【徹底検証】仮想通貨とトークンの違いは何なのか?

今日は仮想通貨について少し勉強していくと、出てくるワードである『トークン』について取り上げたいと思います。

トークンとは何か?

まずは「トークン」についてです。

トークンとは、証拠、記念品、代用貨幣、引換券、商品券などの意味を持つ英単語。 プログラミングでは、ソースコードを解析する際にそれ以上細かい単位に分解できない文字列の並びの最小単位(要素名や演算子など)のことをトークンという。トークンとは|token – 意味/定義/解説/説明 : IT用語辞典

仮想通貨における『トークン』とは、何かという定義について実はきちんとしたものはありません。しいて言うなら「代替貨幣」です。

仮想通貨は全部大体貨幣のようなもので、これは仮想通貨!これはトークン!という風に厳密に分けることはできません

じゃあ、なぜ『ビットコイン』や『イーサリアム』と呼ばれる仮想通貨があったり、『Zaifトークン』と呼ばれる仮想通貨があるのかというと、それは技術的な問題です。

そもそも仮想通貨仮想通貨と言いますが、仮想通貨はあくまでブロックチェーン技術の副産物的なものなのです。

というのも、『イーサリアムというブロックチェーン技術を使った仮想通貨がETH』であり、であり、『NEMというブロックチェーン技術を使った仮想通貨をXEM』と名付けているだけなのです。

ざっくりいうと、独自のブロックチェーン技術(分散台帳技術)で作った仮想通貨は、『イーサリアム』だの『リップル』だのと呼ばれ、Counter Partyのようなすでに公表されている既存のブロックチェーン技術をそのまま使って作った仮想通貨を『トークン』と呼ぶことが多いです。

まあ一応仮想通貨は全部トークンといえばトークンなのです。実際海外の記事やツイートでは、ethトークンやxrpトークンという表現が使われていることがあります。

ですが、今の仮想通貨界でのトークンといえば、独自技術ではなく既存のブロックチェーンシステムから作った仮想通貨という感じだと思います。

・トークン= 独自技術ではなく既存のブロックチェーンシステムから作った仮想通貨

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トークンの特徴

ビットコインは発行者がおらず、プログラムで発行枚数がすでに決まっており、人間があとから発行することができません。

またリップルやイーサリアムは発行者がいますが、総発行枚数は既に決まっています。これに対して、『トークン』と呼ばれる仮想通貨によくみられる特徴としては「発行者が存在していて、供給量を発行者が操作できる」という点です。

つまりトークンは株式のような性質を持っていると言えます。(※一部例外もあります。)ですが、もし企業の発行したトークンの過半数を取得したとしても、その企業の経営に口出しできるわけではありませんし、厳密には『トークン=株式』というわけではないです。

しかし、株式と同じようにそのトークンの発行元のビジネスが成功し、成長すればするほど、その発行したトークンの市場価値が高まったりする可能性は高くなります。

なので、発行元の将来性に期待して投資するという点では、トークンは株式に近いものだと言えます。

また一部トークンには、その保有量に応じてさらにトークンがもらえるといった配当機能を持つものもあり、株式に近いといっても過言ではないでしょう。(決して株式みたいなもの=安全という訳ではありません。)

このように株式のようにして資金集めに使う他にも、独自で発行したトークンを会員限定にして証明代わりに使ったりもできるようで、今のところ使い方は無限大だと言えます。

なので、これから注目の技術だと私は思っています。特にビットコインだけでなく、イーサリアムやWavesなども個人や企業やトークンを発行するプラットフォームとして普及することを目標としています。

【仮想通貨】イーサリアム(Ethereum)とは?将来性・チャート・購入方法のまとめ

【仮想通貨】Waves(ワベス)の購入方法とチャート・将来性についてのまとめ

トークンの購入方法

トークンが取引されている一番大きい取引所は恐らくZaifです。zaifでは、トークンを円またはBTCで売買することが可能です。とは言っても、今のところ取り扱っているのは8種類しかありません。

日本には、ほかにもcoincheckやビットフライヤーといった仮想通貨取引所がありますが、トークンを取り扱っているのは今のところZaifだけです。

Zaifがなぜここまでトークンについて先進的なのかというと、まずZaifを運営しているのは『テックビューロ』という企業です。

そして、このテックビューロの売りにしているのは、NEMのチームを引き抜いて作ったをNEMベースの独自のブロックチェーン技術です。

テックビューロは、この技術を生かして企業が簡単かつ低コストで自分の仮想通貨(トークン)を作成することのできる『mijin』という製品を作ろうとしています。

テックビューロってどんな企業?その将来性と株式について 

要するに、自分のところのブロックチェーン技術を生かしたトークンを作る機械(MIJIN)を売るから、取引所でもトークンを試験的においているわけです。

そして、この中で注目なのがXCPZaifというトークンです。

・Zaifトークン

Zaifトークンとは、名前から分かるようにZaifが発行していて、XEMのブロックチェーンを使って作られた仮想通貨(トークン)です。

使い道がないことやZaifが価格よりも流動性の方に力を入れているため、価格は今のところ1Zaif=0.2~0.3円になっています。ですが、Zaif公式サイトとかを見る限りいずれ使い道や価値が出てくるかもしれません・・・?

【仮想通貨】ZAIFトークンはかなりの将来性があるのでは?という密かな期待

 ・XCPトークン

Counter Party社が発行しているビットコインのブロックチェーンを使って作られた仮想通貨(トークン)です。

【仮想通貨】XCPとは何なのか?その購入方法と今後の将来性

用途は、まあ簡単にいうとトークンを作るためのトークンで、個人で作った仮想通貨をこのXCPトークンと取引することで、市場に流せるらしいです。

XCPを使って自分だけの仮想通貨(トークン)を作る方法

そしてXCPは、総発行量は2648755XCPでこれ以上増えることはなく、この264万8755XCPが時間が経つごとにどんどん減っていくデフレ通貨(価値が上昇する)です。

なので、今のうちに買っておけば将来上がるかもしれませんね。今のところ1xcp=1600円くらいで取引されています。

個人でのトークンを作る

トークンは実は個人でも作ることが可能です。要するに『VALU』のようなことができます。

VALUは、FacebookやTwitter、Instagramのフォロワー数・友達数に応じて自身の「時価総額」を算出し、模擬株式「MY VALU」(単位はVA)を発行、審査に通れば売り出せるサービス。

発行されたVALUはビットコインで購入でき、各個人のVALUの価値は、取引によって株式市場のように上下する。VALU発行者は購入者へのお礼として、限定イベントに招待したり、メールマガジンなどの「優待」を届けることが可能だ。

運営元のベンチャー企業・VALUは同サービスについて「金銭的な理由で諦めざるを得なかった夢や目標を、ファンから支援してもらい実現できる」「支援者は原石に投資でき、成長すれば応分の見返りを得られる」などと説明。夢を持つ人が利用できる、資金調達の手段だとアピールしている。

参照:バブル? ビットコインで“自分の価値”売り出す「VALU」人気 投機的な動きも……運営元が対策 – ITmedia NEWS

この『VALU』というやつは、有名はてなブロガーであるイケダハヤト氏やライブドアでおなじみの堀江貴文ことホリエモンが、よく煽ってる仮想通貨発行サービスです。

ですが、配当機能が実装出来ていない上、中央集権的でGox(入金したビットコインが取り出せなくなる)するリスクがありますので注意してください。

Donate with IndieSquare

ちなみにこれが私の作った仮想通貨SBCOIN(SBC)です。配当やこれを使ったAPIを予定しており1SBC=約3円で寄付できるので、よろしければお願いいたします。

トークンの今後

トークンは今後、株式やポイントカードシステムにとって代わりうる可能性のあるシステムです。

現にSBI証券や三菱住友銀行は自社の仮想通貨(トークン)であるSコインやMUFGコインを既に作成しており、実証実験をおこなっていますしこういったものが私たちの日常生活に普及するのもそう遠くないでしょう。

なんといっても、個人で作れちゃったりと手間とコストが全くかからないのにも関わらず、ブロックチェーン技術によりハッキングなどのサイバー攻撃耐性もあったりと、とても革新的なシステムです。

そして、テックビューロが販売予定のトークン作成システムである『mijin』によって独自のトークンを作る企業は、量子コンピューターでも出ない限り今後さらに増えていくと個人的には予想しています。

なので仮想通貨(トークン)はいずれ私たちの日常生活に欠かせないテクノロジーになるでしょう。

だからこそ仮想通貨が実用化されて、日常に普及する前に有望な仮想通貨に投資しておいたら儲かるのでは!?というのが、私が仮想通貨に金を突っ込む理由です。

またビットコインを始めとする仮想通貨市場はまだ昏迷期で、株式市場と違い全然成熟していないので、その伸びは非常に大きく倍数理論的にも効率よく資金を増やせそうというのも注目する理由です。

まとめ

Q:トークンってなに?

A:既存のブロックチェーンシステムを使って作った仮想通貨、既存の株式やコンビニのポイントなどよりも低コストかつ高セキュリティであるため近いうちにこれらがトークンに代わるかもしれない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク