビットコインキャッシュ(BCH)への支援を公式発表!!

実際、ビットコインキャッシュ(BCH)はマイナー代表ともいえるジハン氏やViabtcw運営しているロジャー氏をはじめとした多くのビットコイン関係者や著名人に支持され始めています。

日本だとSBI証券の北尾社長も株主総会にてビットコインキャッシュのマイニングを開始しており、ビットコインキャッシュはいずれ勝利すると発言しています。

ビットコインの発明者ナカモトサトシと目されるクレイグ=ライト氏とは何者なのか!?

こちらは元ビットコイン開発者のギャビン氏、彼はビットコインキャッシュこそが2010年に私が取り組み始めたものだと発言しています。

他にもイーサリアム 創設者 #ヴィタリック 氏、#ビットコインキャッシュ は #ビットコイン の後を受け継ぐコインとして充分であると発言。ビットコインが当初計画案だったスケーラビリティ問題の対策に失敗した事や検閲などでモラルを失ったコア開発を批判しています。

ビットコインキャッシュの将来性と価格予想

ビットコインキャッシュ(BCH)は今急騰した分の調整を行っていますが、時間が経って落ち着けばまたじりじりと価格が上がることと個人的には思っています。

HF後の発掘難易度調整のアルゴリズムのアプデはBCHの今までの弱点を治すですし、実際にハッシュパワー安定が認められれば、多くの有名人の支持とともに徐々その良さが世に広まっていくと思います。

今のビットコインはCMEによる先物取引開始などで価格は上向きにありますが、送金手数料は高騰しトランザクションは詰まっており、人々が仮想通貨バブルの幻想から覚めいずれ実需に目が始めた場合今のビットコインにその価格を付けるだけの価値はないと私は考えています。(短期での資産運用効率に関してはビットコインを持っておく方が上かもしれません)

ビットコインキャッシュは2017年8月に誕生したばかりのコインで、11月までは何とかチェーンを維持しているだけの存在でしたが、今回のHFによりブロックの生成間隔も安定し8MBのブロックサイズにより昔のビットコインのように数円でコインをやり取りすることができる実用性のある仮想通貨になったと思いますし2018年にかけてより評価が高まっていくと思われます。(実際、GoogleのWebbotは2018年春にかけてビットコインキャッシュはさらに高騰すると予想しています。)

その兆候として、ビットコインコミュニティーが続々とビットコインキャッシュ(BCH)を受け入れる動きを見せ始めています。

米国大手決済会社「bitpay」がBCH決済を対応し、世界最大のビットコイン取引所である「coinbase」BCHの取引を始めました。

保管もウォレット大手のBlockChain.comも公式ブログでビットコインキャッシュをウォレットに対応させると表明し、ビットコインキャッシュの方が需要がありそうだと付け加えています。

さらにビットコインのデビットカードの大手であるWirexもビットコインキャッシュをサポートすると表明してます。

2018年5月ビットコインキャッシュ(BCC/BCH)が大規模なカンファレンスを開催!

コア派の売り浴びせやジハン氏のマイニングプールであるAntpoolのDDoS攻撃などもあり、短期的なビットコインキャッシュの価格はどう動くかは何とも言えませんが、長期で見るとビットコインキャッシュ(BCH)は2018年にかけて大きく動きそうな仮想通貨なので、がっちりホールドしておいた方がいいんじゃないかと思います。

2018年はビットコインキャッシュが取引所やユーザーにスケーラビリティーのある安全な支払い決済システムとして受け入れられ伸び、今まで文書のタイムスタンプやスマートコントラクトなどのすべての「スパム」とされていたもののが復帰し、Bitcoinの古い約束(ナカモトサトシの作ったロードマップ?)が戻ってくる年になるでしょう。

こちらはツイッター上でビットコインキャッシュを投げ銭できるBotの開発者のキャスに移っていた謎文書です。Slash joinは業界2位のマイニングプールであるSlashがビットコインキャッシュのマイニングを始めることで、ドラゴンスレイヤーオペレーションとは、恐らくコア派/ブロックストリーム社のプロパンガンダを行っているDragons‘denというチームを潰すということだと思われますが、何を仕掛けるのか気になるところです。そして、Coinbaseもビットコインキャッシュを採用するのはもちろんのことBTC=BCHが何を意味するのか非常に気になるところです。

最後に余談ではありますが、日本の仮想通貨取引所でどこが一番安くビットコインキャッシュが買えるのか?的な話がよく話題に上がりますが、国内の仮想通貨取引所でビットコインキャッシュが一番楽に安く買えるのテックビューロの運営するZaifの指値注文だと思います。(コインチェックは販売所でスプレット結構取られますし、ビットフライヤーはライトニングでカチャカチャやってるうちに減っちゃうので注意してください)

今のところの日本の仮想通貨取引所は取引所ごとに一長一短がある感じですね。

追記:

ビットコインの歴史についてはデジタル・ゴールド──ビットコイン、その知られざる物語という本が詳しく解説しています。

こちらの本でビットコインの仕組みと作られた経緯、そしてその歴史を鑑みればビットコインキャッシュが支持されている理由がより理解できると思います。

真剣にビットコインについて真剣に理解したい方にはオススメの一冊です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク